【武豊騎手】角居勝彦厩舎|2017年の2歳馬と騎手起用傾向

      2018/08/27

武豊騎手&角居厩舎が今年、トーセンビクトリーで中山牝馬Sを制したのは、記憶にも新しいところです。

 

角居厩舎の代表管理馬・騎手起用傾向と、武豊騎手の騎乗成績をまとめてみました。

また、2017年の新馬/2歳馬情報を最後に記載しようと思います。

 

角居厩舎の代表管理馬

収得賞金の多い順にTop10を一覧にしました。

 

馬名 性齢 生年 賞金
ウオッカ 引退 2004 42425
カネヒキリ 引退 2002 28815
ヴィクトワールピサ 引退 2007 23470
エピファネイア 引退 2010 20950
ポップロック 引退 2001 19980
デルタブルース 引退 2001 18030
サンビスタ 引退 2009 15450
ルーラーシップ 引退 2007 14620
ラストインパクト 牡7 2010 14300
ラキシス 引退 2010 11050

 

角居厩舎の代表馬と言えば、やはりウオッカ。牝馬として、64年ぶりにダービーを制しました。

ここ20年ほど振り返っても、牝馬による牡馬クラシック勝利は、ウオッカ1頭のみです。

 

もう1頭挙げるとすれば、皐月賞・有馬記念、そして、ドバイワールドカップを勝利したヴィクトワールピサ

 

ドバイワールドカップは、2010年~2014年はAW(オールウェザー)で開催されており、2015年からダートに戻りました。

今後、日本馬が勝利する可能性を考えたとき、2011年に日本馬勝利の名を残せた功績は大きいと思います。

 

香港マイルを制したハットトリックをはじめ、上記の一覧にいないG1勝利馬も数多く管理されています。

シーザリオトールポピーアヴェンチュラリオンディーズなど、さすが日本を代表する厩舎ですねー

 

武豊騎手の騎乗成績

2017年4月末時点の全騎乗をまとめました。

 

騎乗成績

着別度数 勝率 人気
17 6 1-1-0-4 16.7% 4.0人気
16 5 1-1-0-3 20.0% 4.0人気
15 13 4-1-1-7 30.8% 2.8人気
14 10 3-1-2-4 30.0% 2.7人気
13 1 0-0-0-1 0.0% 2.0人気
12 7 2-0-0-5 28.6% 3.6人気
11 11 2-2-0-7 18.2% 2.8人気
10 5 3-0-0-2 60.0% 2.0人気
09 30 6-3-3-18 20.0% 1.9人気
08 31 10-3-2-16 32.3% 1.9人気
07 20 4-4-2-10 20.0% 2.5人気
06 15 4-1-2-8 26.7% 2.1人気
05 19 7-3-2-7 36.8% 1.6人気
04 11 5-1-0-5 45.5% 1.8人気
03 11 1-5-0-5 9.1% 2.0人気
02 6 1-2-0-3 16.7% 1.3人気
01 1 0-0-0-1 0.0% 4.0人気

 

ウオッカに騎乗していた2008年、2009年が30回と最も大きい数字となっていました。

 

近年は2014年・2015年が10回程度で、主な騎乗馬はエアソミュールトーセンビクトリーなど。

昨年は5回と少なく、エアウィンザーに2回騎乗していました。

 

今年は既に6回騎乗で、最終的には2014年・2015年ぐらいの水準には達すると予想しています。

 

角居厩舎の騎手起用

2016年と2017年(4月末時点)の騎手起用傾向をまとめてみました。

 

2017年

騎手 騎乗 勝利 勝率 平人気
デムーロ 14 6 42.9% 2.1人気
浜中俊 9 2 22.2% 6.0人気
北村友一 8 3 37.5% 2.9人気
福永祐一 8 2 25.0% 4.0人気
川田将雅 7 2 28.6% 3.1人気
ルメール 6 0 0.0% 2.2人気
吉田隼人 6 1 16.7% 4.2人気
武豊 6 1 16.7% 4.0人気

 

2016年

騎手 騎乗 勝利 勝率 平人気
デムーロ 40 9 22.5% 2.3人気
ルメール 30 11 36.7% 2.1人気
岩田康誠 18 1 5.6% 4.5人気
浜中俊 18 3 16.7% 3.1人気
川田将雅 16 3 18.8% 3.8人気
四位洋文 15 1 6.7% 4.5人気
福永祐一 14 1 7.1% 4.9人気
バルザロ 12 2 16.7% 6.1人気
吉田隼人 12 2 16.7% 3.7人気
武豊 5 1 20.0% 4.0人気

 

騎乗回数と騎乗した馬の単勝人気の平均に注目すると、騎手の優先順位が明らかに見えますね。

デムーロ騎手 > ルメール騎手 > その他の騎手

 

今後もこの傾向は変わらないと思うので、武豊騎手がお手馬は、馬主の意向が優先される等に限られてくると思います。

 

2017年の新馬/2歳馬情報

入厩が予定されている有力馬/注目馬を何頭かご紹介します。

 

ソリッドドリーム(牡)
社台RH、社台ファーム

父:フランケル
母:デインドリーム

父は14戦無敗でG1レース10勝、母は2011年の凱旋門賞馬という世界的な良血馬です。

昨年オークスを制したフランケル産駒、今年はダービー制覇となるかに注目が集まりそうです。

 

スマートモノリス(牡)
大川徹、桑田牧場

父:ハーツクライ
母:スカイノダン

スカイノダンはドバイターフを制したジャスタウェイの半姉にあたります。

武豊騎手と縁の深い大川オーナーの所有馬です。

 

ロイヤルバローズ(牡)
猪熊広次、下河辺牧場

父:オルフェーヴル
母:ゴッドフェニックス

2017年の新種牡馬オルフェーヴルの産駒です。

ゴッドフェニックスの母はロンドンブリッジで、近親にはダイワエルシエーログレーターロンドンがいます。

 

リンフォルツァンド(牝)
サンデーR、ノーザンF

父:ディープインパクト
母:リッスン

タッチングスピーチムーヴザワールドの全妹にあたる血統です。

そろそろ、この血統からも大物が出そうな予感がしてなりません。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PR】業界最高水準!全額保証!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

過去には帯封越えの特大馬券も多数的中!

2018/08/19 福島7R 3歳未勝利
3連単:4-15-12

3,655,800円的中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業界の中枢まで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で
高配当馬券を量産!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は「スプリンターズS」の情報を公開!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてください。

▼登録は無料!こちらから▼

 

 - 武豊想定/騎乗予定