【中山競馬場】特徴・傾向|ゴール前の急坂は逆転劇を演出

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/5/19(日)、優駿牝馬(G1・芝2400m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から「連 ...

2

2024/5/26(日)、日本ダービー(G1・芝2400m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から ...

3

2024/5/26(日)、目黒記念(G2・芝2500m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から「複 ...

中山競馬場は千葉県船橋市にあり、東京/京都/阪神と並んで中央競馬の主要4場です。

開催される重賞レースと特徴・傾向について解説します。

 

重賞レース

中山競馬場で行われる重賞競走は25レースあります。※平地のみ

 

芝1200m

レース名性齢
スプリンターズSG13歳上
オーシャンSG34歳上

 

芝1600m

レース名性齢
NZTG23歳
フェアリーSG33歳(牝)
ダービー卿CTG34歳上
京成杯AHG33歳上
ターコイズSG33歳上(牝)

 

芝1800m

レース名性齢
中山記念G24歳上
スプリングSG23歳
中山牝馬SG34歳上(牝)
フラワーCG33歳(牝)

 

芝2000m

レース名性齢
皐月賞G13歳
ホープフルSG12歳
弥生賞G23歳
中山金杯G34歳上
京成杯G33歳
紫苑SG33歳(牝)

 

芝2200m

レース名性齢
AJCCG24歳上
セントライト記念G23歳
オールカマーG23歳上

 

芝2500m

レース名性齢
有馬記念G13歳上
日経賞G24歳上

 

芝3600m

レース名性齢
ステイヤーズSG23歳上

 

ダ1200m

レース名性齢
カペラSG33歳上

 

ダ1800m

レース名性齢
マーチSG34歳上

 

neos

今週の無料情報

5/19(日) オークス(G1)

的中実績

5/12(日) ヴィクトリアM(G1) 393,750円
(3連複 10点×900円=計9000円)

特徴・傾向

芝コース

内回りと外回りがあり、スタートから1コーナーにかけては2mほどの上り坂。2コーナーから向正面までは一気に4m下るコース形態。

一番短いAコースで内回り1667.1m、外回り1839.7m。コーナーの角度がきつい小回りで高低差は5.3mあり、JRAの競馬場で最大です。

 

直線は全コース310mと短く、ゴール前180mから70mの短区間で2.2mの高低差がある急坂。そのため、ゴール前の逆転劇も多くみられます。

トリッキーなコースで人気・実力がある馬でも、展開が向かないと勝ちきれない事も多く、中央競馬の全競馬場の各コースで見ても、内枠・外枠の優劣が大きいコースと言えます。

 

芝1600mはスタート地点から最初のコーナーまで240mで、他と比較すると短く、きつい小回りコーナーのため、外枠不利とされています。

全体的に見て、逃げ・先行馬が有利な傾向があり、5~9月まで開催がないため、秋の開幕直後はとても速いタイムが出やすいです。

 

フルゲート (内回り)

距離ABC
1800161514
2000181817
2500161412
3200161514
3600161616

 

フルゲート (外回り)

距離ABC
1200161616
1600161616
2200181817
2600161310
4000161616

 

Aコースから外側に移動柵を設置。Bコース:3メートル地点、Cコース:6メートル地点。

 

ダートコース

内回り芝コースの更に内側に作られていて、一周は1493m。芝コースと同様に小回りで、直線は308mと短いコースになっています。

高低差が4.5mあり、スタミナも問われるコース。砂は東京競馬場と比べても重たく、スタミナに加えてパワーが必要です。

 

一方、雨が降ると脚抜きの良い、固くて走りやすい馬場になります。そのため、スピード重視のレースになり、速いタイムも出やすいです。

スタート直後に外枠の方が芝を長く走れるため、ダート1200mは外枠有利です。

 

フルゲート

距離
100014
120016
170012
180016
240016
250016

 

