【ラニ】数々の伝説を残した稀代馬も惜しまれつつ引退へ

2017年10月26日(木)、米3冠に挑戦したラニが競走馬登録を抹消することが発表されました。

数々の伝説を残した稀代馬で、2016年のドバイUAEダービー(G2)が主な勝ち鞍となります。

 

惜しまれつつ引退した、ラニの現役時の競走馬生活を振り返ることにしました。

 

EXTRA

extra

今週の無料情報

日本ダービー(G1) ※土曜も無料情報あり!

最近の的中実績

5/15(日) 青竜S 841,380円 (3連単 600円×9点=5400円購入)

5/08(日) 新潟大賞典(G3) 448,280円 (3連単 400円×24点=9600円購入)

数々の伝説

厩務員さんのTwitterで数々のこぼれ話が披露されているので、いくつかPickUpしてみました。

 

厩舎地区から競馬場エリアへ馬運車で移動してラニを降ろす際、ちょうど隣の馬運車からアメリカ馬が降りるタイミングだった。

「先に行かせてくれないか?」

「ヤダね!エキサイトしてるんだ」

「ラニだぞ」

「…お先にどうぞ」会釈しながら…。

アメリカでもラニのやんちゃぶりは有名だそうです・・

 

30日の調教の帰り道。

他の厩舎地区で引き運動をしている馬がいました。金網を挟んでお互い吠え合っていました。

いくら促しても進もうとしないラニ。あちらの厩務員さんも引き下がりません。

するとあちらの馬が後退りし始めます。それを見てからラニも歩き出しました。

2冠馬に失礼な事を…

ネット上では、カリフォルニアクロームに勝利したと騒がれておりましたね・・

 

コース入り初日の帰りの馬道、前を行く外国馬に反応して馬っ気を出し尻っ跳ね。

その際に右トモがラチを跨いでしまい動けなくなるも、自らラチを折って出てきました。

塩ビの様な柔らかい素材で無傷でしたが、翌日からメイダンでクレイジーホースと有名になってしまいました。

クレイジーホースと有名になってしまったお話です。

 

ラニの血統

ラニはアメリカで生産され、日本で競走生活を送った外国産馬です。

馬名の意味は、ハワイ語で「天国」「天空」を示すそうです。

 

ラニ(牡)
松永幹厩舎(栗東)、North Hills Co.

父:Tapit
母:ヘヴンリーロマンス

 

父は2014年~2016年の北米リーディングサイアーに輝いたタピット

 

競走馬時代は病気や故障の影響であまり活躍できませんでした。

しかし、種牡馬としては大成功、2015年の種付け価格は30万ドルに達しています。

 

母のヘヴンリーロマンスは2005年に低評価を跳ね返して、天皇賞秋を勝利しました。

ヘヴンリーロマンスもノースヒルズの所有馬で、産駒は全て松永幹厩舎で管理されています。

 

代表産駒は半兄にアウォーディー(父:ジャングルポケット)、半姉にアムールブリエ(父:Smart Strike)。

母は芝で活躍しましたが、産駒はダートで活躍する傾向があるようですね。

 

競走馬としての戦績

3年間、現役として過ごした戦績をまとめて記載します。

 

2015年

日付レース名距離
09/132歳新馬芝200024
10/032歳未勝利ダ180012
11/222歳未勝利ダ180011
11/28カトレア賞ダ160031

 

デビューは芝でしたが、兄弟が活躍していることもあり、2戦目からはダート路線へ。

未勝利を勝った後、連闘でカトレア賞(500万下)に出走し、3コーナー過ぎから捲っての見事な勝利。

 

初の長距離輸送で連闘にもかかわらず、プラス体重での出走となり、ラニのタフさが伺えますね!

 

2016年

日付レース名距離
02/21ヒヤシンスSダ160025
03/26UAEダービーダ190041
05/07ケンタッキーDダ2000149
05/21プリークネスSダ190065
06/11ベルモントSダ240063
10/23ブラジルCダ210023
11/06みやこSダ1800313
12/04チャンピオンCダ180089

 

ラニの名が世界に知れ渡ったのは、UAEダービーでの勝利がきっかけでしょう。

そして、これが本馬にとっては、最後の勝利となってしまいました。

 

その後は米3冠全てに出走し、最後のベルモントSでは3着に好走。

日本馬が米3歳クラシックに挑戦すると道を切り開いた、ラニは競馬界に大きなものを残しました。

 

2017年

日付レース名距離
03/04マクトゥームC3ダ200046
03/25ドバイWCダ200078
05/07ブリリアントSダ210024
05/28目黒記念芝25001017
10/22ブラジルCダ210035

 

米3冠挑戦後は、陣営もいろいろと苦労していたそうですね。

武豊騎手・ムーア騎手が絶賛したように、スケール感は半端ないが、レースで結果を出せない。

 

再度、ドバイへの遠征や芝レースへの挑戦などを実行しても、やはり結果はついてこない。

種牡馬入りが確定している以上、去勢はできないと厩務員さんもおっしゃられていました。

 

そして、陣営が出した結論は、ブラジルC(5着)を最後に引退して、アロースタッドで種牡馬入り。

寂しくはなりますが、種牡馬としての活躍を期待したいです!

 

サンキタ!the compi

compi

2021年度の実績

的中率:55.6%、回収率:124.5%

3連複のメリット

狙いの馬が3着でも的中できる

上位人気中心の組合せでも高配当が狙える

少点数でも広配当域に無理のない対応が可能

-競馬情報
-