【ターコイズステークス2023予想】上位人気馬の不安要素・コース傾向・過去データ

この記事はアフィリエイト広告を利用しています

注目の重賞レース

1

2024/3/3(日)、報知杯弥生賞ディープインパクト記念(G2・芝2000m)が中山競馬場で開催。 ...

2

2024/3/10(日)、金鯱賞(G2・芝2000m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「開幕 ...

3

2024/3/24(日)、高松宮記念(G1・芝1200m)が中京競馬場で開催。 データ分析結果から「 ...

2023/12/16(土)、ターコイズステークス(G3・芝1600m)が中山競馬場で開催。

出走予定馬の紹介、過去データ/コース傾向分析、及び、本レースの予想を行います。

 

出走馬・騎手

出走馬

馬名性齢騎手
1ルージュエクレール牝4菅原明
2フィールシンパシー牝4横山琉
3アナザーリリック牝5津村
4ルージュスティリア牝4三浦
5ミスニューヨーク牝6Mデム
6フィアスプライド牝5ルメール
7サーマルウインド牝4北村宏
8ライトクオンタム牝3大野
9サウンドビバーチェ牝4浜中
10ヒップホップソウル牝3横山武
11ルージュリナージュ牝4横山和
12ソーダズリング牝3武豊
13キタウイング牝3江田照
14ウインピクシス牝4戸崎
15コナコースト牝3鮫島駿
16クリノプレミアム牝6松岡

 

yokodabi

今週の無料情報

3/3(日) 弥生賞(G2)

的中実績

2/18(日) 小倉大賞典(G3) 639,780円
(3連単 600円×18点=計10800円)

過去8年データ

本レースの過去8年データ(2015~2022年)傾向は以下のとおりです。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-0-1-146.3%6.3%12.5%
2枠1-0-1-146.3%6.3%12.5%
3枠0-1-1-140.0%6.3%12.5%
4枠2-3-1-1012.5%31.3%37.5%
5枠1-2-0-136.3%18.8%18.8%
6枠0-0-0-160.0%0.0%0.0%
7枠2-1-2-1112.5%18.8%31.3%
8枠1-1-2-126.3%12.5%25.0%

内外の複勝率では内枠(1-4)18.8%・外枠(5-8)18.8%と全くのイーブン。枠単体で見ると、7~8枠が1~3枠よりも複勝率が良く、他の重賞ではあまり見られない傾向となってます。

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ1-0-1-612.5%12.5%25.0%
先行2-3-1-246.7%16.7%20.0%
差し3-4-4-415.8%13.5%21.2%
追込2-1-2-335.3%7.9%13.2%

中山コースは直線が310mと中央4場では最も短い影響か、追込が少し苦戦傾向。ただし、勝率では先行/差しと大差ないので、割り引く必要まではないと判断しています。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
12-0-1-525.0%25.0%37.5%
2~32-4-1-912.5%37.5%43.8%
4~63-2-0-1912.5%20.8%20.8%
7~90-0-2-220.0%0.0%8.3%
10~1-2-4-491.8%5.4%12.5%

上位(1-3)人気で見ると、連対率33.3%・複勝率41.7%とソコソコ良い数字。その他で注目したい点は10番人気以下の複勝率12.5%が他重賞よりは良いので、3連複の相手候補に大穴を入れても面白そう!

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
3歳4-2-1-2811.4%17.1%20.0%
4歳2-5-4-275.3%18.4%28.9%
5歳2-1-2-364.9%7.3%12.2%
6歳0-0-1-130.0%0.0%7.1%

3歳・4歳馬中心なのはデータから明らかでしょう。5歳馬は少し割り引き、6歳馬は大幅に割り引いていいと考えてます。

 

前走レース名

  • 秋華賞(G1):2-0-1-9/12
  • 府中牝馬S(G2):1-1-1-13/16
  • エ女王杯(G1):1-0-1-5/7
  • OPクラス:1-3-2-29/35
  • 3勝クラス:1-2-1-17/21

勝率10%超え&複勝率20%超えは秋華賞(G1)・エ女王杯(G1)組。ただし、頭数が10頭前後と少ないため、過度な信頼は禁物かと・・

 

前走着順

  • 1着:1-2-1-20/24 → 16.7%
  • 2着:1-3-0-0/4 → 100%
  • 3着:0-1-1-7/9 → 22.2%
  • 4着:1-0-0-6/7 → 14.3%
  • 5着:0-0-0-2/2 → 0.0%
  • 6~9着:1-0-3-21/25 → 16.0%
  • 10着~:4-2-3-47/56 → 16.1%

過去8年で前走10着以下で馬券内は9頭。→の先は複勝率を表しますが、1着馬と10着以下がほとんど変わらないため、前走からの巻き返しがあるレースだと言うことを頭の片隅に入れておきたいですね。

 

コース傾向

本レースは2015年に新設された重賞で、中山競馬場の芝1600m外回りの牝馬限定・ハンデキャップ競走で行われています。

1コーナー奥の引き込み線からスタート、外回りコースをぐるっと回り、直線310mの独特なコース形態。スタート地点から最初のコーナーまで約200m、距離が短く先行争いが激しくなることもしばしば。

 

更に2コーナー過ぎから直線まで下り勾配であるため、道中の息も入りにくく、ゴール前に高低差2m超えの急坂があります。

直線の半ばで先行馬の脚色が鈍り、ゴール直前で着順が一変する可能性があることも覚えておきたいです。

 