距離別詳細

各コースの特徴による傾向を芝/ダートの距離別で記載します。

 

芝1200m

ポイント

  • スピードだけでなくパワーと持久力が求められる
  • 直線は310mと短いが、ゴール前の逆転劇がしばしば見られる

参考データ

  • 4角1番手:17-15-12-39/83
  • 4角2番手:24-15-12-66/117
  • 4角3番手:9-16-7-69/101
  • 1/3頭より後ろ:21-29-39-695/784
  • 2/3頭より後ろ:13-18-18-496/545

 

芝1600m

ポイント

  • 最初のコーナーまでが短く、迫力のある先行争いが見られる
  • 差し切るには一気に加速できる瞬発力が必要

参考データ

  • 4角1番手:20-14-8-56/98
  • 4角2番手:23-14-19-84/140
  • 4角3番手:18-16-14-67/115
  • 1/3頭より後ろ:28-37-45-781/891
  • 2/3頭より後ろ:16-15-19-577/627

 

芝1800m

ポイント

  • 好位置でレースを進めるためには、序盤の上りがポイント
  • 坂に負けないパワーのある馬が流れに乗りやすい

参考データ

  • 4角1番手:10-7-7-30/54
  • 4角2番手:12-12-6-46/76
  • 4角3番手:11-7-6-48/72
  • 1/3頭より後ろ:17-22-24-391/454
  • 2/3頭より後ろ:12-9-12-305/338

 

芝2000m

ポイント

  • 直線入口からスタートして内回りコースを1周する
  • 坂に負けないパワーと器用な脚が要求される

参考データ

  • 4角1番手:16-14-10-38/78
  • 4角2番手:19-15-7-76/117
  • 4角3番手:13-12-8-60/93
  • 1/3頭より後ろ:22-23-43-619/707
  • 2/3頭より後ろ:9-11-25-476/521

 

芝2200m

ポイント

  • 2000mとの違いは外回りコースでスタート地点は同じ
  • 末脚の持続力が必須で、距離以上のスタミナが問われる

参考データ

  • 4角1番手:12-5-6-25/48
  • 4角2番手:6-12-9-51/78
  • 4角3番手:8-7-9-26/50
  • 1/3頭より後ろ:15-15-16-365/411
  • 2/3頭より後ろ:7-7-7-279/300

 

芝2500m

ポイント

  • コーナーを何度も回る必要があり、外は距離をロスする
  • 外を回すか/内を突くか、馬の操縦性と騎手の戦術が求められる

参考データ

  • 4角1番手:4-5-2-15/26
  • 4角2番手:7-5-8-20/40
  • 4角3番手:4-3-3-17/27
  • 1/3頭より後ろ:10-10-12-169/201
  • 2/3頭より後ろ:5-3-5-125/138

 

ダ1200m

ポイント

  • 残り200m付近から急な上りがあり、前後半で緩急の落差が激しいコース形態
  • ゴール前の急坂で脚が鈍らない持続力が求められる

参考データ

  • 4角1番手:20-17-9-27/73
  • 4角2番手:22-17-12-55/106
  • 4角3番手:7-12-9-48/76
  • 1/3頭より後ろ:13-17-25-682/737
  • 2/3頭より後ろ:5-7-12-498/522

 

ダ1800m

ポイント

  • レース中盤でいかにスムーズに加速できるかが好走の鍵
  • 早めに動き出せる機動力とスタミナがある馬が有利

参考データ

  • 4角1番手:27-22-11-29/89
  • 4角2番手:23-19-13-76/131
  • 4角3番手:8-19-12-54/93
  • 1/3頭より後ろ:20-12-36-790/858
  • 2/3頭より後ろ:10-7-16-580/613

 

reholab

今週の無料情報

5/19(日) オークス(G1)

的中実績

5/12(日) ヴィクトリアM(G1) 2,749,920円
(3連単 18点×300円=計5400円)

-競馬場