【阪神大賞典2024予想】春の長距離戦は1番人気と4歳馬!

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/4/21(日)、マイラーズカップ(G2・芝1600m)が京都競馬場で開催。 データ分析結果 ...

2

2024/4/21(日)、フローラステークス(G2・芝2000m)が東京競馬場で開催。 データ分析結 ...

3

2024/4/28(日)、天皇賞春(G1・芝3200m)が京都競馬場で開催。 データ分析結果から「道 ...

2024/3/17(日)、阪神大賞典(G2・芝3000m)が阪神競馬場で開催。

データ分析結果から「春の長距離戦は1番人気と4歳馬!」。詳細は記事内でご確認ください!

 

出走馬・騎手

出馬表

馬名性齢騎手
1プリュムドール牝6和田竜
2ブローザホーン牡5菅原明
3ディアスティマ牡7ムルザバ
4ジャンカズマ牡6小沢大
5ユーキャンスマイル牡9荻野琢
6テーオーロイヤル牡6菱田裕
7アンタンスルフレセ6岡部誠
8メイショウブレゲ牡5酒井学
9ワープスピード牡5川田
10サヴォーナ牡4池添
11ゴールデンスナップ牝4浜中
12ディープボンド牡7岩田望
13シルヴァーソニック牡8武豊
14ゼーゲンセ9松若
15ショウナンバシット牡4Mデム

 

neos

今週の無料情報

4/21(日) マイラーズC(G2)

的中実績

4/13(土) 中山GJ(JG1) 508,750円
(3連単 20点×500円=計10000円)

過去データ

本レースの過去10年データ(2014~2023年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-1-2-610.0%20.0%40.0%
2枠0-1-2-70.0%10.0%30.0%
3枠1-1-1-89.1%18.2%27.3%
4枠0-1-2-100.0%7.7%23.1%
5枠1-1-1-107.7%15.4%23.1%
6枠1-3-1-116.3%25.0%31.3%
7枠2-1-1-1510.5%15.8%21.1%
8枠4-1-0-1520.0%25.0%25.0%

複勝率では内枠(1-4)29.5%・外枠(5-8)25.0%で内枠が優勢。枠単体では1枠が複勝率40%でTop、長距離戦ではロスなく立ち回れる点が優位となる印象を持ちます。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ0-0-2-80.0%0.0%20.0%
先行5-6-3-2313.5%29.7%37.8%
差し1-2-1-223.8%11.5%15.4%
追込0-1-4-290.0%2.9%14.7%
捲り4-1-0-080.0%100%100%

先行馬が連対率29.7%・複勝率37.8%となっており、他を圧倒しています。一方、逃げ馬はデータ的には苦戦傾向、3~4コーナーで一気にペースアップすることが多く、目標にされる分弱いのかも。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
16-1-1-260.0%70.0%80.0%
2~34-2-4-1020.0%30.0%50.0%
4~60-6-3-210.0%20.0%30.0%
7~90-1-1-280.0%3.3%6.7%
10~0-0-1-210.0%0.0%4.5%

上位人気がかなり優秀で、その中でも1番人気は勝率60%を筆頭に安定感が抜群。馬券対象は上位人気に絞るのも良いでしょう。

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳4-4-3-1019.0%38.1%52.4%
5歳4-3-4-1813.8%24.1%37.9%
6歳2-3-3-216.9%17.2%27.6%
7上0-0-0-330.0%0.0%0.0%

記事のタイトルでも触れたように、4歳馬を中心視したいですね。また、7歳以上は大幅に割り引きが必要かと思います。

 

前走レース着別度数勝率連対率複勝率
有馬記念5-6-2-626.3%57.9%68.4%
AJCC2-0-0-625.0%25.0%25.0%
日経新春杯1-0-1-711.1%11.1%22.2%
ダイヤモンド0-1-2-150.0%5.6%16.7%
京都記念0-0-2-70.0%0.0%22.2%
OPクラス0-0-1-100.0%0.0%9.1%
3勝クラス0-2-1-120.0%13.3%20.0%

有馬記念組が連対率57.9%・複勝率68.4%と前走レースデータではあまりお目にかかれないほど好成績。一線級の明け4~5歳馬がこのローテになることが多い印象です。

