【天皇賞春2024予想】道中ロスのない1枠と先行馬を中心視!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/5/19(日)、優駿牝馬(G1・芝2400m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から「連 ...

2

2024/5/26(日)、日本ダービー(G1・芝2400m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から ...

3

2024/5/26(日)、目黒記念(G2・芝2500m)が東京競馬場で開催。 データ分析結果から「複 ...

2024/4/28(日)、天皇賞春(G1・芝3200m)が京都競馬場で開催。

データ分析結果から「道中ロスのない1枠と先行馬を中心視!」。詳細は記事内でご確認ください。

 

出走馬・騎手

出馬表

馬名性齢騎手
1サリエラ牝5武豊
2ヒンドゥタイムズセ8(取消)
3プリュムドール牝6和田竜
4ワープスピード牡5三浦
5ブローザホーン牡5菅原明
6ディープボンド牡7幸英明
7タスティエーラ牡4モレイラ
8ゴールドプリンセス牝4田口
9シルヴァーソニック牡8Mデム
10サヴォーナ牡4池添
11マテンロウレオ牡5横山典
12ドゥレッツァ牡4戸崎
13スカーフェイス牡8松若
14テーオーロイヤル牡6菱田裕
15メイショウブレゲ牡5酒井学
16チャックネイトセ6鮫島駿
17スマートファントム牡4岩田望
18ハピ牡5浜中

 

neos

今週の無料情報

5/19(日) オークス(G1)

的中実績

5/12(日) ヴィクトリアM(G1) 393,750円
(3連複 10点×900円=計9000円)

過去データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠4-0-1-1322.2%22.2%27.8%
2枠1-1-1-155.6%11.1%16.7%
3枠0-1-1-170.0%5.3%10.5%
4枠1-2-4-135.0%15.0%35.0%
5枠0-1-0-190.0%5.0%5.0%
6枠1-3-1-155.0%20.0%25.0%
7枠1-1-0-214.3%8.7%8.7%
8枠2-1-2-237.1%10.7%17.9%

複勝率では内枠(1-4)22.7%、外枠(5-8)14.3%と内枠がかなり優勢。枠単体ではタイトルにも記載したとおり、道中ロスのない1枠が良い成績を残してますので、1枠に入った馬は要Check!

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ2-0-0-1016.7%16.7%16.7%
先行4-8-5-2010.8%32.4%45.9%
差し3-2-5-663.9%6.6%13.2%
追込0-0-0-390.0%0.0%0.0%
捲り1-0-0-0100%100%100%

逃げ馬はマークされる分、成績がそこまで良いとは言えないですが、圧倒的に強いのが先行馬。3200mの長距離レースですので、直線に入るまでにある程度の前目にいないと厳しそうですね。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
13-3-0-430.0%60.0%60.0%
2~36-1-2-1130.0%35.0%45.0%
4~61-3-5-213.3%13.3%30.0%
7~90-1-1-280.0%3.3%6.7%
10~0-2-2-720.0%2.6%5.3%

上位人気が順当に好成績を残しているデータとなってます。複勝率が1桁台の7番人気以下はマイナス要素と考えていいでしょう。

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳4-2-4-3010.0%15.0%25.0%
5歳5-3-1-3810.6%17.0%19.1%
6歳1-4-2-332.5%12.5%17.5%
7上0-1-3-350.0%2.6%10.3%

勝率を見ると、4~5歳馬を中心視すべきでしょう。ただ、年齢を重ねるごとに成績が悪くなるのは、他重賞でも見られる一般的な傾向である点を補足しておきます。

 

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
阪神大賞典3-5-4-494.9%13.1%19.7%
日経賞3-2-3-426.0%10.0%16.0%
ダイヤモンド0-1-1-160.0%5.6%11.1%
大阪杯2-1-0-525.0%37.5%37.5%
有馬記念1-0-0-0100%100%100%
AJCC1-0-0-150.0%50.0%50.0%
日経新春杯0-1-0-00.0%100%100%

成績が良い下4つの重賞はサンプル数が10頭未満と少ないため、信頼度は低め。一方、50頭以上いる阪神大賞典と日経賞はそこまで成績が良くないです。結論として、前走レースはそこまで気にする必要はないかと。

 

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着5-5-5-2113.9%27.8%41.7%
2着2-1-2-227.4%11.1%18.5%
3着1-1-1-184.8%9.5%14.3%
4着1-0-2-126.7%6.7%20.0%
5着1-1-0-136.7%13.3%13.3%
6~9着0-1-0-350.0%2.8%2.8%
10着~0-1-0-140.0%6.7%6.7%

パッと見て分かるとおり、顕著な傾向がみられるデータです。馬券内30頭中、過半数の15頭が前走1着馬。複勝率は40%を超える成績となっていますので、とにかく前走1着馬をオススメします!

