【阪神ジュベナイルフィリーズ2023予想】上位人気馬の不安要素・コース傾向・過去データ

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/4/21(日)、マイラーズカップ(G2・芝1600m)が京都競馬場で開催。 データ分析結果 ...

2

2024/4/21(日)、フローラステークス(G2・芝2000m)が東京競馬場で開催。 データ分析結 ...

3

2024/4/28(日)、天皇賞春(G1・芝3200m)が京都競馬場で開催。 データ分析結果から「道 ...

2023/12/10(日)、阪神ジュベナイルフィリーズ(G1・芝1600m)が阪神競馬場で開催。

出走予定馬の紹介、過去データ/コース傾向分析、及び、本レースの予想を行います。

 

出走馬・騎手

出走馬

馬名性齢騎手
1コスモディナー牝2松岡
2クイックバイオ牝2モリス
3キャットファイト牝2大野
4ニュージェネラル牝2田口
5スプリングノヴァ牝2和田竜
6ステレンボッシュ牝2ルメール
7アスコリピチェーノ牝2北村宏
8プシプシーナ牝2浜中
9テリオスルル牝2古川吉
10コラソンビート牝2横山武
11スウィープフィート牝2永島
12シカゴスティング牝2鮫島駿
13カルチャーデイ牝2酒井
14サフィラ牝2松山
15ナナオ牝2西村淳
16ルシフェル牝2ムルザバ
17ミライテーラー牝2中井裕
18ドナベティ牝2坂井瑠

 

neos

今週の無料情報

4/21(日) マイラーズC(G2)

的中実績

4/13(土) 中山GJ(JG1) 508,750円
(3連単 20点×500円=計10000円)

過去10年データ

本レースの過去10年データ(2013~2022年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠2-0-0-1810.0%10.0%10.0%
2枠1-1-3-155.0%10.0%25.0%
3枠1-0-1-185.0%5.0%10.0%
4枠1-2-0-175.0%15.0%15.0%
5枠2-3-1-1410.0%25.0%30.0%
6枠1-2-3-145.0%15.0%30.0%
7枠1-1-2-253.4%6.9%13.8%
8枠1-1-0-273.4%6.9%6.9%

複勝率を見ると内枠(1-4)15.0%・外枠(5-8)18.4%と外枠が優勢。枠単体では5~6枠が30.0%でTop、一方は8枠は一桁台と苦戦してますね。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ1-0-0-910.0%10.0%10.0%
先行3-1-1-367.3%9.8%12.2%
差し5-6-8-536.9%15.3%26.4%
追込1-3-1-501.8%7.3%9.1%

連対率/複勝率では差し馬が最も良い成績です。マイルCSのときもお伝えしましたが、阪神外回りの1600mは差しが届きます!

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
15-1-0-450.0%60.0%60.0%
2~32-5-3-1010.0%35.0%50.0%
4~63-1-5-2110.0%13.3%30.0%
7~90-1-1-280.0%3.3%6.7%
10~0-2-1-850.0%2.3%3.4%

上位人気ほど成績が良く、他の重賞でもよく見られる一般的な傾向。2連系なら3番人気以内、3連系なら6番人気以内の馬を軸にするのが良いと考えています。

 

前走レース名

  • アルテミスS(G3):5-3-3-18/29
  • ファンタジーS(G3):2-0-2-31/35
  • 1勝クラス:1-3-2-44/50
  • 新馬:0-1-0-12/13
  • 未勝利:0-0-0-10/10

ファンタジーS組は不振で1勝クラス組とあまり差がないです。連対率27.6%・複勝率37.9%を誇るアルテミスS組を中心視したいと思います。

 

前走着順

  • 1着:8-7-4-73/92
  • 2着:2-1-4-21/28
  • 3着:0-1-1-6/8
  • 4着:0-0-0-9/9
  • 5着:0-1-0-8/9
  • 6~9着:0-0-1-19/20
  • 10着~:0-0-0-12/12

1着と2着以下では下記のとおり。前走1着馬が優勢でプラス要素と考えるべきでしょう~!

 

着順着別度数勝率連対率複勝率
18-7-4-738.7%16.3%20.7%
2~2-3-6-752.3%5.8%12.8%

 

コース傾向

前身の「阪神3歳牝馬ステークス」は1991年に牝馬限定に変更され、その年にデビューした若駒のチャンピオン決定戦でした。2001年に馬齢表示の国際基準への変更に伴い、競走名を「阪神ジュベナイルフィリーズ」と改称されました。

 

阪神芝1600mはバックストレッチからのスタート。外回りの3~4コーナーをぐるっと回って直線に入るワンターンの形態です。

右回りのコースでスタートから4コーナーまで平坦、勾配差はほぼ0mに近いと言っても過言ではありません。直線は473.6m。残り600m付近の4コーナー終盤から2m下り、更にゴール直前の200mで2mの坂が待ち受けています。

 

序盤は平坦でそこから下り坂ということもあり、ペースが極端に遅くなることは少ないです。また、最後に坂があるため、スタミナ切れでバテる馬も多く、底力が問われる傾向があります。

 

