【京都金杯2024予想】上位人気馬の不安要素・コース傾向・過去データ

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/3/3(日)、報知杯弥生賞ディープインパクト記念(G2・芝2000m)が中山競馬場で開催。 ...

2

2024/3/10(日)、金鯱賞(G2・芝2000m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「開幕 ...

3

2024/3/24(日)、高松宮記念(G1・芝1200m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「 ...

2024/1/6(土)、京都金杯(G3・芝1600m)が京都競馬場で開催。

出走予定馬の紹介、過去データ/コース傾向分析、及び、本レースの予想を行います。

 

出走馬・騎手

出走馬

馬名性齢騎手
1メイショウシンタケ牡6浜中俊
2コレペティトール牡4岩田康
3ルプリュフォールセ8秋山真
4トゥードジボン牡5藤岡佑
5ダノンタッチダウン牡4北村友
6シャイニーロック牡8酒井学
7タイムトゥヘヴン牡6幸英明
8サヴァ牡6松若
9セルバーグ牡5松山
10アンドヴァラナウト牝6武豊
11セッション牡4坂井瑠
12ビューティフルデイ牝6西村淳
13マテンロウオリオン牡5太宰
14アルナシーム牡5鮫島駿
15ドーブネ牡5吉田隼
16ドルチェモア牡4団野
17フリームファクシ牡4川田
18アヴェラーレ牝6ルメート

 

yokodabi

今週の無料情報

3/3(日) 弥生賞(G2)

的中実績

2/18(日) 小倉大賞典(G3) 639,780円
(3連単 600円×18点=計10800円)

過去10年データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠3-2-1-1315.8%26.3%31.6%
2枠2-2-0-1510.5%21.1%21.1%
3枠1-2-2-145.3%15.8%26.3%
4枠2-0-3-1510.0%10.0%25.0%
5枠0-0-3-170.0%0.0%15.0%
6枠2-1-0-1710.0%15.0%15.0%
7枠0-1-1-210.0%4.3%8.7%
8枠0-2-0-230.0%8.0%8.0%

複勝率を見ると1~4枠が20%超5~6枠が15.0%7~8枠が10%未満と明らかに内枠有利の状況。京都開幕週で芝状態が良いのがデータに顕著に表れていると言えます。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ1-0-2-710.0%10.0%30.0%
先行3-3-5-258.3%16.7%30.6%
差し3-6-3-594.2%12.7%16.9%
追込3-1-0-446.3%8.3%8.3%

逃げ/先行が複勝率30.0%以上、前有利の傾向は確かですが、連対率まで見ると、差しも悪くないと考えております。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
13-1-1-530.0%40.0%50.0%
2~32-3-1-1410.0%25.0%30.0%
4~63-4-2-2110.0%23.3%30.0%
7~91-0-3-263.3%3.3%13.3%
10~1-2-3-691.3%4.0%8.0%

人気上位ほど良いので目立った傾向はないですが、7番人気以下の連対率が4.0%未満なので、馬券の軸にするなら1~6番人気を選択すべきと思います。

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳3-2-2-347.3%12.2%17.1%
5歳4-3-1-2512.1%21.2%24.2%
6歳3-2-4-376.5%10.9%19.6%
7上0-3-3-390.0%6.7%13.3%

勝率/連対率/複勝率の全てで5歳馬がリード、連対率が20%超と他の年齢より2倍くらい良いので、5歳馬を中心に考えたいと思います。

 

前走レース名

  • リゲルS:4-0-2-21/27
  • マイルCS(G1):1-3-0-17/21
  • チャレンジC(G3):1-1-0-6/8
  • キャピタルS:0-1-2-14/17

リゲルS、チャレンジC(G3)は複勝率が少し良いですが、大きな差はないので、プラス要素とは言い難い気がします。

 

前走着順

  • 1着:1-2-3-23/29
  • 2着:0-0-2-6/8
  • 3着:2-0-1-9/12
  • 4着:0-0-0-11/11
  • 5着:2-2-1-8/13
  • 6~9着:5-3-1-28/37
  • 10着~:0-3-2-50/55

連対率が良いのは前走5着馬(30.8%)と6~9着馬(21.6%)、前走着順が良いからと言って、あまり期待できない点はおさえておいた方が良さそうですね。

 

