【函館競馬場】特徴・傾向|洋芝と最も直線が短いコース

投稿日:2019-05-30 更新日:



函館競馬場は北海道函館市駒場町にあり、中央競馬のローカル6場の1つです。

寒冷地対策として芝コースに洋芝が使用されており、野芝は使われていません。

 

また、JRA全10場の中で最も直線が短い競馬場として知られております。

特徴と傾向、及び、開催される重賞レースについて解説します。

 

おすすめ

全額あんしん保障のサイト。
担当の馬券師が厳選した情報を特別公開!

お知らせ

会員登録完了後、レース前日22時頃より
無料情報を情報公開ページにてご提供!

↓↓ ラジオNIKKEI賞(G3)無料公開! ↓↓

 


競馬場の特徴

芝コース

1周距離はAコース1626.6m、Bコース1651.8m、Cコース1676.9mの計3コース。

また、直線はJRA全10場の中で最も短く、A/Bコース262.1m、Cコース264.5m。

 

ポイント

Aコースから外側に移動柵を設置。

Bコース:4メートル地点
Cコース:7メートル地点

 

なお、高低差は3.5mあり、同じ洋芝を使用している札幌競馬場とは大きく異なります。

※札幌競馬場は高低差は0.7mでほぼ平坦なコース

 

スタートから2コーナーまでは下り、向正面・3コーナーへと上り勾配が続きます。

そそて、最後は直線に向けてなだらかに下ります。

 

出走可能頭数 (フルゲート)

距離 1000 1200 1700 1800 2000 2600
A 14 16 12 16 16 16
B 12 16 14 16 16
C 12 16 14 16 14

 

ダートコース

芝コースとほぼ同様のレイアウトになっております。

また、砂質は重たくタイムがかかるコースであり、パワーが重視されると言えます。

 

出走可能頭数 (フルゲート)

距離 1000 1700 2400
12 14 12

 

レースの傾向

入口から出口にかけて、半径が小さくなるスパイラルカーブが設置されています。

しかし、直線が短く小回りなコースであるため、全体的には逃げ・先行有利と言えます。

 

芝コース

1000mでは逃げ・先行有利とされています。

枠順については、1000m・1200mの短距離戦では混雑しやすい内枠よりも、外枠が有利です。

 

また、洋芝はパワーとスタミナが必要とされ、かつ、野芝より耐久性が低い点が特徴。

開催の後半を迎える頃には馬場の傷みが進行して、ボコボコしてきます。

 

酔って、かなり時計のかかるコンディションになってしまうことが多いです。

タフな馬場状態を苦にしないパワータイプの競走馬が有利であると言えます。

 

ダートコース

砂質が重たいため、他場と比較すると時計がかかる傾向にあります。

同じ砂質の傾向にある中山・阪神・新潟・小倉の好走歴に着目すると良いでしょう。

 

開催される重賞

函館競馬場で行われる重賞競走は、障害レースを除いて3レースあります。

※G1/G2レースの開催はなし

 

G3レース

レース名 距離 出走条件
函館スプリントS 芝1200m 3歳以上
函館記念 芝2000m 3歳以上
函館2歳S 芝1200m 2歳

 

おすすめ競馬予想サイト!

ランキング形式にてご紹介します。

しっかりと儲かる情報が提供され、無料で安心して使えるサイトです。

 

メールアドレス登録のみで見ることできますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか!

 

【第1位】うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

【第2位】switch

おすすめポイント

自信をもって情報を出しているから、
なんと100%保証対象!ビビりますよ!

【第3位】俺の競馬

おすすめポイント

初心者でも競馬の知識がなくてもOK!
帯封超えの的中を量産しているサイトです。

-競馬情報
-

Copyright© ケイバネル , 2019 All Rights Reserved.