【里見治】法人名義サトミホースカンパニーへ変更の理由

投稿日:2017-10-30 更新日:

 

20年以上個人馬主と歩んで来られた里見治オーナーが遂に、法人名義変更に変更されました。

10/24に登録抹消したサトノワイバーンが個人名なので、10月末から変更したと推測されます。

 

 

お客様の成功こそが何よりの喜びです!

おすすめ

投資競馬専門情報「TAZUNA」は
ギャンブルから投資への昇華に成功!

お知らせ

会員登録が完了後、毎週末の買い目
完全無料&無制限でご提供します!

↓↓ 登録は無料!是非お試し下さい ↓↓

 

法人名義へ変更の理由

法人名は「サトミホースカンパニー」。

変更の理由は、おそらく税金対策で間違いないでしょう。

 

ここ数年で所有馬が活躍し、サトノクラウン・サトノダイヤモンドは種牡馬入りが濃厚。

競馬関連では今までマイナスだったのが、今年辺りからプラスに転じるのかもしれません。

 

4000万を超える高額所得者の場合、所得税は45%と法律で決まっております。

これに対し、法人税は3割程度。

 

有名な馬主の方は、ほとんどが法人名義となっていることを踏まえると、当然の流れかもしれません。

 

里見治オーナーはどんな人?

里見オーナーはセガサミーグループの代表取締役会長CEOです。

SEGASammyと言えば、かなりご存知の方が多いのではないでしょうか。

 

SEGAはアーケードゲーム機器でリーディングカンパニーとなっている会社です。

Sammyはパチンコ・パチスロのメーカーです。

 

2003年に登場したスロット北斗の拳は、空前の大ヒット。

販売台数62万台の金字塔を打ち立てました。

 

また、高額馬が走らなかった不遇の時代でも、牧場サイドには文句1つも言わなかったそうです。

大企業の会長や社長を務めておられますから、さすがに人格者と言ったところですね!

 

代表所有馬

収得賞金の多い順にTop10を一覧にしました。

 

馬名 性齢 生年 賞金
サトノクラウン 牡5 2012 21750
サトノダイヤモンド 牡4 2013 16800
サトノアラジン 牡6 2011 15800
サトノノブレス 牡7 2010 11600
サトノタイガー 引退 2008 5610
サトノアレス 牡3 2014 5600
サトノルパン 引退 2011 5425
サトノギャラント セ8 2009 4350
サトノアポロ 引退 2008 4200
サトノラーゼン 牡5 2012 3750

 

サトノクラウン、サトノダイヤモンド、サトノアラジンとG1馬3頭がTop3に名を連ねています。

また、2016年の2歳王者サトノアレスもランクインしており、現役馬が多いのが特徴的ですね。

 

馬主としての成績

1992年に馬主資格を取得し、2017年で26年目となります。

 

馬主成績

年度 出走 1着 重賞 勝率
2017 223 33 4 0.148
2016 351 43 10 0.123
2015 306 39 3 0.127
2014 315 35 3 0.111
2013 275 31 1 0.113
2012 279 39 0 0.140
2011 242 35 0 0.145
2010 184 16 0 0.087
2009 119 16 0 0.134
2008 59 14 1 0.237
2007 35 7 0 0.200
2006 18 3 0 0.167
2005 12 1 0 0.083
2004 2 1 0 0.500
2003 0 0 0 0.000
2002 2 0 0 0.000
2001 8 0 0 0.000
2000 13 0 0 0.000
1999 20 1 0 0.050
1998 3 0 0 0.000
1997 3 0 0 0.000
1996 24 2 0 0.080
1995 0 0 0 0.000
1994 13 2 0 0.154
1993 13 0 0 0.000
1992 10 3 0 0.300

※2017年は9月末までの成績

 

初重賞制覇は2008年で、ニュージーランドT(G2)をサトノプログレスで勝利しました。

初G1制覇は記憶に新しいところで、2016年の菊花賞をサトノダイヤモンドで制しました。

 

2013年まではわずか重賞2勝であったことを考えると、2016年は飛躍の年でしたね!

今年も既にG1レースを2勝と、この勢いはまだまだ衰えるところを知りません。

 

セレクトセールでの落札馬

2013年~2017年のセレクトセールでの落札馬一覧を記載しました。

年々金額が上がっており、今年は頭数・金額ともに過去最大のものとなりました。

 

青書きが重賞勝利馬、赤書きがG1勝利馬となります。

 

池江泰郎氏が調教師引退後にアドバイザーとして、セールでの馬購入に助言をしているそうです。

それにより、サトノ×池江厩舎×ディープインパクト産駒の良血馬が注目されています。

 

2018年デビューに2億超えのディープインパクト産駒が3頭。

2019年も既に1億超えが4頭スタンバイ済みの状態です。

 

里見オーナーは何としてもダービーを勝ちたいとのこと。

サトノ軍団が良血を揃える理由はそこにあると思います。

 

おすすめ競馬予想サイト!

ランキング形式にてご紹介します。

しっかりと儲かる情報が提供され、無料で安心して使えるサイトです。

 

メールアドレス登録のみで見ることできますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか!

 

【第1位】うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

【第2位】俺の競馬

おすすめポイント

初心者でも競馬の知識がなくてもOK!
帯封超えの的中を量産しているサイトです。

【第3位】switch

おすすめポイント

自信をもって情報を出しているから、
なんと100%保証対象!ビビりますよ!

-武豊想定
-

Copyright© ケイバネル , 2019 All Rights Reserved.