【七夕賞2024予想】直線の短い小回りコースはとにかく先行馬!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/7/14(日)、函館記念(G3・芝2000m)が函館競馬場で開催。 データ分析結果から「内 ...

2

2024/7/21(日)、中京記念(G3・芝1800m)が小倉競馬場で開催。 データ分析結果から「2 ...

2024/7/7(日)、七夕賞(G3・芝2000m)が福島競馬場で開催。

データ分析結果から「直線の短い小回りコースはとにかく先行馬!」。詳細は記事内でご確認ください。

 

出走馬・騎手

出馬表

馬名性齢騎手
1ノースザワールド牡6柴田善
2レッドランメルト牡5吉田豊
3ボーンディスウェイ牡5木幡巧
4レッドラディエンス牡5戸崎
5カレンルシェルブル牡6田辺
6アラタ牡7横山典
7ノッキングポイント牡4杉原誠
8ダンディズムセ8三浦
9バビット牡7内田博
10リフレーミング牡6丸田
11キングズパレス牡5松岡
12ダンテスヴュー牡5石橋脩
13グレンガリーセ9丸山
14フェーングロッテンセ5石川裕
15セイウンプラチナ牡5原優介

 

yokodabi

今週の無料情報

7/14(日) 函館記念(G3)

的中実績

7/7(日) 七夕賞(G3) 206,910円
(3連単 12点×900円=計10800円)

過去データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-1-1-155.6%11.1%16.7%
2枠2-3-0-1311.1%27.8%27.8%
3枠0-1-1-160.0%5.6%11.1%
4枠2-0-2-1411.1%11.1%22.2%
5枠0-1-1-180.0%5.0%10.0%
6枠3-1-4-1215.0%20.0%40.0%
7枠0-1-0-190.0%5.0%5.0%
8枠2-2-1-1510.0%20.0%25.0%

複勝率では内枠(1-4)19.4%、外枠(5-8)20.0%と外枠が好成績。枠単体で見ると、6枠が複勝率40.0%でかなり良いです。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ1-1-0-810.0%20.0%20.0%
先行7-3-4-2120.0%28.6%40.0%
差し2-6-6-473.3%13.1%23.0%
追込0-0-0-450.0%0.0%0.0%
捲り0-0-0-10.0%0.0%0.0%

タイトルにも記載したとおり「直線の短い小回りコースはとにかく先行馬!」過去10年で7勝をあげてますので、比較的前目に付けそうな馬を狙いたいです。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
11-1-1-710.0%20.0%30.0%
2~36-1-1-1230.0%35.0%40.0%
4~62-3-1-246.7%16.7%20.0%
7~90-4-2-240.0%13.3%20.0%
10~1-1-5-551.6%3.2%11.3%

1番人気は思ったほど良くなく、対照的に2~3人気は過去10年で6勝、勝率30.0%と好成績をおさめています。

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳3-1-1-1813.0%17.4%21.7%
5歳3-5-3-307.3%19.5%26.8%
6歳3-3-6-366.3%12.5%25.0%
7上1-1-0-382.5%5.0%5.0%

7歳以上は明らかにマイナス要素だと考えます。4~6歳馬で馬券は組み立てたいですね。

 

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
鳴尾記念2-1-1-1510.5%15.8%21.1%
エプソムC2-0-1-1710.0%10.0%15.0%
新潟大賞典1-2-0-107.7%23.1%23.1%
目黒記念0-1-0-150.0%6.3%6.3%
マーメイドS0-0-1-70.0%0.0%12.5%
OPクラス1-4-3-203.6%17.9%28.6%
3勝クラス0-0-2-90.0%0.0%18.2%

これといった強い傾向は見られないものの、重賞とOPレースからの参戦で成績にそこまで差がない点はおさえておいた方が良いかもですね。

 

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着0-1-3-110.0%6.7%26.7%
2着2-1-2-815.4%23.1%38.5%
3着0-1-1-80.0%10.0%20.0%
4着0-3-1-60.0%30.0%40.0%
5着2-0-0-433.3%33.3%33.3%
6~9着3-1-1-367.3%9.8%12.2%
10着~3-3-2-495.3%10.5%14.0%

