【東京新聞杯2024予想】前走〇〇クラスと間隔〇〇週が好走!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/3/3(日)、報知杯弥生賞ディープインパクト記念(G2・芝2000m)が中山競馬場で開催。 ...

2

2024/3/10(日)、金鯱賞(G2・芝2000m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「開幕 ...

3

2024/3/24(日)、高松宮記念(G1・芝1200m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「 ...

2024/2/4(日)、東京新聞杯(G3・芝1600m)が東京競馬場で開催。

データ分析結果から「前走〇〇クラス間隔〇〇週が好走」。詳細は記事内でご確認ください!

 

出走馬・騎手

出走馬

馬名性齢騎手
1サクラトゥジュール牡7キング
2アスクコンナモンダ牡5横山武
3ドルチェモア牡4石橋脩
4ルージュリナージュ牝5横山和
5ウインカーネリアン牡7三浦
6マスクトディーヴァ牝4岩田望
7ジャスティンカフェ牡6坂井瑠
8ホウオウビスケッツ牡4岩田康
9ウンブライル牝4ルメール
10ダノンタッチダウン牡4北村友
11マテンロウスカイセ5横山典
12コナコースト牝4戸崎
13トゥードジボン牡5藤岡佑
14サウンドビバーチェ牝5浜中
15フリームファクシ牡4菅原明
16アヴェラーレ牝6キングス

 

yokodabi

今週の無料情報

3/3(日) 弥生賞(G2)

的中実績

2/18(日) 小倉大賞典(G3) 639,780円
(3連単 600円×18点=計10800円)

過去データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠2-0-1-1312.5%12.5%18.8%
2枠2-2-0-1311.8%23.5%23.5%
3枠1-1-0-175.3%10.5%10.5%
4枠3-2-0-1415.8%26.3%26.3%
5枠1-1-2-155.3%10.5%21.1%
6枠1-2-3-135.3%15.8%31.6%
7枠0-1-2-170.0%5.0%15.0%
8枠0-1-2-160.0%5.3%15.8%

複勝率では内枠(1-4)19.7%・外枠(5-8)20.8%、他の重賞によく見られる内枠有利ではなく、外枠が好成績であることを念頭に置いて予想した方が良いでしょう。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ3-0-0-730.0%30.0%30.0%
先行1-1-3-283.0%6.1%15.2%
差し5-6-5-438.5%18.6%27.1%
追込1-3-2-402.2%8.7%13.0%

複勝率は逃げ(30.0%)の次点が差し(27.1%)となっています。一般的には差しより先行が良績になることが多く、東京の長い直線では差しがよく決まる点をおさえておきたいです。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
11-1-2-610.0%20.0%40.0%
2~33-2-3-1215.0%25.0%40.0%
4~65-5-4-1616.7%33.3%46.7%
7~91-1-0-283.3%6.7%6.7%
10~0-1-1-560.0%1.7%3.4%

まずパッと目に留まるのが7番人気以下で1桁台とかなり悪いです。また、1番人気も思ったほど良くありません。2~6番人気を中心に馬券を組み立てるのが良さそう。

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳4-5-4-2710.0%22.5%32.5%
5歳2-3-5-295.1%12.8%25.6%
6歳4-1-1-3110.8%13.5%16.2%
7上0-1-0-310.0%3.1%3.1%

7歳以上は明らかにマイナス要素で割り引きが必要。4歳馬を中心として、買い目は4~6歳に絞りたいと考えています。

 

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
京都金杯1-2-3-282.9%8.8%17.6%
マイルCS2-0-1-1114.3%14.3%21.4%
ニューイヤーS0-1-1-150.0%5.9%11.8%
キャピタルS0-2-0-100.0%16.7%16.7%
3勝クラス4-1-0-830.8%38.5%38.5%

本レースはハンデ戦ではなく別定戦となりますが、意外にも重賞やOPレースからより、前走3勝クラスからの参戦が好走している点は狙い目になりそう。

なお、前走3勝クラスの連対馬5頭に共通する条件は前走1着。3勝クラスを勝ち上がった馬がいれば、注目しておきましょう!

