【池江泰寿厩舎】データから武豊騎手との関係性を振り返り

投稿日:2018-12-25 更新日:

 

池江泰寿厩舎は2017年に63勝をあげ、調教師リーディングを獲得しました。

また、2017年は武豊騎手と池江厩舎の関係も、かなり良好でした。

 

2018年となり、幼馴染みの2人の関係も少し変化があったように思います。

本記事では、騎乗成績や騎手起用傾向のデータを元に分析していきます。

 

 

重賞はコラボ@指数におまかせ!

おすすめ

3連単が3回に1回的中する指数を
1日最大18レース無料で見ることが可能!

お知らせ

今週は会員コンテンツ内の北条のブログ
フェブラリーS(G1)を無料公開!

↓↓ 登録は無料!是非お試し下さい ↓↓

 

騎乗成績一覧

2018年までの武豊騎手×池江厩舎の騎乗成績を一覧にまとめてみました。

 

騎乗成績一覧

着別度数 勝率 平均
18 24 1-1-1-21 4.2% 5.0人気
17 27 7-2-5-13 25.9% 2.6人気
16 14 2-3-3-6 14.3% 2.4人気
15 13 2-4-1-6 15.4% 3.8人気
14 17 3-2-1-11 17.6% 3.3人気
13 9 3-1-0-5 33.3% 2.8人気
12 7 1-0-0-6 14.3% 5.0人気
11 8 1-1-3-3 12.5% 4.0人気
10 13 5-1-2-5 38.5% 2.2人気
09 23 8-3-1-11 34.8% 2.3人気
08 25 5-7-1-12 20.0% 2.2人気
07 28 9-4-1-14 32.1% 1.7人気
06 11 6-2-2-1 54.5% 1.5人気
05 23 6-3-2-12 26.1% 2.1人気
04 6 1-1-0-4 16.7% 1.8人気

 

2017年は騎乗数が14→27と約2倍、勝率も14.3%→25.9%と約2倍弱に跳ね上がりました。

単勝平均人気が前年より落ちているにもかかわらず、成績が上昇したことは素晴らしいですね!

 

一方、2018年は騎乗数は微減ですが、勝率がガクンと落ちました・・

有力馬の依頼が減っているのかな? その辺りを少し掘り下げてみたいと思います。

 

騎乗成績詳細

2017年と2018年の騎乗成績詳細を比較したいと思います。

 

2018

 

2017年

 

馬主に注目すると、そんなに顔ぶれは変わってないんですよね・・

サンデーRやキャロットFからは騎乗依頼は来ませんし、相変わらず懇意にしているオーナーばかり。

 

冒頭で2人の関係性にも変化が・・と書きましたが、これを見る限り大して変化ないかもです・・

勝率や騎乗依頼の質は一過性のものと考えますので、来年に期待しましょう!

 

騎手起用

2016~2018年の池江厩舎の騎手起用傾向を比較したいと思います。

年間で11回以上の騎乗があった騎手を一覧化してみました。

 

2018

騎手 着別度数 勝率 平均
川田 55 5-10-9-31 9.1% 3.9人
デムーロ 29 6-4-5-14 20.7% 2.0人
モレイラ 25 9-6-0-10 36.0% 2.1人
武豊 24 1-1-1-21 4.2% 5.0人
アヴドゥ 18 4-2-3-9 22.2% 3.7人
藤岡康 14 3-0-1-10 21.4% 4.6人
北村友 13 0-4-0-9 0.0% 4.2人
ルメール 12 1-2-2-7 8.3% 1.5人
荻野極 12 2-0-0-10 16.7% 4.8人

 

2017年

騎手 着別度数 勝率 平均
川田 68 15-15-7-31 22.1% 2.9人
秋山 36 3-1-4-28 8.3% 4.4人
デムーロ 28 9-3-6-10 32.1% 2.3人
武豊 27 7-2-5-13 25.9% 2.6人
ルメール 15 3-3-1-8 20.0% 1.9人
水口 13 2-0-1-10 15.4% 6.9人
浜中 13 2-4-4-3 15.4% 2.5人
戸崎 11 1-2-0-8 9.1% 3.5人
ホワイト 11 1-2-2-6 9.1% 4.7人
松山 11 4-0-1-6 36.4% 6.1人
北村友 11 2-1-2-6 18.2% 5.5人