前走5着以内(複勝率32.7%)と6着以下(複勝率12.4%)で少し差があります。5着以内はプラス要素として捉えるべきでしょう。

 

前走場所着別度数勝率連対率複勝率
福島0-2-3-60.0%18.2%45.5%
新潟1-3-0-126.3%25.0%25.0%
東京3-1-4-475.5%7.3%14.5%
中山2-0-0-1016.7%16.7%16.7%
中京0-0-1-40.0%0.0%20.0%
京都0-0-1-70.0%0.0%12.5%
阪神4-4-1-3010.3%20.5%23.1%

本レースは第2回開催の福島で行われます。データ数は少ないものの、第1回開催の福島からの参戦馬は注目しておきたい。

 

間隔着別度数勝率連対率複勝率
3週1-0-2-414.3%14.3%42.9%
4週2-0-2-247.1%7.1%14.3%
5~9週4-4-1-526.6%13.1%14.8%
10~25週2-6-4-324.5%18.2%27.3%

間隔3週はデータ数が少なく何とも言えないですが、複勝率で見ると間隔10週~が良いのかなと思います。

 

コース傾向

1965年に夏季開催の福島芝1800m・3歳以上ハンデキャップ重賞として創設されました。その後は条件の変更を挟み、1980年以降は芝2000mで行われています。

また、2006年から夏季競馬を盛り上げるため設立されたサマー2000シリーズの第1戦に指定されています。

 

福島・芝2000m

4コーナー奥のポケットからのスタート、起伏が多く下りと上りが連続する独特のコース形態です。

スタートから最初のコーナーまでが約500mと長いため、前半のペースが速くなりやすいです。また、直線に入るまでに細かい下りと上りがじわじわ効いてくるので、勝ち切るためにはスタミナも要求されます。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
曇り→晴れ

馬場

使用コース
Aコース:3~4コーナーにかけて内柵沿いに傷みあり

まずは、天候面について触れますと、土曜は曇りながらも全レース良馬場となりました。福島競馬場は土曜の深夜に少し雨が降るとの予報ですが、当日は回復するため、引き続き良での開催になるでしょう。

 

  • 01R:1番手(内)→2番手(内)→3番手(中)
  • 02R:3番手(中)→2番手(内)→6番手(外)
  • 04R:6番手(内)→3番手(内)→12番手(内)
  • 05R:2番手(内)→1番手(内)→3番手(中)
  • 06R:1番手(内)→3番手(内)→2番手(中)
  • 08R:1番手(内)→3番手(内)→8番手(外)
  • 09R:1番手(内)→3番手(中)→4番手(中)
  • 10R:1番手(内)→4番手(中)→5番手(内)

※1着→2着→3着の4コーナー通過順。()内は4角位置

 

次は馬場傾向について考察します。土曜は8レースが芝で行われました。

3~4コーナーにかけて内柵沿いに傷みあるとのことですが、内を通った馬が馬券内に多く来ているのは明らか。

また、連対した16頭中14頭が4コーナー3番手以内であることを考えると、前に付ける馬を中心視すべきですね~!

 

展開予想

逃げ:⑮
先行:③④⑨⑬
差し:①②⑦⑪⑫⑭
追込:⑤⑥⑧⑩

⑨バビットの出方次第にはなりそうですが、大外の⑮セイウンプラチナがおそらく逃げると思います。

⑨はスタート決めれば⑮は引かないと思うので、ペースが速くなる可能性も。逆に⑮が好スタートなら⑨は無理には行かなさそうなので、平均的なラップを刻むと予想します。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:③ボーンディスウェイ
〇:④レッドラディエンス

 

データ分析からのプラス要素は以下のとおり。

「先行馬」「2~3人気」「前走5着以内」「第1回開催の福島からの参戦馬」

 

また、馬場傾向を見ても、内を通れて先行できる馬が良いので、今回は推奨馬は2頭、馬連1点のみで勝負します!

 

reholab

今週の無料情報

7/14(日) 函館記念(G3)

的中実績

7/7(日) プロキオンS(G3) 126,800円
(3連単 10点×500円=計5000円)

-重賞レース