【角居勝彦厩舎】騎手起用傾向と武豊騎手との関係性

2017年にトーセンビクトリーで中山牝馬Sを制したのは、記憶にも新しいところです。

 

角居厩舎の代表管理馬・騎手起用傾向と、武豊騎手の騎乗成績をまとめてみました。

また、2017年の新馬/2歳馬情報を最後に記載しようと思います。

 

トップシークレット

topst

今週の無料情報

10/2(日) スプリンターズS(G1)

最近の的中実績

9/25(日) 中京10R:3連単57,690円

9/17(土) 中京12R:3連単10,380円

角居厩舎の代表管理馬

収得賞金の多い順にTop10を一覧にしました。

 

馬名性齢生年賞金
ウオッカ引退200442425
カネヒキリ引退200228815
ヴィクトワールピサ引退200723470
エピファネイア引退201020950
ポップロック引退200119980
デルタブルース引退200118030
サンビスタ引退200915450
ルーラーシップ引退200714620
ラストインパクト牡7201014300
ラキシス引退201011050

 

角居厩舎の代表馬と言えば、やはりウオッカ。牝馬として、64年ぶりにダービーを制しました。

ここ20年ほど振り返っても、牝馬による牡馬クラシック勝利は、ウオッカ1頭のみです。

 

もう1頭挙げるとすれば、皐月賞・有馬記念、そして、ドバイワールドカップを勝利したヴィクトワールピサ

 

ドバイワールドカップは、2010年~2014年はAW(オールウェザー)で開催されており、2015年からダートに戻りました。

今後、日本馬が勝利する可能性を考えたとき、2011年に日本馬勝利の名を残せた功績は大きいと思います。

 

香港マイルを制したハットトリックをはじめ、上記の一覧にいないG1勝利馬も数多く管理されています。

シーザリオ・トールポピー・アヴェンチュラ・リオンディーズなど、さすが日本を代表する厩舎ですねー

 

武豊騎手の騎乗成績

2017年4月末時点の全騎乗をまとめました。

 

騎乗成績

着別度数勝率人気
1761-1-0-416.7%4.0人気
1651-1-0-320.0%4.0人気
15134-1-1-730.8%2.8人気
14103-1-2-430.0%2.7人気
1310-0-0-10.0%2.0人気
1272-0-0-528.6%3.6人気
11112-2-0-718.2%2.8人気
1053-0-0-260.0%2.0人気
09306-3-3-1820.0%1.9人気
083110-3-2-1632.3%1.9人気
07204-4-2-1020.0%2.5人気
06154-1-2-826.7%2.1人気
05197-3-2-736.8%1.6人気
04115-1-0-545.5%1.8人気
03111-5-0-59.1%2.0人気
0261-2-0-316.7%1.3人気
0110-0-0-10.0%4.0人気

 

ウオッカに騎乗していた2008年、2009年が30回と最も大きい数字となっていました。

 

近年は2014年・2015年が10回程度で、主な騎乗馬はエアソミュール、トーセンビクトリーなど。

昨年は5回と少なく、エアウィンザーに2回騎乗していました。

 

2017年は既に6回騎乗で、最終的には2014/2015年ぐらいの水準には達すると予想しています。

 

角居厩舎の騎手起用

2016年と2017年(4月末時点)の騎手起用傾向をまとめてみました。

 

2017年

騎手騎乗勝利勝率平人気
デムーロ14642.9%2.1人気
浜中俊9222.2%6.0人気
北村友一8337.5%2.9人気
福永祐一8225.0%4.0人気
川田将雅7228.6%3.1人気
ルメール600.0%2.2人気
吉田隼人6116.7%4.2人気
武豊6116.7%4.0人気

 

2016年

騎手騎乗勝利勝率平人気
デムーロ40922.5%2.3人気
ルメール301136.7%2.1人気
岩田康誠1815.6%4.5人気
浜中俊18316.7%3.1人気
川田将雅16318.8%3.8人気
四位洋文1516.7%4.5人気
福永祐一1417.1%4.9人気
バルザロ12216.7%6.1人気
吉田隼人12216.7%3.7人気
武豊5120.0%4.0人気

 

騎乗回数と騎乗した馬の単勝人気の平均に注目すると、騎手の優先順位が明らかに見えますね。

デムーロ騎手 > ルメール騎手 > その他の騎手

 

今後もこの傾向は変わらないでしょうね。

武豊騎手のお手馬は、馬主の意向が優先される等に限られてくると思います。

 

2017年の新馬/2歳馬情報

入厩が予定されている有力馬/注目馬を何頭かご紹介します。

 

ソリッドドリーム(牡)
社台RH、社台ファーム

父:フランケル
母:デインドリーム

父は14戦無敗でG1レース10勝、母は2011年の凱旋門賞馬という世界的な良血馬です。

昨年オークスを制したフランケル産駒、今年はダービー制覇となるかに注目が集まりそうです。

 

スマートモノリス(牡)
大川徹、桑田牧場

父:ハーツクライ
母:スカイノダン

スカイノダンはドバイターフを制したジャスタウェイの半姉にあたります。

武豊騎手と縁の深い大川オーナーの所有馬です。

 

ロイヤルバローズ(牡)
猪熊広次、下河辺牧場

父:オルフェーヴル
母:ゴッドフェニックス

ゴッドフェニックスの母はロンドンブリッジです。

近親にはダイワエルシエーロやグレーターロンドンがいます。

 

リンフォルツァンド(牝)
サンデーR、ノーザンF

父:ディープインパクト
母:リッスン

タッチングスピーチ、ムーヴザワールドの全妹にあたる血統です。

そろそろ、この血統からも大物が出そうな予感がしてなりません。

 

シンクタンク

ttank

今週の無料情報

10/2(日) スプリンターズS(G1)

最近の的中実績

9/17(土) 中京10R:3連単43,060円

9/11(日) 中京11R:3連単13,980円

-競馬情報
-