イチオシ!競馬予想サイト

おすすめ

30日間満足保証!確かな情報を基礎とし、
投資する価値のある馬券のみ購入します。

お知らせ

会員登録が完了後、毎週末の買い目を
完全無料&無制限で提供させて頂きます。

※ 今週の厳選無料情報は要Check ※

 

【友道康夫厩舎】武豊騎手との関係性をデータから振り返る

投稿日:2018-12-26 更新日:

マカヒキ、ワグネリアンと2度のダービー制覇を成し遂げた友道康夫調教師。

2013年から6年連続でG1勝利、年間40勝前後と近年活躍が目覚ましいトレーナーの1人です。

 

近年に騎乗依頼が来るようになり、良好となった友道厩舎×武豊騎手に注目していました。

データから武豊騎手との関係性を振り返りたいと思います。

 

騎乗成績一覧

2018年までの武豊騎手×友道厩舎の騎乗成績を一覧にまとめてみました。

 

騎乗成績一覧

着別度数 勝率 平均
18 13 4-2-4-3 30.8% 3.2人気
17 7 2-3-1-1 28.6% 2.1人気
16 0 0-0-0-0
15 1 1-0-0-0 100% 3.0人気
14 0 0-0-0-0
13 1 0-0-0-1 0.0% 3.0人気
12 0 0-0-0-0
11 0 0-0-0-0
10 0 0-0-0-0
09 2 0-0-1-1 0.0% 3.5人気
08 0 0-0-0-0
07 1 0-0-0-1 0.0% 3.0人気
06 2 0-0-1-1 0.0% 1.0人気
05 8 1-1-0-6 12.5% 2.1人気
04 1 0-0-0-1 0.0% 1.0人気
03 5 1-0-2-2 20.0% 1.6人気

 

2018年は遂に騎乗依頼数が2桁に到達しました!

騎乗依頼の質は若干落ちたものの、勝率は30%を超え、この成績は素晴らしいと思います。

 

友道厩舎は武豊騎手と懇意にしているオーナーの競走馬をほとんど預かってないんですよね。

どのような依頼が来ているのか? その辺りを少し掘り下げてみたいと思います。

 

騎乗成績詳細

2017年と2018年の騎乗成績詳細を比較したいと思います。

 

2018

 

2017

 

2018年は金子オーナーが5回、佐々木・大塚オーナーが2回ずつとなっております。

ターニングポイントを考えるとすれば、年明け一発目のユーキャンスマイルかなと思います。

 

今の流れでいくと、外国人騎手などの他の騎手に依頼がいくことが多いように感じます。

一概に比較するのは難しいですが、例を挙げるならモズアスコットレッドヴェイロンとか・・

 

ブラヴァスに関しても、岩田騎手での未勝利勝ちでしたので、普通は手綱が戻ってこないのですが。

こういった馬に再度騎乗できるというのは、信頼の強さの表れとも言えますね。

 

騎手起用

2016~2018年の友道厩舎の騎手起用傾向を比較したいと思います。

年間で10回以上の騎乗があった騎手を一覧化してみました。

 

2018

騎手 着別度数 勝率 平均
岩田 38 9-4-5-20 23.7% 3.9人
藤岡康 34 3-2-3-26 8.8% 6.4人
デムーロ 25 9-5-3-8 36.0% 1.5人
福永 20 5-2-3-10 25.0% 3.2人
武豊 13 4-2-4-3 30.8% 3.2人
川田 12 5-1-0-6 41.7% 4.2人
ルメール 11 2-5-2-2 18.2% 1.7人
荻野極 10 1-1-1-7 10.0% 6.3人
小崎綾 10 1-0-3-6 10.0% 4.7人

 

2017

騎手 着別度数 勝率 平均
藤岡康 38 7-6-3-22 18.4% 4.6人
ルメール 21 4-4-2-11 19.0% 2.0人
福永 17 5-4-1-7 29.4% 3.6人
デムーロ 16 6-0-4-6 37.5% 1.6人
小牧 13 1-2-0-10 7.7% 5.7人
岩田 12 3-0-0-9 25.0% 5.8人
和田 12 3-1-2-6 25.0% 5.2人
戸崎 10 2-2-0-6 20.0% 3.0人
武豊 7 2-3-1-1 28.6% 2.1人

 

2016

騎手 着別度数 勝率 平均
デムーロ 29 10-2-4-13 34.5% 2.4人
福永 24 7-5-3-9 29.2% 3.6人
ルメール 23 9-4-2-8 39.1% 2.7人
和田 17 0-0-0-17 0.0% 7.6人
岩田 16 2-1-1-12 12.5% 5.7人
シュタル 15 1-2-1-11 6.7% 5.7人
藤岡康 14 2-0-1-11 14.3% 6.1人
フォーリ 10 1-0-0-9 10.0% 6.7人

 

過去の友道厩舎のG1馬に、騎乗していた騎手がランキング上位に来ているような印象。

顔ぶれは年々微妙に異なりますが、岩田・福永・デムーロ騎手はあたりが主戦と言えそう。

 

騎乗馬の質で見ると、やはりルメール・デムーロの両外国人騎手。

この2人がリーディング1・2位なので、時代の流れを考えると、そうなってしまいますよね・・

 

代表管理馬

友道厩舎の代表管理馬として、収得賞金が多い順に記載します。

 

代表管理馬

馬名 性齢 生年 賞金
シュヴァルグラン 牡7 2012 28650
ヴィブロス 牝6 2013 25445
ワグネリアン 牡4 2015 16650
アドマイヤジュピタ 抹消 2003 14250
サクラメガワンダー 抹消 2003 12625
ヴィルシーナ 抹消 2009 12225
マカヒキ 牡6 2013 9650
ムスカテール 抹消 2008 9450
パッションダンス 抹消 2008 8250
マーティンボロ 抹消 2009 7250

 

シュヴァルグランは引退を撤回し、2019年も現役を続行。

ヴィブロス、ヴィルシーナを生み出したハルーワスウィートは、名牝と言っても過言ではないですね。

 

ダービーを制したワグネリアンが2019年は、厩舎の看板馬になるのが一般的な見方でしょうか。

明け3歳にも、牡馬はアドマイヤマーズ、牝馬はビーチサンバと世代を牽引しそうな馬がいます。

 

おすすめ!競馬予想サイト

ランキング形式で無料で使えるサイトを紹介。

メールアドレス登録のみとお手軽ですので、一度ご覧になってはいかがでしょうか!

 

【第1位】うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

【第2位】TOP SECRET

おすすめポイント

問い合わせ殺到中!話題の馬主情報!
馬主情報の威力を体感するチャンスです。

【第3位】競馬報道

おすすめポイント

魅力満載のコンテンツ編成で徹底解説!
鉄板級とも言える極秘情報を無料でお届け。

-武豊想定
-

Copyright© KEIBA CHANNEL , 2019 All Rights Reserved.