【函館競馬場】特徴・傾向|洋芝と最も直線が短いコース

投稿日:2016-05-03 更新日:

函館競馬場は北海道函館市駒場町にあり、中央競馬のローカル6場の1つとされています。

札幌競馬場と同様に、寒冷地対策として芝コースに洋芝が使用されており、野芝は使われていません。

 

また、JRA全10場の中で最も「直線の長さが短い競馬場」として知られております。

特徴(フルゲート頭数など)、開催される重賞レース、傾向について解説したいと思います。

 

 

重賞はコラボ@指数におまかせ!

おすすめ

3連単が3回に1回的中する指数を
1日最大18レース無料で見ることが可能!

お知らせ

今週は会員コンテンツ内の北条のブログ
中山記念(G2)を無料公開!

↓↓ 登録は無料!是非お試し下さい ↓↓

 

特徴

芝コース

A~Cの3コースがあり、BコースはAコースから4m地点、CコースはAコースから7m地点に柵を設置されています。

 

1周距離はAコース1626.6m、Bコース1651.8m、Cコース1676.9mとなっております。

また、直線はAコース・Bコース262.1m、Cコース264.5mとなっており、JRA全10場の中で最も短い直線であります。

 

なお、高低差は3.5mあり、同じ洋芝を使用している札幌競馬場とは大きく異なります。

スタートから2コーナーまでは下り、向正面・3コーナーへと上り勾配が続き、最後は直線に向けてなだらかに下ります。

 

出走可能頭数(フルゲート)

Aコース
1700mは12頭、1000mは14頭、1200m・1800m・2000m・2600mは16頭

Bコース
1000mは12頭、1800mは14頭、1200m・2000m・2600mは16頭

Cコース
1000mは12頭、1800m・2600mは14頭、1200m・2000mは16頭

 

ダートコース

芝コースとほぼ同様のレイアウトになっております。

また、砂質は重たくタイムがかかるコースであり、パワーが重視されると言えます。

 

出走可能頭数(フルゲート)

1000m・2400mは12頭、1700mは13頭

 

レース

函館競馬場で行われる重賞競走は3レースあります。(障害レースを除く)

 

G1レース

開催なし

 

G2レース

開催なし

 

G3レース

レース名 距離 出走条件
函館スプリントS 芝1200m 3歳以上
函館記念 芝2000m 3歳以上
函館2歳S 芝1200m 2歳

 

傾向

スパイラルカーブが設置されていますが、直線が短く小回りなコースであるため、全体的には逃げ・先行有利と言えます。

また、外枠が強い傾向がある競馬場です。

 

芝コース

1000mでは逃げ・先行有利とされています。

枠順については、1000m・1200mの短距離戦では混雑しやすい内枠よりも、外枠が有利と言われています。

 

また、洋芝はパワーとスタミナが必要とされ、かつ、野芝より耐久性が低い点が特徴です。

開催の後半を迎える頃には馬場の傷みが進行して、かなり時計のかかるコンディションになってしまうことが多いです。

 

ゆえに、タフな馬場状態を苦にしない「パワータイプ」の競走馬が有利であると言えます。

 

ダートコース

砂質が重たいため、同じ砂質の傾向にある中山競馬場・阪神競馬場で好走歴のある競走馬に着目すると良いでしょう。

 

口コミで話題の競馬予想サイト

しっかりと儲かる情報が提供される。

無料で信頼して長く使える。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します。

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】高配当21

おすすめポイント

SI指数を元に無料情報で回収率130%!
その名の通り高配当に徹底的に拘ります。

【第2位】TOP SECRET

おすすめポイント

買いが入った時だけ提供!馬連1点勝負!
馬主情報の精度を体感してみませんか?

【第3位】CHECK MATE

おすすめポイント

勝負の関西馬情報は先着100名様限定!
毎週のように万馬券を仕留めています。

-その他

Copyright© ケイバネル , 2019 All Rights Reserved.