【武豊騎手】レジェンド記録|4000勝のすべて「武豊を超えていきたい」

Number 913号で武豊騎手の特集で「四千勝のすべて。」が約50ページにわたり掲載されています。

"4000勝"という題材についても、記事をまとめてみたいと思います。

 

EXTRA

extra

今週の無料情報

日本ダービー(G1) ※土曜も無料情報あり!

最近の的中実績

5/15(日) 青竜S 841,380円 (3連単 600円×9点=5400円購入)

5/08(日) 新潟大賞典(G3) 448,280円 (3連単 400円×24点=9600円購入)

競馬界のレジェンド

それでは、始めにデビューした1978年から2016年までの成績を記載します。

なお、対象はJRA所属馬のみとなっていますので、地方・海外所属馬の騎乗は含んでおりません。

 

通算成績

通算勝数騎乗数勝率重賞G1
中央3860202400.19131071
地方1586420.24610030
海外11780.141118
4029209600.192421109

 

2016/9/4にJRA通算20000回騎乗を達成されております。

重賞勝利数が400勝を超えており、その中でG1勝利数も100勝を超えているという桁外れな成績を収めておられます。

 

中央成績詳細

勝数騎乗数勝率重賞G1
2016746670.11162
20151067630.139101
2014866720.12870
2013976490.149112
2012565910.09531
2011646350.10160
2010694130.16761
20091407680.18272
20081436530.21932
20071567130.219153
20061787900.225196
20052128550.248236
20042119120.231173
20032048660.236132
20021334570.291114
2001653550.18353
20001305520.23692
19991788090.220124
19981697490.226223
19971687220.233193
19961597550.211152
19951346930.19382
19941345820.230102
19931376990.196124
19921306060.21531
1991966420.15091
19901167230.16094
19891337260.183114
19881136690.16961
1987695540.12530

 

赤色の年は騎手リーディングを獲得した年になります。

3年目で初のリーディングの座についてから、数えること18回、これがレジェンドと言われる所以だと思います。

 

4000勝振り返り

ざっと年表を振り返りますと、1988年にスーパークリークで菊花賞を制し、G1初勝利となりました。

1990年の有馬記念は今でも語られる「奇跡のラストラン」として、オグリキャップに騎乗して勝利しました。

 

1991年と1992年はメジロマックイーンで天皇賞春連覇を飾りました。

しかし、3連覇がかかった翌年の同レースではライスシャワーに敗れ、達成とはなりませんでした。

 

その後はベガ、ナリタタイシン、ダンスパートナー、ダンスインザダークでクラシックレースを勝利。

そして、1998年にスペシャルウィークで念願のダービー制覇。

 

直線では必死のあまり鞭を落として追い通し、ゴール後は普段はあまり見られないガッツポーズも印象的でした。

 

2001年にはフランスの名門ハモンド厩舎の主戦騎手として海外を拠点に活動されておりました。

日本に留まらず、海外でも積極的に騎乗する武豊騎手が、印象的でした。

 

年間最多勝利記録となっている212勝を挙げた2005年は、ディープインパクトで無敗の3冠を達成した年でもありました。

 

2010年の落馬事故から復帰後は苦しい時期も続きました。

しかし、2013年のキズナで5度目のダービー制覇、2015年には5年ぶりに年間100勝を達成と完全復活を遂げました。

 

騎手生活31年目に突入した2017年は、デビューから31年連続での重賞勝利とまだまだ一線で活躍されております。

 

サンキタ!the compi

compi

2021年度の実績

的中率:55.6%、回収率:124.5%

3連複のメリット

狙いの馬が3着でも的中、上位人気中心の組合せでも高配当が狙える

少点数でも本命サイドから高配当まで広配当域に無理なく対応できる

-競馬情報