【函館記念2024予想】内枠の先行馬をとにかく狙えばOK!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/7/14(日)、函館記念(G3・芝2000m)が函館競馬場で開催。 データ分析結果から「内 ...

2

2024/7/21(日)、中京記念(G3・芝1800m)が小倉競馬場で開催。 データ分析結果から「2 ...

2024/7/14(日)、函館記念(G3・芝2000m)が函館競馬場で開催。

データ分析結果から「内枠の先行馬をとにかく狙えばOK!」。詳細は記事内でご確認ください。

 

出走馬・騎手

出馬表

馬名性齢騎手
1サヴォーナ牡4池添
2オニャンコポン牡5菱田
3エンパイアウエスト牝5横山武
4グランディアセ5三浦
5サンストックトン牡5藤岡佑
6リカンカブール牡5津村
7エミュー牝4鮫島駿
8プラチナトレジャー牡6永野猛
9アウスヴァールセ6古川吉
10トップナイフ牡4横山和
11アケルナルスター牡5黛弘人
12ホウオウビスケッツ牡4岩田康
13デビットバローズ牡5武豊
14ハヤヤッコ牡8浜中
15チャックネイトセ6佐々木
16マイネルクリソーラ牡5丹内

 

yokodabi

今週の無料情報

7/14(日) 函館記念(G3)

的中実績

7/7(日) 七夕賞(G3) 206,910円
(3連単 12点×900円=計10800円)

過去データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-0-3-155.3%5.3%21.1%
2枠2-3-0-1510.0%25.0%25.0%
3枠2-3-0-1510.0%25.0%25.0%
4枠2-2-2-1410.0%20.0%30.0%
5枠1-1-2-165.0%10.0%20.0%
6枠1-0-0-195.0%5.0%5.0%
7枠1-1-0-185.0%10.0%10.0%
8枠0-0-3-170.0%0.0%15.0%

複勝率では内枠(1-4)25.3%、外枠(5-8)12.5%と内枠が圧倒的に有利。枠単体で見ても、1~4枠>5枠>6~8枠と複勝率が外枠にいくにつれて下がっていってますね~。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ2-0-1-818.2%18.2%27.3%
先行5-4-5-1915.2%27.3%42.4%
差し2-4-2-543.2%9.7%12.9%
追込0-1-2-470.0%2.0%6.0%
捲り1-1-0-133.3%66.7%66.7%

タイトルにも記載したとおり「内枠の先行馬をとにかく狙えばOK!」。直線の短い小回りコースでは前目に付ける馬を狙うのが定石だと言えるでしょう。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
12-1-0-720.0%30.0%30.0%
2~34-0-3-1320.0%20.0%35.0%
4~62-1-1-266.7%10.0%13.3%
7~91-3-4-223.3%13.3%26.7%
10~1-5-2-611.4%8.7%11.6%

複勝率は1~3番人気と7~9番人気にあまり差がないように、全体的に上位人気と下位人気の差が少ないように見えるので、穴党にはオススメのレースでしょう!

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
3歳0-0-1-20.0%0.0%33.3%
4歳2-2-2-178.7%17.4%26.1%
5歳3-0-5-357.0%7.0%18.6%
6歳4-4-2-388.3%16.7%20.8%
7上1-4-0-372.4%11.9%11.9%

3歳馬は参戦数が少ないので除外するとして、年齢データのTopは4歳馬と6歳馬。連対率/複勝率では5歳馬が4歳/6歳馬と比較すると少し落ちますね。

 

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
目黒記念2-2-0-718.2%36.4%36.4%
エプソムC2-1-0-818.2%27.3%27.3%
巴賞1-4-1-461.9%9.6%11.5%
天皇賞春1-1-1-414.3%28.6%42.9%
新潟大賞典1-1-1-107.7%15.4%23.1%
鳴尾記念1-0-1-117.7%7.7%15.4%
3勝クラス1-0-2-512.5%12.5%37.5%

データ数はそこまで多くはないですが、目黒記念エプソムCからの参戦馬がいれば、注目しておきたいです。

 

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着1-0-2-165.3%5.3%15.8%
2着1-1-1-89.1%18.2%27.3%
3着1-2-2-116.3%18.8%31.3%
4着1-0-0-910.0%10.0%10.0%
5着2-1-0-916.7%25.0%25.0%
6~9着3-3-2-337.3%14.6%19.5%
10着~1-3-3-432.0%8.0%14.0%

