【キャロットファーム】武豊騎手に騎乗依頼がくる社台系クラブ

サンデーレーシングと肩を並べて、毎年リーディング争いをしているキャロットファーム

同じノーザンF生産馬を多く扱うクラブ法人ですが、武豊騎手への騎乗依頼はかなり異なっています。

 

本記事では、キャロットFの代表管理馬や騎手起用傾向を中心に、記事をまとめていきたいと思います。

 

イチオシ!競馬予想サイト

おすすめ

60Days全額保障の投資競馬専門サイト!
本物の価値ある情報をお客様にご提供。

お知らせ

なんと半額!秋競馬キャンペーン開催中。
9/20(金)20時までの限定告知。お早目に!

※ 今週の厳選無料情報はオールカマー(G2) ※

 

キャロットクラブの変遷

キャロットファームとの名称ですが、牧場ではなく、JRAに馬主登録をしているクラブ法人となります。

Web検索でHPを見ると、CARROT CLUB(キャロットクラブ)になっていました。

 

もともとは外国産馬の多いラインナップとなっていたようです。

しかし、2000年代にノーザンファームの馬を多く扱うクラブへ方針転換されました。

 

それを契機として、2005年にはシーザリオなどの活躍馬を輩出し、年間リーディング4位を獲得。

2010年以降は安定して年間Top3に入るクラブへと成長し、2014年・2016年と2度の年間リーディング1位を獲得しました。

 

キャロットFの代表管理馬

収得賞金の多い順にTop10を一覧にしました。

 

馬名 性齢 生年 賞金
エピファネイア 引退 2010 20950
ネオリアリズム 牡6 2011 17650
リアルインパクト 引退 2008 17145
クリソライト 牡7 2010 16435
マリアライト 引退 2011 15050
レイデオロ 牡3 2014 14250
ランフォルセ 引退 2006 13250
ブルーメンブラット 引退 2003 11300
トゥザグローリー 引退 2007 10550
ステファノス 牡6 2011 9820

 

この他にもG1を勝った競走馬には、ハットトリック、ハープスター、アヴェンチュラ、リオンディーズなどがいます。

毎年、3歳クラシックにも有力馬を送り込んでおり、2017年ついにレイデオロがダービーを制しました。

 

武豊騎手の騎乗成績

これまでの全騎乗の概要をまとめました。2017年は8月末までの成績です。

 

騎乗成績

着別度数 勝率 人気
17 13 1-3-1-8 7.7% 3.9人気
16 13 1-1-0-11 7.7% 3.2人気
15 29 7-4-2-16 24.1% 3.2人気
14 17 5-2-2-8 29.4% 3.4人気
13 11 3-2-2-4 27.3% 3.2人気
12 9 1-2-0-6 11.1% 5.0人気
11 8 2-1-2-3 25.0% 3.9人気
10 8 3-2-0-3 37.5% 1.4人気
09 24 6-2-6-10 25.0% 2.5人気
08 9 3-1-1-4 33.3% 3.1人気
07 13 1-2-2-8 7.7% 3.3人気
06 12 3-0-1-8 25.0% 3.2人気
05 13 6-2-1-4 46.2% 1.5人気
04 5 3-1-0-1 60.0% 1.2人気
03 4 2-0-1-1 50.0% 3.0人気
02 2 0-0-1-1 0.0% 4.5人気
01 1 0-0-0-1 0.0% 2.0人気
00 1 0-0-0-1 0.0% 3.0人気
99 3 1-0-0-2 33.3% 2.7人気
98 1 0-1-0-0 0.0% 1.0人気

 

2015年に過去最多騎乗となる29回を記録しましたが、2016年は騎乗数・成績ともにかなり落ち込んでしまいました。

 

しかし、2017年は昨年を超えるペースで騎乗依頼が来ており、20回前後になると予想されます。

勝ち星については、もう少し巻き返して欲しいなぁと期待しています。

 

キャロットFの騎手起用

2016年と2017年(8月末時点)の騎手起用傾向をまとめてみました。

 

2017年(8月末時点)

騎手 騎乗 勝利 勝率 平均
ルメール 52 11 21.2% 2.1人気
戸崎圭太 27 4 14.8% 3.5人気
荻野極 26 1 3.8% 7.0人気
内田博幸 26 2 7.7% 4.5人気
北村友一 23 3 13.0% 5.3人気
松山弘平 20 2 10.0% 6.1人気
川田将雅 19 2 10.5% 4.4人気
中谷雄太 19 2 10.5% 6.8人気
デムーロ 17 6 35.3% 2.1人気
武豊 13 1 7.7% 3.9人気

 

2016年

騎手 騎乗 勝利 勝率 平人気
ルメール 61 20 32.8% 2.7人気
戸崎圭太 53 10 18.9% 3.2人気
柴山雄一 45 4 8.9% 5.1人気
川田将雅 43 8 18.6% 2.9人気
福永祐一 36 9 25.0% 3.4人気
鮫島克駿 28 2 7.1% 6.8人気
北村友一 28 1 3.6% 5.8人気
松山弘平 27 3 11.1% 6.5人気
中谷雄太 26 2 7.7% 6.2人気
デムーロ 18 4 22.2% 2.8人気
武豊 13 1 7.7% 3.2人気

 

騎乗数で見ると、ルメール騎手、戸崎騎手の順で騎乗馬が集まっています。

一方、単勝の平均人気から読み取れる騎乗馬の質については、ルメール騎手・デムーロ騎手の両外国人でしょうか。

 

武豊騎手は上位陣には見劣りしますが、サンデーRのときと比較すると、断然騎乗できていると思います。

社台系でも騎乗依頼が来るクラブとして、キャロットFは今後も重要な役割を果たすと考えています。

 

おすすめ!競馬予想サイト

ランキング形式で無料で使えるサイトを紹介。

メールアドレス登録のみとお手軽ですので、一度ご覧になってはいかがでしょうか!

 

【第1位】うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

【第2位】競馬学会

おすすめポイント

担当馬券師が駆けずり回った情報を公開。
だからこそ少点数で得られる数々の万馬券!

【第3位】switch

おすすめポイント

自信をもって情報を出しているから、
なんと100%保証対象!ビビりますよ!

-武豊想定
-

Copyright© KEIBA CHANNEL , 2019 All Rights Reserved.