当該コースデータ

2022年以降のレース結果(中山・芝1600m)を対象にデータを抽出しました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠10-18-20-1305.6%15.7%27.0%
2枠19-12-13-13710.5%17.1%24.3%
3枠17-13-9-1518.9%15.8%20.5%
4枠22-12-10-15810.9%16.8%21.8%
5枠15-16-15-1627.2%14.9%22.1%
6枠11-8-15-1785.2%9.0%16.0%
7枠13-14-14-1805.9%12.2%18.6%
8枠8-22-19-1773.5%13.3%21.7%

複勝率:内枠(1-4) 23.3%、外枠(5-8) 19.6%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ23-18-9-8417.2%30.6%37.3%
先行57-52-54-24214.1%26.9%40.2%
差し22-37-42-4743.8%10.3%17.6%
追込10-7-10-4642.0%3.5%5.5%
捲り3-1-0-727.3%36.4%36.4%

複勝率:逃げ/先行 39.5%、左記以外 12.3%

 

上位人気馬の見解

上位人気が予想される馬の見解と不安要素を述べたいと思います。

 

サウンドビバーチェ

2023年5月14日 東京 ヴィクトリアM(G1)
5着 (8人気) 芝1600 良 (松山)

2023年4月8日 阪神 阪神牝馬S(G2)
1着 (6人気) 芝1600 稍重 (浜中)

2023年2月11日 阪神 洛陽S(L)
11着 (2人気) 芝1600 良 (団野)

阪神牝馬S(G2)は2番手から抜け出し快勝。ヴィクトリアM(G1)でも先行して5着に粘り、一流馬相手にも実力があるところを見せました。

 

不安要素

近2走はどちらかというと先行馬有利の展開。前/後ろフラットな展開になったときに、結果を残せるでしょうか。

 

コナコースト

2023年10月15日 京都 秋華賞(G1)
8着 (4人気) 芝2000 稍重 (鮫島駿)

2023年5月21日 東京 優駿牝馬(G1)
7着 (3人気) 芝2400 良 (レーン)

2023年4月9日 阪神 桜花賞(G1)
2着 (6人気) 芝1600 良 (鮫島駿)

チューリップ賞(G2)→桜花賞(G1)はともに2着。その後2戦は着外でしたが、マイル戦に距離短縮する今回は巻き返しの期待大です。

 

不安要素

重賞2着の実績はありますが、勝利経験があるのは新馬戦のみ。善戦できるけど勝てない馬も過去に多くいたので、頭にするのは怖い気がしてます。

 

ヒップホップソウル

2023年10月15日 京都 秋華賞(G1)
9着 (6人気) 芝2000 稍重 (横山武)

2023年9月9日 中山 紫苑S(G2)
2着 (2人気) 芝2000 稍重 (横山武)

2023年5月21日 東京 優駿牝馬(G1)
6着 (14人気) 芝2400 良 (津村)

フラワーC(G3)・紫苑S(G2)と2着に好走するも、G1では結果を残すことができず、2戦とも着外に敗れました。古馬との混合戦にはなりますが、重賞初勝利を目指します。

 

不安要素

中山コースは合うと思いますが、実績を残しているのは稍重~不良のとき。良馬場のフェアリーS(G3)は11着と惨敗しているので、乾いた馬場になった場合、結果を残せるでしょうか。

 

馬場傾向・展開予想

当日の馬場傾向、及び、レースの展開を予想します。

 

馬場傾向

天候
曇り

馬場
良~稍重

使用コース
Aコース:3~4コーナーの内側に傷みがありますが、その他は概ね良好な状態

金曜日に雨が降り、芝は水分を含んだ状態です。なお、当日の天気は曇り予想のため、良馬場での開催になりそうですが、パンパンの状態ではないでしょう。

そして、中山は開催5日目。先週の日曜は差しが決まっていて、かつ、内側の馬場が荒れ始めているので、外差し傾向になってくると考えております。

 

展開予想

逃げ:⑧
先行:⑦⑨⑭⑮
差し:①②⑤⑥⑩⑫⑯
追込:③④⑪⑬

逃げるのは⑦サーマルウインド or ⑧ライトクオンタムだと思います。

⑧がオークスで逃げて以降、少し抑えが効かない感じとも思えるので、予想は上記のとおりとしました。

 

ペースは平均だと思いますが、⑦が逃げて⑧がかかり気味に競りかける形となれば、速くなる可能性も・・。

馬場傾向まで踏まえると、中団待機で直線で外から差してくる馬に注目したいと考えてます!

 

レース予想

これまでの内容を踏まえ、本レースの最終見解を発表します。

 

予想印

◎:⑩ヒップホップソウル
〇:⑫ソーダズリング
▲:⑭ウインピクシス
△:⑬キタウイング

 

本命は⑩ヒップホップソウル

稍重よりの馬場で外差し傾向と分析しているので、中山の実績を信じて1番手評価としました。

 

対抗は⑫ソーダズリング

ゆくゆくは重賞で考えてましたが、このメンバなら実力も通用すると思いますので、このオッズなら積極的に買いたいです。

 

そして、7~8枠の複勝率が良く、下位人気もデータ的に通用するので、⑭ウインピクシス⑬キタウイングを大穴として馬券内に入れて、BOXで勝負したいと思います!

 

ranking

今週の無料情報

詳細ページにてご確認ください!

要Check!

信頼できる競馬予想サイトから的中率・回収率が優秀なものを厳選してご紹介します!

-重賞レース