【キズナ】武豊騎手と築いた絆で復活のダービー制覇

ディープインパクト×キャットクイルの牡馬として、2010年に生を受けたキズナ。

母は桜花賞・秋華賞・エ女王杯を制したファレノプシスも輩出した名牝である。

 

人同士のつながりの大切さを示す「絆」の意を込めて、この世代の1番馬に名付けられた。

武豊騎手との出逢い、父仔制覇となる日本ダービーでの勝利など、戦績を振り返る。

 

 

『業界トップの情報制度を誇るサイトができました!』

・有力メディア
・関係者
・厩舎
・調教師

など、様々なジャンルに強力なパイプを持つ競馬WAVE!

※一般紙には決して乗らない情報を持っているからこそ狙える馬を導いてくれます!

今週はオールカマーで厳選された1頭を既にサイト上で公開しております!

情報を無料登録だけで教えてくれるそうなので是非登録してみてください!

『競馬WAVE』が目をつける『注目馬ピックアップ』

<オールカマーの情報が公開されています>

こちらから確認できます!

高額的中連発!業界No.1の情報で帯封への道を進んで下さい。

サイトの名前の通り、万馬券のビックウェーブが待っています!

さらに!サイト内では今週の激アツ一押しの1頭を紹介してくれており、こんな良心的なサイトが今まであったかなというレベル!

是非この機会に激アツ裏情報を受け取って下さい!しかも、ここまで良心的であり、そして的中実績のある強烈なサイトが登録無料!

このチャンスは絶対に逃さないでください!

⇒ 無料登録はこちら

 

戦績・賞金

血統、通算成績/競走成績は以下のとおり。

 

血統

父:ディープインパクト
母:キャットクイル

佐々木晶厩舎(栗東)
前田晋二、ノースヒルズ

 

通算成績

14戦7勝 (7-1-2-4)

本賞金:4億4170万円
収得賞金:1億0725万円

 

競走成績

日付 レース名 距離 人気 着順 単勝 騎手
15.5.3 天皇賞春(G1) 芝3200 1 7 3.3 武豊
15.4.5 産経大阪杯(G2) 芝2000 1 2 1.4 武豊
15.2.15 京都記念(G2) 芝2200 2 3 2.3 武豊
14.5.4 天皇賞春(G1) 芝3200 1 4 1.7 武豊
14.4.6 産経大阪杯(G2) 芝2000 2 1 2.4 武豊
13.10.6 凱旋門賞(G1) 芝2400 - 4 - 武豊
13.9.15 ニエル賞(G2) 芝2400 - 1 - 武豊
13.5.26 東京優駿(G1) 芝2400 1 1 2.9 武豊
13.5.4 京都新聞杯(G2) 芝2200 1 1 1.4 武豊
13.3.23 毎日杯(G3) 芝1800 1 1 1.5 武豊
13.3.3 弥生賞(G2) 芝2000 3 5 6.4 武豊
12.12.22 ラジオNI賞(G3) 芝2000 2 3 2.9 武豊
12.11.11 黄菊賞500 芝1800 1 1 2.0 佐藤哲三
12.10.7 新馬 芝1800 1 1 2.0 佐藤哲三

 

経歴

名手との出逢い、ダービー制覇

新馬戦、黄菊賞と2連勝を飾り、ラジオNIKKEI杯2歳Sへ向かうこととなった。

主戦の佐藤哲三騎手が負傷休養のため、このレースから武豊騎手が手綱を取ることになった

 

しかし、結果は3着となり、初の黒星を喫してしまう。

そして、年明け初戦の弥生賞も結果が振るわず、5着に敗れた。

 

皐月賞の優先出走権が得られなかったため、次走に毎日杯を選択した。

ハイペースの後方に位置取り、直線は豪快に外から追い込み、2着に3馬身差を付けて快勝する。

 

陣営は皐月賞を回避し、大目標であるダービー制覇を見据えて、京都新聞杯に参戦した。

ここでも素晴らしい末脚が炸裂、重賞連勝を飾って本命候補に名乗りをあげた。

 

そして、迎えた本番。単勝2.9倍の1人気に支持された道中は、前2走と同じく後方待機策。

直線は外に持ち出し、上がり33.5秒の末脚でエピファネイアを捉え、1/2馬身差をつけ優勝した。

 

 

最初はなかなか結果が出なかったが、1戦毎に絆を深め、念願のダービー制覇を果たした

オーナーサイドが目論んだとおり、世代No.1となった同馬は海外遠征するプランが明かされた。

 

凱旋門賞への挑戦

前哨戦として、本番と同じロンシャン競馬場で開催される3歳限定戦のニエル賞に出走する。

8頭立ての少頭数ながら後方から差し切り、海外で初勝利を挙げた

 

凱旋門賞では、道中後方2番手からレースを進め、フォルスストレートで徐々に位置をあげていく。

そして、直線追い出したが、トレヴ・オルフェーヴル・アンテロに届かず、4着に終わった。

 

帰国後は有馬記念に参戦するプランもあったが、体調が整わなかったため見送り。

国内復帰戦は4月の大阪杯へ、菊花賞馬であるエピファネイアと4度目の対決をすることになった。

 

8頭立ての少頭数となり、復帰戦ということもあって、微差ながら2人気に甘んじた。

その評価を嘲笑うかの如く、直線で全頭を差し切って、見事1着でゴールする。

 

鬼門となった天皇賞春、そして引退へ

2014年、1度目の天皇賞春では、前走の内容から1.7倍で断トツの1人気に支持された。

後方待機から上がり34.0の末脚を繰り出したが、前の3頭を捕らえきれずに4着。

 

その2日後に骨折が判明し、1年近くの長期休養に入ることとなった。

明けて2015年、復帰戦となった京都記念は後方から追い込むも3着に敗れた。

 

続く、大阪杯は断トツの1.4倍に支持されたが、不良馬場も堪えたのか2着。

2度目の天皇賞春はキズナらしさが見られず、7着と生涯で初めて掲示板を外した

 

このまま春シーズンは全休となり、秋シーズンは国内に専念するつもりであった。

しかし、右前繋部浅屈腱炎の発症が判明し、現役を引退することとなった。

 

ディープインパクト、キズナと受け継がれた血脈が仔にも伝わっていくことだろう。

親子3代でのダービー制覇が近い将来実現されることを切に願いたい。

 

おすすめ!競馬予想サイト

無料で使えるサイトをいくつかご紹介します。

メールアドレス登録のみとお手軽ですので、是非一度ご覧になってください!

 

うまとみらいと

うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

トップチーム

トップチーム

おすすめポイント

他社では不可能な万馬券攻略も最先端の
情報にて無限の払い戻しをお届けします。

EXTRA

EXTRA

おすすめポイント

1ランク上のステージにお連れするために
生まれた結果至上主義のサイトです!

-競馬情報
-

© 2020 KEIBA CHANNEL