【武豊騎手】池江泰寿厩舎|関係性良化?2017年の2歳馬情報

      2017/08/14

今年は池江泰寿厩舎から武豊騎手への騎乗依頼が増えております。

これまでの管理馬をおさらいし、最新の騎乗依頼の傾向を探りたいと思います。

 

また、昨年の新馬戦の騎乗依頼は、キーファーズ所有のヴィニー・ユイフィーユの2頭のみでした。

2017年は期待をこめて、注目の新馬/2歳馬情報を最後に記載します。

 

池江泰寿厩舎の代表管理馬

収得賞金の多い順にTop10を一覧にしました。

 

代表管理馬

馬名 性齢 生年 賞金
オルフェーヴル 引退 2008 54085
ドリームジャーニー 引退 2004 30350
サトノダイヤモンド 牡4 2013 30250
ラブリーデイ 引退 2010 27725
トーセンジョーダン 引退 2006 26950
ダノンカモン 引退 2006 11880
サトノノブレス 牡7 2010 11600
オーシャンブルー 引退 2008 11250
トゥザグローリー 引退 2007 10550
サトノアラジン 牡6 2011 9300

 

池江厩舎は何と言っても、オルフェーヴル&ドリームジャーニーの兄弟に集約されますね。

そして、今も光を放ち続けているサトノダイヤモンドが、今後どのような走りをするか楽しみです!

 

あと、Top10に入らなかったG1馬に、2015年のオークス・秋華賞を制したミッキークイーンがいます。

 

武豊騎手の騎乗成績

2017年4月末時点での全騎乗をまとめました。

 

騎乗成績

着別度数 勝率 人気
17 9 4-0-1-4 44.4% 2.1人気
16 14 2-3-3-6 14.3% 2.4人気
15 13 2-4-1-6 15.4% 3.8人気
14 17 3-2-1-11 17.6% 3.3人気
13 9 3-1-0-5 33.3% 2.8人気
12 7 1-0-0-6 14.3% 5.0人気
11 8 1-1-3-3 12.5% 4.0人気
10 13 5-1-2-5 38.5% 2.2人気
09 23 8-3-1-11 34.8% 2.3人気
08 25 5-7-1-12 20.0% 2.2人気
07 28 9-4-1-14 32.1% 1.7人気
06 11 6-2-2-1 54.5% 1.5人気
05 23 6-3-2-12 26.1% 2.1人気
04 6 1-1-0-4 16.7% 1.8人気

 

2015年、2016年と15回弱の騎乗数でしたが、今年は既に9回も騎乗しています!

 

馬主別に見るとキーファーズが中心となりますが、キャロットF里見オーナーの所有馬にも騎乗しております。

2歳馬の新馬戦でも、この傾向が続くことを期待したいと思います。

 

池江泰寿厩舎の騎手起用

2016年と2017年(4月末時点)の騎手起用傾向をまとめてみました。

 

2017年

騎手 騎乗 勝利 勝率 平人気
川田将雅 18 5 27.8% 2.9人気
秋山真一 18 1 5.6% 3.4人気
デムーロ 9 3 33.3% 2.8人気
武豊 9 4 44.4% 2.1人気
シュミノー 8 1 12.5% 4.9人気
フォーリー 7 0 0.0% 5.3人気
ルメール 7 2 28.6% 1.7人気
北村友一 6 1 16.7% 7.3人気
西谷誠 4 1 25.0% 4.3人気

 

2016年

騎手 騎乗 勝利 勝率 平人気
川田将雅 56 16 28.6% 2.8人気
ルメール 26 5 19.2% 2.0人気
デムーロ 22 3 13.6% 2.3人気
ホワイト 20 3 15.0% 5.0人気
藤岡康太 16 1 6.3% 4.3人気
武豊 14 2 14.3% 2.4人気
松山弘平 11 0 0.0% 4.2人気

 

2016年は316回レースに出走していますので、実に20%弱川田騎手へ騎乗を依頼したことになります。

あとは、リーディング上位厩舎の傾向として、ルメール&デムーロ騎手の騎乗回数も多いですね。

 

武豊騎手は14回と若干少ないものの、騎乗馬の単勝人気平均を見ると、勝ち負けになる依頼が多いことがわかりますね!

 

また、2017年は武豊騎手への騎乗依頼が増えております。

幼馴染みの絆は堅いということで、今年は8年ぶりに20回の大台を突破できそうな気がしてます!

 

2017年の新馬/2歳馬情報

入厩が予定されている有力馬/注目馬を何頭かご紹介します。

 

トーセンブレイヴ(牡)
島川隆哉、ノーザンF

父:キングカメハメハ
母:ギーニョ

母はトゥザヴィクトリーの全妹で、クラシックを目指していきたいとのこと。

ちなみに、島川オーナーは3世代ぶりに「トーセン」の冠名が復活したようですね。

 

ジャンダルム(牡)
ノースヒルズ、North Hills Co.

父:Kitten's Joy
母:Believe

米国で繁殖生活を送っているビリーヴの仔で、ファリダットフィドゥーシアの半弟にあたります。

武豊騎手と縁の深いノースヒルズの所有馬です。

 

バイマイサイド(牡)
G1レーシング、追分ファーム

父:ステイゴールド
母:マンティスハント

クロスボウサングレーザーの半弟にあたる血統です。

母はコンスタントに走る産駒を毎年送り出しており、そろそろ大物が出てきても不思議ではありません。

 

ダノンチェリー(牝)
ダノックス、ノーザンF

父:ディープインパクト
母:ウィーミスフランキー

セレクトセールで1億8000万円の高値で落札されました。

育成先でも評価が高いようで、デビューは王道の秋以降でしょうか。

 

お知らせ

人気番組「競馬予想TV!」に出演した予想家の買い目をレース前日に公開!

競馬予想TV/買い目・予想


限定特典「ルリカの当たりますよ~に!!!」の買い目はランキングで発表!

人気ブログランキングへ



フォローしていただくと、予想家の買い目・過去10年の重賞データがひと目でわかりますよ!



ご意見・ご要望については、下記リンクの最下部よりお願いします。

お問い合わせフォーム


おすすめ記事ランキング

1
【神戸新聞杯2017】出走予定馬・想定騎手|過去10年のデータ分析

2017/9/24(日)に神戸新聞杯(G2・芝2400m)が阪神競馬場で開催され ...

2
【オールカマー2017】出走予定馬・想定騎手|過去10年のデータ分析

2017/9/24(日)にオールカマー(G2・芝2200m)が中山競馬場で開催さ ...

3
【武豊騎手】社台レースホース|同系クラブの台頭!不振に喘ぐ理由とは!?

社台系のクラブ法人の代表格であった社台レースホース。 1980年に設立後、199 ...

4
【ダンビュライト】次走は神戸新聞杯より始動!鞍上は武豊騎手!

1勝馬ながらも、皐月賞3着、ダービー6着と春のクラシックは健闘したダンビュライト ...

5
【キタサンブラック】次走は天皇賞秋で始動!その後はJCから有馬記念へ

大阪杯、天皇賞春のG1連勝後、宝塚記念では圧倒的な人気で9着に敗れたキタサンブラ ...

 - 武豊騎手/想定・騎乗予定