【朝日杯フューチュリティステークス2023予想】上位人気馬の不安要素・コース傾向・過去データ

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/3/3(日)、報知杯弥生賞ディープインパクト記念(G2・芝2000m)が中山競馬場で開催。 ...

2

2024/3/10(日)、金鯱賞(G2・芝2000m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「開幕 ...

3

2024/3/24(日)、高松宮記念(G1・芝1200m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「 ...

2023/12/17(日)、朝日杯フューチュリティステークス(G1・芝1600m)が阪神競馬場で開催。

出走予定馬の紹介、過去データ/コース傾向分析、及び、本レースの予想を行います。

 

出走馬・騎手

出走馬

馬名性齢騎手
1エコロヴァルツ牡2武豊
2ミルテンベルク牡2ムルザバ
3ジャンタルマンタル牡2川田
4サトミノキラリ牡2津村
5タガノエルピーダ牝2団野
6セットアップ牡2横山武
7オーサムストローク牡2坂井瑠
8ダノンマッキンリー牡2ルメール
9クリーンエア牡2鮫島駿
10バンドシェル牡2池添
11タイキヴァンクール牡2浜中
12タガノデュード牡2古川吉
13ナムラフッカー牡2松山
14ジューンテイク牡2Mデム
15エンヤラヴフェイス牡2幸英明
16アスクワンタイム牡2岩田望
17シュトラウス牡2マーカン

 

yokodabi

今週の無料情報

3/3(日) 弥生賞(G2)

的中実績

2/18(日) 小倉大賞典(G3) 639,780円
(3連単 600円×18点=計10800円)

過去10年データ

本レースの過去10年データ(2013~2022年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠4-1-0-1322.2%27.8%27.8%
2枠0-0-3-170.0%0.0%15.0%
3枠2-2-0-1610.0%20.0%20.0%
4枠1-2-2-155.0%15.0%25.0%
5枠1-2-1-165.0%15.0%20.0%
6枠0-3-0-170.0%15.0%15.0%
7枠0-0-4-180.0%0.0%18.2%
8枠2-0-0-218.7%8.7%8.7%

内外に分類してみると、複勝率は内枠(1-4)21.8%に対し、外枠(5-8)15.3%と劣勢。枠単体では1枠が勝率/連対率で圧倒しており、8枠は複勝率で唯一1ケタ台となってます。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-0-1-90.0%0.0%10.0%
先行5-2-2-2913.2%18.4%23.7%
差し4-7-6-506.0%16.4%25.4%
追込1-1-1-452.1%4.2%6.3%

過去の記事でもお伝えしてきましたが、阪神外回りのマイルG1では差し馬がよく馬券に絡むという裏付けになっていますね~。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
14-2-2-240.0%60.0%80.0%
2~33-4-3-1015.0%35.0%50.0%
4~62-1-2-256.7%10.0%16.7%
7~91-2-0-273.3%10.0%10.0%
10~0-1-3-690.0%1.4%5.5%

上位人気が良いのは言うまでもないですが、1番人気の複勝率80.0%・2~3番人気の複勝率50.0%は中でもかなり優秀な数字です。

 

前走レース名

  • サウジRC(G3):3-2-1-4/10
  • デイリー2歳S(G2):1-4-2-18/25
  • 京王杯2歳S(G2):0-2-2-24/28
  • OPクラス:1-0-2-22/25
  • 1勝クラス:3-1-1-29/34
  • 新馬:1-0-1-4/6
  • 未勝利:1-0-1-12/14

2016年にG3格付けされたサウジRC、出走頭数は10頭と少なめですが、連対率50.0%は破格の数字ですので、該当馬は積極的に狙いたいです!

 

前走着順

  • 1着:10-6-8-63/87
  • 2着:0-2-1-23/26
  • 3着:0-0-1-10/11
  • 4着:0-1-0-6/7
  • 5着:0-0-0-7/7
  • 6~9着:0-1-0-18/19
  • 10着~:0-0-0-6/6

前走2着以下に敗れて本番で馬券内に来たのは過去10年で6頭だけ。勝ち馬に関しては10頭全て前走1着という状況ですので、大幅なプラス要素と捉えてよいでしょう。

 

コース傾向

1949年に関東地区における旧表記3歳馬のチャンピオン決定戦として「朝日杯3歳ステークス」が創設され、中山競馬場を開催されていました。

また、馬齢表示の国際基準への変更に伴い、2001年に競走名が「朝日杯フューチュリティステークス」に改称され、2014年に阪神競馬場へ舞台が移っております。

 

阪神芝1600mはバックストレッチからのスタート。外回りの3~4コーナーをぐるっと回って直線に入るワンターンの形態です。

右回りのコースでスタートから4コーナーまで平坦、勾配差はほぼ0mに近いと言っても過言ではありません。直線は473.6m。残り600m付近の4コーナー終盤から2m下り、更にゴール直前の200mで2mの坂が待ち受けています。

 

序盤は平坦でそこから下り坂ということもあり、ペースが極端に遅くなることは少ないです。また、最後に坂があるため、スタミナ切れでバテる馬も多く、底力が問われる傾向があります。