 

2016年

騎手 着別度数 勝率 平均
川田 56 16-8-3-29 28.6% 2.8人
ルメール 26 5-3-4-14 19.2% 2.0人
デムーロ 22 3-4-4-11 13.6% 2.3人
ホワイト 20 3-5-2-10 15.0% 5.0人
藤岡康 16 1-0-3-12 6.3% 4.3人
武豊 14 2-3-3-6 14.3% 2.4人
松山 11 0-2-1-8 0.0% 4.2人

 

騎乗回数で見れば、3年連続で川田騎手が断トツに多いです。

近年では、里見オーナー(サトミホースカンパニー)の所有馬に騎乗している姿をよく見かけます。

 

ただし、2018年はモレイラ騎手の活躍が著しく目立ちますね!

短期免許だけで76勝をあげましたが、デムーロ&ルメール騎手と比較しても、群を抜いております。

 

この活躍で一番割を食ったのは、川田騎手だと考えています。

デムーロ&ルメール騎手は騎乗馬の質が落ちてませんが、川田騎手は明らかに落ちてますので。

 

京都2歳Sを勝ったクラージュゲリエは、次走誰が騎乗するんでしょうね?

2019年の序盤はそういった点にも着目しながら、池江厩舎の動向を観察すると面白いかも。

 

代表管理馬

池江厩舎の代表管理馬として、収得賞金が多い順に記載します。

 

代表管理馬

馬名 性齢 生年 賞金
オルフェーヴル 抹消 2008 54085
ドリームジャーニー 抹消 2004 30350
ラブリーデイ 抹消 2010 27725
トーセンジョーダン 抹消 2006 26950
サトノダイヤモンド 抹消 2013 20150
サトノアラジン 抹消 2011 15800
サトノノブレス 抹消 2010 12850
ダノンカモン 抹消 2006 11880
オーシャンブルー 抹消 2008 11250
トゥザグローリー 抹消 2007 10550
ミッキークイーン 抹消 2012 10425
ダノンバラード 抹消 2008 9200
ペルシアンナイト 牡5 2014 8375
トレイルブレイザー 抹消 2007 8060
アルアイン 牡5 2014 6425

 

池江厩舎と言えば、オルフェーヴル&ドリームジャーニー兄弟で、1位と2位。

サトノダイヤモンドが引退し、現役馬はペルシアンナイトとアルアインの2頭になりました。

 

毎年クラシックに有力馬を送りこんでいますが、2018年は3歳世代が例年と比べると微妙でしたね。

厩舎の看板を背負うような名馬が次世代で現れるのか、注目しておきたいと思います。

 

↓↓ 注目馬はコチラ ↓↓

人気ブログランキングへ

 

私が選んだ今後、厩舎の代表馬になりそうな1頭をランキングの方で紹介致します。

初戦は重馬場に苦しみ惜敗しましたが、2戦目は楽々勝ち上がり。

 

セレクトセールで高値が付いただけに良血で、レースセンスも抜群ですね。

来年のクラシックに必ず駒を進め、いずれはG1に手が届く存在になり得ると考えています!

 

口コミで話題の競馬予想サイト

しっかりと儲かる情報が提供される。

無料で信頼して長く使える。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します。

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】高配当21

おすすめポイント

SI指数を元に無料情報で回収率130%!
その名の通り高配当に徹底的に拘ります。

【第2位】TOP SECRET

おすすめポイント

買いが入った時だけ提供!馬連1点勝負!
馬主情報の精度を体感してみませんか?

【第3位】CHECK MATE

おすすめポイント

勝負の関西馬情報は先着100名様限定!
毎週のように万馬券を仕留めています。

-武豊想定
-

Copyright© ケイバネル , 2019 All Rights Reserved.