【目黒記念2024予想】複勝率では断然内枠がおすすめ!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/5/19(日)、優駿牝馬(G1・芝2400m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から「連 ...

2

2024/5/26(日)、日本ダービー(G1・芝2400m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から ...

3

2024/5/26(日)、目黒記念(G2・芝2500m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から「複 ...

2024/5/26(日)、目黒記念(G2・芝2500m)が東京競馬場で開催。

データ分析結果から「複勝率では断然内枠がおすすめ!」。詳細は記事内でご確認ください。

 

出走予定馬・想定騎手

出走可能頭数:18頭/登録頭数:xx頭

 

出走予定馬 ※登録馬発表前の想定

  • アスクワイルドモア
  • クロミナンス
  • サトノグランツ
  • シュトルーヴェ
  • ディアスティマ
  • ヒートオンビート
  • マイネルウィルトス
  • メイショウブレゲ
  • レッドバリエンテ

 

neos

今週の無料情報

5/19(日) オークス(G1)

的中実績

5/12(日) ヴィクトリアM(G1) 393,750円
(3連複 10点×900円=計9000円)

過去データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠2-2-1-1410.5%21.1%26.3%
2枠1-2-2-145.3%15.8%26.3%
3枠2-1-1-1510.5%15.8%21.1%
4枠0-4-1-150.0%20.0%25.0%
5枠1-1-2-165.0%10.0%20.0%
6枠1-0-1-185.0%5.0%10.0%
7枠3-0-0-2311.5%11.5%11.5%
8枠0-0-2-240.0%0.0%7.7%

複勝率では内枠(1-4)24.7%、外枠(5-8)12.0%で圧倒的に内枠有利。1~5枠まで複勝率が20%以上「複勝率では断然内枠がおすすめ!」です。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-1-1-80.0%10.0%20.0%
先行2-2-3-315.3%10.5%18.4%
差し6-6-6-538.5%16.9%25.4%
追込2-1-0-464.1%6.1%6.1%
捲り0-0-0-10.0%0.0%0.0%

連対率16.9%・複勝率25.4%で差し馬がTop、馬券検討の際に中心視にするのは差し馬が良さそうですね~!

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
11-2-3-410.0%30.0%60.0%
2~33-1-0-1615.0%20.0%20.0%
4~61-5-1-233.3%20.0%23.3%
7~94-0-4-2213.3%13.3%26.7%
10~1-2-2-741.3%3.8%6.3%

1番人気の複勝率は60%とまずます良好。ただし、勝率では7~9人気・複勝率では4~6人気が結構良いので、少し穴っぽいところを狙ってみたいです。

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳3-2-2-278.8%14.7%20.6%
5歳1-5-2-372.2%13.3%17.8%
6歳4-3-2-359.1%15.9%20.5%
7上2-0-4-404.3%4.3%13.0%

他重賞では4~5歳が強い傾向が見られがちですが、本レースでデータが最も良いのは6歳馬。この点はおさえておくべきでしょう。

 

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
日経賞3-1-1-921.4%28.6%35.7%
ハンブルグC2-2-0-816.7%33.3%33.3%
新潟大賞典2-0-0-918.2%18.2%18.2%
ダイヤモンド1-0-1-320.0%20.0%40.0%
メトロポリタン0-3-2-260.0%9.7%16.1%
日経新春杯0-1-1-10.0%33.3%66.7%
3勝クラス2-1-0-247.4%11.1%11.1%

データ数が10以上とある程度揃っているレースで良いのは、日経賞・ハンブルグCの2つ。該当馬は少しプラス要素として捉えたいと考えています。

 

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着3-2-2-327.7%12.8%17.9%
2着1-3-2-77.7%30.8%46.2%
3着0-1-0-80.0%11.1%11.1%
4着2-0-1-916.7%16.7%25.0%
5着0-1-0-90.0%10.0%10.0%
6~9着2-3-3-433.9%9.8%15.7%
10着~2-0-2-305.9%5.9%11.8%

他重賞ではあまり見られない傾向として、前走6着以下の馬の成績が上位とそこまで差がありません。前走大敗したからといって評価を落とす必要はないと思います。

 

前走場所着別度数勝率連対率複勝率
福島0-1-0-30.0%25.0%25.0%
新潟2-0-0-1016.7%16.7%16.7%
東京2-4-5-533.1%9.4%17.2%
中山4-1-2-1816.0%20.0%28.0%
中京0-1-0-40.0%20.0%20.0%
京都0-1-1-170.0%5.3%10.5%
阪神2-2-2-305.6%11.1%16.7%

データ数に片寄りがあるので、傾向を掴むのが難しいですが、1つ挙げるとしたら、合計数25頭で勝率16.0%/連対率20.0%/複勝率28.0%もある中山はプラス要素だと思います。

 

間隔着別度数勝率連対率複勝率
3週1-3-2-432.0%8.2%12.2%
4週1-1-0-136.7%13.3%13.3%
5~9週6-4-3-4710.0%16.7%21.7%
10~25週1-2-5-292.7%8.1%21.6%

出走間隔が短い馬はあまり良くないです。5週以上の馬を狙うようにしましょう。

 

コース傾向

ハンデキャップ競走として最も古い歴史を持ち、当初は目黒競馬場・距離3400mで春と秋の年2回行われていました。

1933年秋より舞台を東京競馬場に移し、距離は幾度かの変更を経て、1950年秋から現在の2500mに定着しています。更に1984年のグレード制の導入の際にG2に格付け、秋の競走が廃止されて年1回の開催となり現在に至っております。

 

東京・芝2500m

芝2400mのスタート地点を4コーナー方面に100m移したレイアウトのため、芝2400mと似たようなコース特徴。

1コーナーから向正面にかけて緩やかな下り坂のため、前半は平均的に速くなりやすく、向正面の中ほどに上り坂があり、ここでペースが一旦緩みます。その後は2度目の下りを経て、約525mの直線へと向かいます。

前半の坂ではスタミナが必要、後半の平坦部分ではキレ味が要求されます。なお、芝2400mとの違いはスタート直後の坂が100m長いことで、最後の直線をバテずに駆け上がるために、スタミナがより一層求められます。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
晴れ・曇り・雨

馬場
良・稍重・重・不良

使用コース
コース:

レース前日の夜ごろに更新予定です。m(_ _)m

 

展開予想

逃げ:
先行:
差し:
追込:

枠順発表後に更新予定です。m(_ _)m

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:
〇:
▲:
△:

 

レース前日の夜ごろに更新予定です。m(_ _)m

 

 

reholab

今週の無料情報

5/19(日) オークス(G1)

的中実績

5/12(日) ヴィクトリアM(G1) 2,749,920円
(3連単 18点×300円=計5400円)

-重賞レース