【競馬】距離の適正と種類を知ればよりレースが楽しめる!

      2018/08/25

競走馬が走る距離はレース毎に決められております。

また、短距離・中距離・長距離を得意とする馬など、競走馬によって適正距離は異なるものです。

 

本記事では距離の適正と種類について、解説したいと思います。

新たな発見を与えるとともに、より一層競馬が好きになっていただけると幸いです。

 

 

「コラボ@指数」上位馬で次々と完全的中!

3連単が 3回に1回的中する 競馬指数が
1日最大18レース無料!

今週は会員コンテンツ内の 北条のブログ
朝日杯FS(G1) を無料公開!

▼「コラボ@指数」はコチラから ▼

※登録はもちろん無料!是非お試し下さい!

 

距離の適正

競走馬には距離の適正というものがあり、適正外の距離ではパフォーマンスを最大限に発揮することができません。

距離適性を語る際の距離区分について、お伝えしようと思います。

 

短距離・中距離・長距離

距離を区分する際は、以下の3通りとするのが一般的です。

短距離:~1600m
中距離:1800m~2200m
長距離:2400m~

 

SMILE

レーティング(競走馬の能力を指数で評価)に用いられる距離区分として使用されています。

 

1200mを中心としたスプリント(Sprint
1600mを中心としたマイル(Mile
2000mを中心とした中距離(Intermediate
2400mを中心とした中長距離(Long
2700mを超える長距離(Extended)に分けられます。

 

それぞれの区分の英語の頭文字をとってSMILE(スマイル)と呼ばれています。

S:1000m~1300m
M:1301m~1899m
I:1900m~2100m
L:2101m~2700m
E:2701m~

 

距離の種類

日本中央競馬会(JRA)に所属する全10の競馬場では、様々な距離での競走体系が確立されています。

詳細は以下の表を参照ください。

 

芝コース

札幌 函館 福島 新潟 東京 中山 中京 京都 阪神 小倉
1000m
1200m
1300m
1400m
1500m
1600m
1700m
1800m
2000m
2200m
2300m
2400m
2500m
2600m
3000m
3200m
3400m
3600m

 

ダートコース

札幌 函館 福島 新潟 東京 中山 中京 京都 阪神 小倉
1000m
1150m
1200m
1300m
1400m
1600m
1700m
1800m
1900m
2000m
2100m
2400m
2500m

 

●:一般競争のみ開催

★:一般競争/重賞競走の両方開催

 

 

【PR】本当に使える競馬予想サイト!

世の中には競馬情報が溢れかえっており、惑わされている方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供
・無料で安心して長く使える

実際に有益なサイトが実は存在するんです!

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】高配当21

【URL】http://ko-21.jp/

【おすすめポイント】
素人の目には映りにくい懸念をプロ目線で暴く!
競馬を投資と捉え、その名の通り徹底して高配当にこだわります。

 

【第2位】的中タイムズ

【URL】http://keiba.life/

【おすすめポイント】
3連複の勝負馬券を推奨コメント付きで公開!
更に今なら無料登録で、5000円分のポイントをプレゼント致します。

 

【第3位】みんなの万馬券

【URL】https://minnano-manbaken.com/

【おすすめポイント】
業界最高水準!規格外の的中率!
みんなの的中馬券!毎週5,000円分のポイントプレゼント!

 

 - 競馬その他