【札幌競馬場】特徴・傾向|ほぼ平坦で円形に近いレイアウト

      2018/08/20

札幌競馬場は北海道札幌市中央区にあり、中央競馬のローカル6場の1つです。

日本で最北端に位置する競馬場であり、芝コースは冷涼な気候に適した「洋芝」が使用されています。

 

特徴(フルゲート頭数など)、開催される重賞レース、傾向について解説しましょう。

 

 

「コラボ@指数」上位馬で次々と完全的中!

3連単が 3回に1回的中する 競馬指数が
1日最大18レース無料!

今週は会員コンテンツ内の 北条のブログ
朝日杯FS(G1) を無料公開!

▼「コラボ@指数」はコチラから ▼

※登録はもちろん無料!是非お試し下さい!

 

特徴

芝コース

全長が約1650mあるにもかかわらず、直線は270m弱で函館競馬場に次ぐ直線の短さとなっています。

 

これは、4つのコーナーはそれぞれ半径が大きく、緩やかで大きなカーブになっております。

コースの全長の中でコーナー部分の占める割合が多いためです。

 

楕円形をしている一般的な競馬場より、札幌は「円形に近い」競馬場であると言えます。

なお、高低差は0.7mで「ほぼ平坦な」レイアウトとなっております。

 

出走可能頭数(フルゲート)

A~Cコース
1200m・2000mは16頭、1000m・1500m・1800m・2600mは14頭

 

ダートコース

芝コースの内側に設けられており、ほぼ同じようなレイアウトの平坦コースとなっています。

なお、砂質は非常に軽く、パワーよりもスピードが求められる馬場と言えます。

 

出走可能頭数(フルゲート)

1000m・2400mは12頭、1700mは13頭

 

レース

札幌競馬場で行われる重賞競走は5レースあります。(障害レースを除く)

 

G1レース

開催なし

 

G2レース

レース名 距離 出走条件
札幌記念 芝2000m 3歳以上

 

G3レース

レース名 距離 出走条件
クイーンS 芝1800m 3歳以上(牝)
キーンランドC 芝1200m 3歳以上
エルムS ダ1700m 3歳以上
札幌2歳S 芝1800m 2歳

 

傾向

芝コース

洋芝を採用しているため、野芝と比べると走るのにパワースタミナが必要とされます。

距離別に見ると、1000m・1200mの短距離戦は逃げ・先行有利と言えます。

 

ダートコース

1000mは圧倒的に逃げ・先行有利となっています。

なお、同じ北海道にある函館競馬場とは砂質が全く違うので、函館での戦歴があまりアテにならないことに注意が必要です。

 

 

【PR】本当に使える競馬予想サイト!

世の中には競馬情報が溢れかえっており、惑わされている方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供
・無料で安心して長く使える

実際に有益なサイトが実は存在するんです!

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】高配当21

【URL】http://ko-21.jp/

【おすすめポイント】
素人の目には映りにくい懸念をプロ目線で暴く!
競馬を投資と捉え、その名の通り徹底して高配当にこだわります。

 

【第2位】的中タイムズ

【URL】http://keiba.life/

【おすすめポイント】
3連複の勝負馬券を推奨コメント付きで公開!
更に今なら無料登録で、5000円分のポイントをプレゼント致します。

 

【第3位】みんなの万馬券

【URL】https://minnano-manbaken.com/

【おすすめポイント】
業界最高水準!規格外の的中率!
みんなの的中馬券!毎週5,000円分のポイントプレゼント!

 

 - 競馬その他