【キーファーズ】武豊主義を貫く馬主の所有馬&2019年の2歳馬

2018年はジェニアルで、仏メシドール賞(G3)を勝利したキーファーズ。

データから武豊騎手との関係性を振り返りたいと思います。

 

ウマニキ

umaniki

今週の無料情報

日本ダービー(G1)

最近の的中実績

5/22(日) 火打山特別 355,400円 (3連単 500円×10点=5000円購入)

5/15(日) ヴィクトリアM(G1) 218,900円 (3連単 500円×10点=5000円購入)

騎乗成績

まずは、武豊騎手×キーファーズの騎乗成績を調べてみました。

 

全成績一覧

2019年4月までの武豊騎手×キーファーズの騎乗成績一覧になります。

 

着別度数勝率連対率複勝率平人気平単勝
19196-3-2-831.6%47.4%57.9%3.58.2
18487-4-6-3114.6%22.9%35.4%3.59.7
17385-6-3-2413.2%28.9%36.8%4.015.3
16252-7-2-148.0%36.0%44.0%3.47.8
15183-1-1-1316.7%22.2%27.8%4.714.3
1440-0-0-40.0%0.0%0.0%6.817.6

 

昨年は48回騎乗で過去最高を更新しました。

今年は同じくらいか、もしかしたら50回を超えるかもしれませんね。

 

このデータから、武豊騎手とキーファーズの結び付きが年々強くなっていることがわかります。

そのうち、国内のタイトルを取るような馬が出てくるといいですね~

 

詳細(2018~2019)

以下、2018年~2019年4月までの騎乗成績詳細となります。

 

2019年

 

2018年

 

データをあらためて見て、今年既に6勝をあげているのは、凄いと感じました。

各馬が現級で頭打ちにならなければ、10勝は超えそうな気がしています。

 

騎手起用

2019年4月までのキーファーズの騎手別/厩舎別の傾向をまとめました。

 

騎手別

騎手着別度数勝率連対率複勝率平人気
武豊15223-21-14-9415.1%28.9%38.2%3.8
武幸120-1-1-100.0%8.3%16.7%6.5
藤岡康51-1-0-320.0%40.0%40.0%5.0
浜中50-0-0-50.0%0.0%0.0%8.0
池添52-1-0-240.0%60.0%60.0%6.8
Mデム30-0-1-20.0%0.0%33.3%1.3
小崎綾30-0-0-30.0%0.0%0.0%12.0
丸山30-0-0-30.0%0.0%0.0%5.7
川田30-0-2-10.0%0.0%66.7%4.0
四位30-2-0-10.0%66.7%66.7%5.7
藤岡佑20-0-0-20.0%0.0%0.0%10.5
横山武10-0-0-10.0%0.0%0.0%3.0
10-0-0-10.0%0.0%0.0%9.0
鮫島駿10-0-0-10.0%0.0%0.0%7.0
加藤祥10-0-0-10.0%0.0%0.0%11.0
義英真10-0-0-10.0%0.0%0.0%16.0
北村友11-0-0-0100%100%100%1.0
和田10-0-0-10.0%0.0%0.0%10.0

 

厩舎別

騎手着別度数勝率連対率複勝率平人気
(栗)小崎624-15-7-366.5%30.6%41.9%4.4
(栗)松永幹6111-2-6-4218.0%21.3%31.1%5.0
(栗)池江303-3-2-2210.0%20.0%26.7%3.0
(栗)笹田203-3-2-1215.0%30.0%40.0%5.2
(栗)石橋110-0-0-110.0%0.0%0.0%8.7
(栗)武幸93-3-0-333.3%66.7%66.7%3.2
(栗)森51-0-1-320.0%20.0%40.0%3.6
(栗)角居31-0-0-233.3%33.3%33.3%4.3
(栗)清水久10-0-0-10.0%0.0%0.0%2.0
(栗)中竹11-0-0-0100%100%100%1.0

 

記事タイトルの「武豊主義を貫く馬主」がピッタリで、一目瞭然ではないでしょうか。

厩舎別では出走回数/勝利数を踏まえると、松永幹厩舎が最も懇意にしていると言えますね。

 

ただし、2018年は森、清水久、角居厩舎に競走馬を預託しました。

2019年は武幸、友道厩舎に預託するようで、厩舎傾向は徐々に変化を見せているようです。

 

所有馬一覧

2019年4月時点の所有馬(現役馬)を一覧にまとめました。

 

現役馬一覧

 

過去の高額馬はカザン、ジェニアル、ラルク、ヴィニーが1億円を超えていました。

ジェニアルは仏国で現役を続けていますが、どの馬も金額に見合うような活躍はできておりません。

 

まずは、短距離でもダートでも何でもいいので、重賞を勝つような馬が出てきて欲しい。

そして、ゆくゆくはクラシック、更には凱旋門賞へとオーナーの夢が実現するといいですね!

 

2019年の2歳馬

今年デビュー予定の2歳馬を紹介したいと思います。

 

マイラプソディ(牡)
友道厩舎(栗東)、ノーザンファーム

父:ハーツクライ
母:テディーズプロミス

6月阪神の芝1800mでデビュー見込みとのこと。

 

タイミングハート(牡)
武幸厩舎(栗東)、ノーザンファーム

父:ディープインパクト
母:リッスン

セレクトセール2018にて1億9000万円で落札。トニー倶楽部名義になります。

 

ラブアンバサダー(牝)
松永幹厩舎(栗東)、ノーザンファーム

父:ディープインパクト
母:オーサムフェザー

セレクトセール2018にて9600万円で落札。インゼル名義になります。

 

オーマイオーマイ(牡)
小崎厩舎(栗東)、社台ファーム

父:ゴールドアリュール
母:ファニーストーリー

セレクトセール2018にて4200万円で落札されました。

 

エターナルバディ(牡)
武幸厩舎(栗東)、ノーザンファーム

父:エピファネイア
母:マンドゥラ

セレクトセール2017にて3900万円で落札されました。

 

サンキタ!the compi

compi

2021年度の実績

的中率:55.6%、回収率:124.5%

3連複のメリット

狙いの馬が3着でも的中、上位人気中心の組合せでも高配当が狙える

少点数でも本命サイドから高配当まで広配当域に無理なく対応できる

-競馬情報
-