 

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着4-2-2-1517.4%26.1%34.8%
2着1-2-0-89.1%27.3%27.3%
3着0-0-2-80.0%0.0%20.0%
4着0-0-1-50.0%0.0%16.7%
5着1-1-1-414.3%28.6%42.9%
6~9着2-4-3-354.5%13.6%20.5%
10着~2-1-1-434.3%6.4%8.5%

特筆すべき傾向とまでは言えないものの、前走10着以下の馬は少し割り引いた方が良いと思います。

 

前走場所着別度数勝率連対率複勝率
東京1-2-0-233.8%11.5%11.5%
中山1-3-2-312.7%10.8%16.2%
中京0-0-1-160.0%0.0%5.9%
京都5-3-3-2513.9%22.2%30.6%
阪神3-2-4-1612.0%20.0%36.0%
その他0-0-0-70.0%0.0%0.0%

関東圏のレースとなりますが、京都・阪神と前走関西圏のレースを走った馬を中心視すべきデータが残っていますね。

 

間隔着別度数勝率連対率複勝率
1~3週0-1-0-160.0%5.9%5.9%
4週2-0-4-266.3%6.3%18.8%
5~9週2-4-4-314.9%14.6%24.4%
10~25週6-5-2-4111.1%20.4%24.1%
半年以上0-0-0-40.0%0.0%0.0%

6勝をマークしているのは、間隔10週以上の馬。特に近5年では、前走11~12月の馬が本レース3着以内の15頭中11頭を占めるため、是非ともおさえておきたいデータです。

 

コース傾向

1951年に創設された「東京杯」が前身で、1966年に現在の名称「東京新聞杯」に変更、時期も1回東京開催に移動されました。

その後は、距離/開催の度重なる変更を経て、1984年に現在の芝1600m別定戦へ。上半期のマイル路線に組み込まれております。

 

東京・芝1600m

2コーナー付近からスタートし、コーナーを周回するワンターンのコース形態。スタート直後は緩やかに2m下り、向正面で2m上った後、3コーナーにかけてまた下りとなるため、スピードに乗りやすいのが特徴です。

3~4コーナーのカーブは緩やかで、ペースが落ちにくいため、平均的に速く流れることが多いです。直線は525.9m。勾配差2mのタフな坂を上り切ってから、ゴールまでは約300mもあり、最後は瞬発力が求められます。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
曇り・雪

馬場
良~稍重~重

使用コース
Dコース:1週使用しましたが、傷みも少なく良好な状態

馬場状況はまだ2週目ということでかなり良いですが、差しも決まっており、極端に前が強い訳ではなさそうです。

ただ、当日の午前までは雪が降り、昼から曇りとの予報ですので、馬場がどれくらい渋るかちょっと読みにくいですね・・

 

展開予想

逃げ:⑤
先行:⑧⑪⑬⑭
差し:②③⑥⑩⑫⑮⑯
追込:①④⑦⑨

逃げると予想されるのは、⑤ウインカーネリアンまたは⑬トゥードジボンのどちらか。

枠的にも⑤の方が可能性が高いでしょうか。ペースは平均的な流れで極端に遅くなることはないだろうと見てます。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:⑯アヴェラーレ
〇:⑪マテンロウスカイ
△:⑦ジャスティンカフェ
△:⑥マスクトディーヴァ

 

本命はアヴェラーレ。長い直線では32秒台の上がりを使える点を評価しました。

近2走は馬券外となっておりますが、前走の内容は悪くなかったので、東京変わりであらためて期待します!

 

対抗はマテンロウスカイ。前に付けてしぶとい競馬ができる点はプラス材料。

前走の勝利で上昇ムードでしょうし、1800mではありますが、東京でも良績を残している点は心強いです。

 

あとは、人気の2頭をおさえて、馬連/3連複あたりで馬券を組み立てようと思います!

 

ranking

今週の無料情報

詳細ページにてご確認ください!

要Check!

信頼できる競馬予想サイトから的中率・回収率が優秀なものを厳選してご紹介します!

-重賞レース