 

当該コースデータ

2022年以降のレース結果(阪神・芝1600m)を対象にデータを抽出しました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠8-17-21-1035.4%16.8%30.9%
2枠17-15-15-10811.0%20.6%30.3%
3枠10-15-13-1236.2%15.5%23.6%
4枠17-7-12-13410.0%14.1%21.2%
5枠15-15-8-1368.6%17.2%21.8%
6枠12-12-14-1506.4%12.8%20.2%
7枠12-9-19-1875.3%9.3%17.6%
8枠19-20-8-1987.8%15.9%19.2%

複勝率:内枠(1-4) 26.3%、外枠(5-8) 19.5%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ20-9-9-7218.2%26.4%34.5%
先行37-54-47-2729.0%22.2%33.7%
差し42-38-38-4058.0%15.3%22.6%
追込11-8-16-3862.6%4.5%8.3%
捲り0-1-0-30.0%25.0%25.0%

複勝率:逃げ/先行 33.8%、左記以外 16.2%

 

上位人気馬の見解

上位人気が予想される馬の見解と不安要素を述べたいと思います。

 

ジャンタルマンタル

2023年11月11日 京都 デイリー杯2歳S(G2)
1着 (1人気) 芝1600 稍重 (鮫島駿)

2023年10月8日 京都 2歳新馬
1着 (2人気) 芝1800 良 (鮫島駿)

前走は新馬戦と同じく先行する形で直線抜け出し2馬身差の快勝。まだデビューして2戦目ですが、競馬のセンスが抜群だと感じられる1頭です。

 

不安要素

デイリー杯組は連対率/複勝率はソコソコ良いですが、勝率は4.0%と過去25頭出走して1頭しか勝利してません。馬券の軸としては有力ですが、他馬に足をすくわれる危険性あり!?

 

シュトラウス

2023年11月18日 東京 東スポ2歳S(G2)
1着 (4人気) 芝1800 良 (モレイラ)

2023年10月7日 東京 サウジRC(G3)
3着 (2人気) 芝1600 良 (ルメール)

2023年6月3日 東京 2歳新馬
1着 (1人気) 芝1600 不良 (レーン)

サウジRCでは人気を裏切る形になったものの、前走は3番手追走から勝利し、見事に重賞制覇を成し遂げました。

 

不安要素

東スポ組は過去10年で0-1-0-8とかなり苦戦傾向。関東馬で東京コースしか出走経験がないため、関西圏への初輸送&右回りの阪神で前走と同じパフォーマンスを出せるでしょうか。

 

ダノンマッキンリー

2023年11月19日 京都 秋明菊賞
1着 (1人気) 芝1400 良 (川田)

2023年9月30日 阪神 2歳新馬
1着 (1人気) 芝1400 良 (川田)

前走は8頭立ての6番手とやや後方に位置し、直線では外から楽々と差し切り2戦2勝と本番に望みます。

 

不安要素

1勝クラスからの参戦、かつ、1600m以上未経験の馬は過去データ上、好走例があまりないため、その点を覆せるでしょうか。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
晴れ

馬場

使用コース
Aコース:大きな傷みも無く引き続き全体的に良好な状態

阪神外回りのマイルで行われたレースを振り返ると、先週の阪神JFと土曜の10R 甲東特別の2つ。

どちらも外に出した馬が伸びて1~3着を独占。真ん中より内を通った馬が馬券内に来てないので、明らかに外差しの傾向と判断しています。

 

展開予想

逃げ:⑥
先行:①③④⑦
差し:②⑤⑧⑨⑩⑪⑫⑰
追込:⑬⑭⑮⑯

デビューから3戦連続で逃げている⑥セットアップが先手をとるでしょう。上位人気では①③が先行、⑧⑰が中団あたりの位置で競馬を進めると思います。

ペース予想は難しいですが、外から競りかけそうな馬も見当たらないので、半マイル46秒台の平均ペースと予想します。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:⑦オーサムストローク
〇:⑰シュトラウス
▲:③ジャンタルマンタル

 

本命は⑦オーサムストローク。絶好の枠順になったと思います。

逃げ馬の外で良いポジションを取れそうですし、直線で馬場の真ん中あたりに出せれば、良い脚を使ってくれるでしょう。

 

対抗は⑰シュトラウス。大外に入ったのはあまり歓迎とは言えないかもですね。

ただ、外から伸びてきそうなのはこの馬しか考えられなかったので、2番手評価としました。

 

3番手に③ジャンタルマンタル。この馬が一番人気になりそうですね。

実績上位でここ2戦見ると競馬のセンスが抜群。馬場傾向として何かに差される可能性もありますが、外せない1頭でしょう。

 

あとは、買いたい馬がおらず、人気馬中心の予想になったので、この3頭で勝負しようと思います!

 

ranking

今週の無料情報

詳細ページにてご確認ください!

要Check!

信頼できる競馬予想サイトから的中率・回収率が優秀なものを厳選してご紹介します!

-重賞レース