 

前走着順着別度数勝率連対率複勝率
1着2-1-2-1410.5%15.8%26.3%
2着2-2-1-325.0%50.0%62.5%
3着1-1-2-120.0%40.0%80.0%
4着0-1-1-90.0%9.1%18.2%
5着1-0-0-127.7%7.7%7.7%
6~9着3-3-1-288.6%17.1%20.0%
10着~1-2-3-154.8%14.3%28.6%

前走2~3着馬がデータ上は良いですが、サンプル数がそれぞれ一桁と少ないので、信頼度は低めかもしれません。

 

前走場所着別度数勝率連対率複勝率
東京1-1-3-233.6%7.1%17.9%
中山8-7-2-1624.2%45.5%51.5%
中京0-0-1-70.0%0.0%12.5%
京都1-1-3-155.0%10.0%25.0%
阪神0-1-1-100.0%8.3%16.7%
その他0-0-0-110.0%0.0%0.0%

上記で触れた有馬記念組の影響が強く、前走中山が最も優秀なデータとなっています。

 

間隔着別度数勝率連対率複勝率
3週0-1-1-100.0%8.3%16.7%
4週0-1-2-200.0%4.3%13.0%
5~9週3-1-3-288.6%11.4%20.0%
10~25週7-7-4-2018.4%36.8%47.4%

コチラも有馬記念組の影響が強いと考えるのが妥当でしょう。年明け初戦の馬を中心に考えたいと思います。

 

コース傾向

1953年に創設された重賞競走で、当初は3歳以上のハンデキャップ競走として阪神・芝2000mで行われていました。

その後、1974年に芝3000mに変更、1987年より開催時期が春の阪神開催に繰り上げられ、天皇賞春の前哨戦に位置付けられました。なお、2014年より1着馬に天皇賞春への優先出走権が与えられております。

 

阪神・芝3000m(内回り)

向正面の入口からスタート、内回りコースを1周半してコーナーを6つ回るコース形態。3コーナー付近から緩やかに下り、直線半ばで上るを2回繰り返す形になります。

序盤はゆったりした流れで、2周目の3~4コーナーで一気にペースアップすることが多く、長く良い脚を使えるステイヤーとしての資質が問われるレースです。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
曇り・小雨

馬場

使用コース
Aコース:3~4コーナー、直線にかけて部分的な傷みがみられますが、全体的には良好な状態。

土曜は全レース良馬場での開催となりましたが、日曜は少し雨予報となっておりますね。

ただ、小雨~弱雨程度とのことで、水分は含むものの良馬場発表になるのでは、と考えています。

 

阪神は1回開催の7~8日目に突入。全体的に芝は良好で前が残ったり・差しが届いたりとフラットな状況と見ています。

よって、道中の位置取りによる有利/不利はないと思いますよ~!

 

展開予想

逃げ:③
先行:④⑥⑩
差し:②⑨⑪⑫⑬⑭⑮
追込:①⑤⑦⑧

逃げ候補は③ディアスティマ・④ジャンカズマの2頭ですが、大方の予想では③がハナを切りそう。

押し出されての逃げは考えにくく、最初の1000mは61秒くらいの平均ペースで流れると見ています。

3コーナーあたりから徐々にペースが上がり、長距離戦らしくロングスパートの展開になると思いますよ!

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:⑩サヴォーナ
〇:②ブローザホーン
▲:⑥テーオーロイヤル

 

本命は⑩サヴォーナ

データ的に強い要素である4歳馬+先行馬。長距離では安定して力を発揮できており、1番手評価にしました。

 

対抗は②ブローザホーン

データからロスなく立ち回れる1~2枠は良いですし、前走強かったので重賞2連勝も十分あり得ると見てます。

 

そして最後に⑥テーオーロイヤル。前日時点で1番人気ですので、おさえない訳にはいかないでしょう。

以上、全て上位人気になってしまいましたが、このレースは下位人気が成績悪いので、致し方なしですね・・

 

baxis

期間限定特典

1万円分のポイントをプレゼント

的中実績

4/13(土) 中山 3連単 568,900円
4/13(土) 阪神 3連単 846,050円

-重賞レース