当該コースデータ

2022年以降のレース結果(阪神・芝1600m)を対象にデータを抽出しました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠8-17-21-1035.4%16.8%30.9%
2枠17-15-15-10811.0%20.6%30.3%
3枠10-15-13-1236.2%15.5%23.6%
4枠17-7-12-13410.0%14.1%21.2%
5枠15-15-8-1368.6%17.2%21.8%
6枠12-12-14-1506.4%12.8%20.2%
7枠12-9-19-1875.3%9.3%17.6%
8枠19-20-8-1987.8%15.9%19.2%

複勝率:内枠(1-4) 26.3%、外枠(5-8) 19.5%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ20-9-9-7218.2%26.4%34.5%
先行37-54-47-2729.0%22.2%33.7%
差し42-38-38-4058.0%15.3%22.6%
追込11-8-16-3862.6%4.5%8.3%
捲り0-1-0-30.0%25.0%25.0%

複勝率:逃げ/先行 33.8%、左記以外 16.2%

 

上位人気馬の見解

上位人気が予想される馬の見解と不安要素を述べたいと思います。

 

サフィラ

2023年10月28日 東京 アルテミスS(G3)
2着 (2人気) 芝1600 良 (松山)

2023年9月30日 阪神 2歳未勝利
1着 (1人気) 芝1800 良 (松山)

2023年8月5日 新潟 2歳新馬
3着 (1人気) 芝1600 良 (松山)

兄弟にG1ウィナーのサリオス、重賞ウィナーのサラキアがいる血統。初重賞タイトルをG1制覇で飾れるかに注目が集まります。

 

不安要素

血統的には中距離あたりがベストか!? 前走よりも相手は強くなるので、マイルで力を発揮することができるでしょうか。

 

コラソンビート

2023年11月4日 東京 京王杯2歳S(G2)
1着 (1人気) 芝1400 良 (横山武)

2023年8月6日 新潟 ダリア賞
1着 (1人気) 芝1400 良 (戸崎)

2023年6月25日 東京 2歳未勝利
1着 (1人気) 芝1600 良 (戸崎)

未勝利から3連勝で重賞勝利。新馬戦で負けた相手はボンドガール・チェルヴィニアなので、実績に関して言うまでもないでしょう。

 

不安要素

競馬が上手な点はプラス要素だと思いますが、京王杯2歳S(G2)のレースレベルは他重賞と比較すると少し落ちる印象です。

 

アスコリピチェーノ

2023年8月27日 新潟 新潟2歳S(G3)
1着 (1人気) 芝1600 良 (北村宏)

2023年6月24日 東京 2歳新馬
1着 (1人気) 芝1400 良 (ルメール)

新馬戦は後方から、前走は5番手から33.3秒の脚を使って差し切り、2戦2勝でG1の舞台へと向かいます。

 

不安要素

新潟2歳Sの勝ち馬は過去10年で4頭出走し、0-1-0-3とハープスターの2着が最高。3か月ぶり&関西圏のレースと条件は楽でないでしょう。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
晴れ

馬場

使用コース
Aコース:1週使用しましたが、大きな傷みもなく引き続き良好な状態

阪神JFと同条件で土曜に行われたリゲルSは先行した3頭で決まりました。ただし、古馬マイル戦で前半47.7秒はかなりスローなので、あまり参考にはならないと思います。

先週は差しも決まっていましたね。馬場が非常に良いので、道中は内目を通って直線で外に出すのが理想的だと思います。

 

展開予想

逃げ:⑨
先行:④⑧⑬⑮
差し:①③⑤⑥⑦⑩⑭⑱
追込:②⑪⑫⑯⑰

2歳のレースなので、展開予想が当たる可能性は低いと前置きしといて、逃げるのは⑨テリオスルルですかね。

上位人気が予想される③⑦⑩⑭はいずれも中団からの競馬になりそう。瞬発力勝負になるかなと思います。

 

競りかける馬がいれば、昨年のように45秒台前半のハイペースもありますが、折り合いを欠く馬はいれど、隊列は出たなりで決まりそうなので、前半が46秒台の平均ペースと予想します。

よって、展開による前有利/後ろ有利とかなく、どの馬にもチャンスはあるでしょう。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:⑥ステレンボッシュ
〇:⑭サフィラ
▲:⑩コラソンビート
△:⑤⑧

 

本命はステレンボッシュ。札幌・中山・東京と舞台を問わず結果を出しており、阪神でも実力を出せると思います。

中団待機から近走のように直線で鋭い差し脚が使えれば、間違いなく勝ち負けでしょう。

 

対抗はサフィラ。前走はチェルヴィニアに完敗でしたが、上がり33.4秒はやはり実力があります。

14番なので終始外を回る形の競馬になりそうですが、データ的には外枠の方が好成績なので、大丈夫と判断しました。

 

3番手はコラソンビート。競馬センスが非常に良い印象がありますね。

前日時点では僅差ながら1番人気。3連勝は実力がないとできないですし、完成度の高さを評価しました。

 

あとは、大穴クラスの⑤スプリングノヴァ・⑧プシプシーナまでを馬券の買い目に入れます。

券種はオーソドックスな馬連・3連複でオッズ見ながら、BOXにするかどうか決めたいと思います!

 

baxis

期間限定特典

1万円分のポイントをプレゼント

的中実績

4/13(土) 中山 3連単 568,900円
4/13(土) 阪神 3連単 846,050円

-重賞レース2023