過去10年の馬券内30頭中15頭は前走6着以下となっており、前走着順は気にする必要はないでしょう。

 

前走場所着別度数勝率連対率複勝率
函館1-4-1-511.8%8.8%10.5%
新潟1-1-1-136.3%12.5%18.8%
東京5-3-2-2016.7%26.7%33.3%
中山0-1-0-70.0%12.5%12.5%
中京1-0-0-420.0%20.0%20.0%
京都0-1-3-80.0%8.3%33.3%
阪神2-0-3-188.7%8.7%21.7%

サンプル数が30頭と揃っていて、勝率16.7%・連対率26.7%・複勝率33.3%の東京組はCheckしておいた方が良いと思います。

 

間隔着別度数勝率連対率複勝率
2週1-4-1-471.9%9.4%11.3%
3~4週0-0-1-60.0%0.0%14.3%
5~9週6-3-3-3612.5%18.8%25.0%
10~25週3-3-5-366.4%12.8%23.4%

間隔2週(中1週)は巴賞からの参戦馬となります。大半の馬は5週以上なので、これといった傾向はなさそうですね。

 

コース傾向

函館競馬場で行われる重賞の中で最も歴史が古く、1965年に3歳以上のハンデキャップ重賞として創設。1995年から洋芝を使った新しい芝コースの運用が開始されました。

また、2006年から「サマー2000シリーズ」の第2戦として行われており、夏の函館を彩る名物レースとなっています。

 

函館・芝2000m

4コーナー奥のポケットからスタートして1周するコース形態。スタート地点から2コーナー付近までは基本的に下り勾配、その後4コーナーにかけては緩やかな上りが続きます。

前半の下り部分でペースが速くなると、パワーを要する洋芝のため、上がりがかかる展開になることが多いです。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
晴れ→曇り

馬場

使用コース
Bコース:正面直線に傷みあり

まずは天候面から。土曜は全レース良馬場での開催となりました。日曜は昼過ぎから曇り予報ではありますが、雨の心配はなさそうなので、引き続き良いコンディションをキープできそうです。

 

  • 01R:1(内)→3(外)→3(内)
  • 03R:8(外)→3(中)→4(外)
  • 05R:7(外)→3(中)→5(内)
  • 07R:1(内)→3(内)→7(内)
  • 10R:3(中)→1(内)→3(内)
  • 11R:4(中)→1(内)→2(内)
  • 12R:2(内)→1(内)→6(外)

※1着→2着→3着の4コーナー通過順。()は4角位置

 

次に馬場傾向について。函館1回開催の最終週ですので、差しも決まるようになってきた印象です。

内外の差に関しては、内側は荒れてきているものの、まだまだ内でも伸びますね。好位のINで立ち回れる馬を中心視したいと考えています。

 

展開予想

逃げ:⑫
先行:①③⑨⑬
差し:②④⑥⑧⑩⑮⑯
追込:⑤⑦⑪⑭

明確な逃げ馬は不在ですが、前走逃げて勝利した⑫ホウオウビスケッツが先手をとると思います。

ある程度前に付けたい馬はいますので、スローにはならず、平均的なペースで流れると見ています。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:③エンパイアウエスト
〇:④グランディア
▲:⑬デビットバローズ
△:②オニャンコポン

 

本命は③エンパイアウエスト。前目のINをキープできそうなので、今の馬場傾向に合うと思います。

3勝クラスを勝ったばかりで実績は他より落ちますが、勢いを重視して重賞でも勝ち負けできるでしょう。

 

対抗は④グランディア。データ分析で注目したい項目に挙げたエプソムCからの参戦馬です。

位置取りが後ろになる心配もありますが、中団あたりに付けて直線うまく捌いてくれることを期待します。

 

先行力のある⑬デビットバローズは本命候補でしたが、6枠より外は成績が落ちるので少し評価を下げました。

あとは、近2走は復調傾向で好枠Getした②オニャンコポンをおさえておきます。

 

reholab

今週の無料情報

7/14(日) 函館記念(G3)

的中実績

7/7(日) プロキオンS(G3) 126,800円
(3連単 10点×500円=計5000円)

-重賞レース