コース傾向

1996年より東西で行われる金杯を区別するため、京都金杯のレース名に改称。そして、2000年に外回り1600mに変更されました。

これは、中山金杯を中距離路線、京都金杯を短距離路線と区別化するもので、新年の開幕を飾る名物競走として定着しております。

 

京都・芝1600m(外回り)

バックストレッチの2コーナー奥の引き込み線からスタートし、外回りをワンターンするコース形態。

3コーナーまで700mほどの距離があり、かつ、そこから勾配4mの坂があるため、スタート後のポジション争いは比較的穏やかになりやすいです。

 

そして、向正面から上った分だけ下り、その後はゴールまで平坦コースが続きます。

坂の上りで息が入れば、下りで付いた勢いそのままに直線押し切ることができるので、基本的には先行有利と考えています。

 

上位人気馬の見解

上位人気が予想される馬の見解と不安要素を述べたいと思います。

 

ドーブネ

2023年11月25日 東京 キャピタルS(L)
1着 (2人気) 芝1600 良 (吉田隼)

2023年10月1日 阪神 ポートアイS(L)
1着 (1人気) 芝1600 稍重 (吉田隼)

2023年7月16日 函館 函館記念(G3)
8着 (5人気) 芝2000 稍重 (武豊)

2走前からマイルへの距離短縮が功を奏しリステッド2連勝。充実期に入った5歳馬が重賞初制覇に挑みます。

 

不安要素

好走パターンは前に付けて速い上がりを使えるときだと思います。よって、ハイペースになりそうなメンバ構成なら要注意。

 

アヴェラーレ

2023年10月28日 京都 スワンS(G2)
7着 (1人気) 芝1400 良 (川田)

2023年8月13日 新潟 関屋記念(G3)
1着 (4人気) 芝1600 良 (戸崎)

2023年5月13日 東京 京王杯SC(G2)
4着 (4人気) 芝1400 良 (ルメール)

前走は人気を裏切る形となりましたが、2走前に重賞(G3)を勝利。全15戦中13戦で上がり3位以内、直線の末脚には定評があります。

 

不安要素

実績を残しているのは東京・中京・新潟と左回りで直線の長いコース。前走の敗因として京都コースが合わなかった可能性も考えられます。

 

アルナシーム

2023年10月29日 京都 カシオペアS(L)
1着 (3人気) 芝1800 良 (鮫島駿)

2023年9月16日 阪神 ケフェウスS
8着 (3人気) 芝2000 良 (坂井瑠)

2023年7月16日 函館 函館記念(G3)
6着 (6人気) 芝2000 稍重 (坂井瑠)

前走は5番手から抜け出しリステッド競走を勝利。2歳G1で4着に好走し、実力を期待された馬が重賞でも勢いをそのままに躍動します。

 

不安要素

近走は中距離路線で復調傾向が見られましたが、輸送がなく前走結果を出した京都を重視して、中山金杯ではなく京都金杯を選択したと思います。マイル戦で前走と同じパフォーマンスが出せるでしょうか。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
晴れ

馬場

使用コース
Aコース:芝の生育は順調で概ね良好な状態

11月開催から1ヵ月空き、京都第1回開催の開幕週となります。

前回開催で傷んだ箇所は補修され、どこも良好な状態であるため、距離ロスのない内有利は間違いないでしょう。

 

展開予想

逃げ:④
先行:⑥⑨⑪⑮
差し:①⑤⑧⑩⑫⑬⑭⑯⑱
追込:②③⑦⑰

逃げ候補は④トゥードジボン・⑨セルバーグ・⑮ドーブネの3頭。

連勝中の④が内枠を活かして先手を取りそうですが、⑨は前走控えて大敗しているので、主張することも考えられます。

 

そうなると、先手争いがもつれ、ペースが速くなる可能性もありますね。また、⑮の出方も気になるので、スローペースは考えにくく、ミドル~ハイペースと予想します。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:⑪セッション
〇:⑱アヴェラーレ
▲:⑩アンドヴァラナウト
△:⑤ダノンタッチダウン

 

データ的には前有利ですが、ペースが速くなると考えているので、差し馬を中心に選びました。

また、内枠に人気薄が集まったので、外枠中心の評価となりました。内枠で唯一買い目に入れた⑤ですが、逃げた前走を度外視して、再浮上の期待したいと思いました。

 

ranking

今週の無料情報

詳細ページにてご確認ください!

要Check!

信頼できる競馬予想サイトから的中率・回収率が優秀なものを厳選してご紹介します!

-重賞レース