 

前走場所着別度数勝率連対率複勝率
東京0-1-1-190.0%4.8%9.5%
中山5-2-3-459.1%12.7%18.2%
中京0-0-0-40.0%0.0%0.0%
京都0-1-1-60.0%12.5%25.0%
阪神5-6-4-596.8%14.9%20.3%
海外0-0-1-10.0%0.0%50.0%

データ的に使えそうなのは、東京21頭・中山55頭・阪神74頭の3つでしょうか。この中では前走東京組が明らかに悪いので、少しマイナス要素として捉えておきたいです。

 

間隔着別度数勝率連対率複勝率
2~3週0-0-0-50.0%0.0%0.0%
4週2-1-0-622.2%33.3%33.3%
5~9週6-7-8-985.0%10.9%17.6%
10~25週2-2-2-266.3%12.5%18.8%

これといって強調できるデータはないので、レース間隔から得られる傾向はなさそうです。

 

コース傾向

天皇賞春は京都・芝3200mを舞台に長い歴史を誇る競走で、1905年に創設されたエンペラーズカップが前身です。

長年、古馬芝3200mの条件で行われていた天皇賞ですが、1984年の番組変革により秋を芝2000mに短縮し、1987年からは3歳馬が出走できるようになりました。

これにより、春は古馬のステイヤーNo.1を、秋は3歳以上の中距離No.1を決めるレースに棲み分けがされて、現在へと至っております。

 

京都・芝3200m(外回り)

2コーナーを過ぎたあたりからのスタートで、外回りコースを1周半するレイアウト。

京都の長距離戦の大きな特徴として、向正面~3コーナーにかけてアップダウンを2回繰り返すため、そこでスタミナ切れをしないことが好走条件の1つです。

 

また、2周目の3コーナー下りからはラストスパートが始まって、ゴールまでの約800mは全力を尽くしての攻防が続きます。

直線は平坦で上がりが速くなりやすいため、スタミナに加えて切れ味も求められるのが、2つ目の好走条件と言えるでしょう。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
晴れ

馬場

使用コース
Aコース:向正面から外回り3コーナーの内側にわずかな傷みあり

土曜の京都は曇りでしたが、芝ダートとも全レース良馬場で行われました。そして、日曜の天気予報は晴れ、雨の心配は全くなさそうなので、かなり乾いた状態の良馬場での開催となるでしょう。

それでは土曜の芝レース結果を振り返り、芝コースの傾向を掴みたいと思います。

 

土曜は5レースが芝で行われました。4R・5R・10Rは1800m以下で逃げ馬or先行馬が勝利、6R・9Rは2000m以上で差し馬が勝利となったようです。

全体的な印象として、開幕2週目ですが差しが決まっている印象。また、内外の比較ではわずかな傷みはあるものの、やはりまだ内を通った馬が上位に来ておりますね。

 

展開予想

逃げ:⑪
先行:①⑥⑦⑩
差し:②④⑤⑧⑨⑫⑭⑯⑰
追込:③⑬⑮⑱

明確な逃げ馬は不在、候補としては前走逃げた⑪マテンロウレオと菊花賞で2コーナーまで先頭だった⑫ドゥレッツァ

可能性として高いのは⑪かなと思います。ただ、横山典騎手なので、後方ポツンもあるかもですが・・(笑)

 

3200mの長丁場&逃げ馬不在となれば、ペースは落ち着きそうですね。スローと予想します。

開幕2週目で内ラチ沿いの馬場が荒れてないので、道中は経済コースを通れる内枠の先行馬が狙い目になりそう。

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:①サリエラ
〇:⑤ブローザホーン
▲:④ワープスピード
△:⑫⑭

 

本命は①サリエラ。長距離は騎手で買え!とも言われますが、京都コースを知り尽くした武豊騎手は非常に心強い。

絶好の1枠に入ったので、前走のようにスタート5分に出て、前目の位置が取れれば、勝ち負けできると見てます。

 

対抗は⑤ブローザホーン。2400m以上のレースでは安定感がありますし、今年に入ってから重賞も勝利しました。

下級クラスのときは使い詰め気味でしたが、OP入りしてから間隔も空けているので、力を発揮できるでしょう。

 

3番手は④ワープスピード。前日時点では単勝20倍台の6~7番人気なので、この人気なら積極的に買いたいです。

半姉ディヴァインラヴは菊花賞3着、この馬も長距離で結果残してますので、道中で内をロスなく回れば一発あるかも!?

 

あとは人気の2頭、⑫ドゥレッツァ・⑭テーオーロイヤルまでおさえます。

買い目は馬連BOX①④⑤、3連複①-④⑤⑫⑭の計9点で勝負!!

 

reholab

今週の無料情報

5/19(日) オークス(G1)

的中実績

5/12(日) ヴィクトリアM(G1) 2,749,920円
(3連単 18点×300円=計5400円)

-重賞レース