【島川隆哉】武豊騎手への騎乗依頼はわずか1頭

トーセン・エスティの冠号で知られている島川隆哉オーナーにスポットを当てていきます。

世代別に並べると、現3歳世代の2015年から冠号の使用を廃止されたようですね。

 

2歳世代 (2016年)

馬名性齢賞金
ブレスジャーニー牡23700
ワカコマタイヨウ牝2480
スターオービット牡2400
ミラアイトーン牡2400
メモリーミネルバ牝2400

 

3歳世代 (2015年)

馬名性齢賞金
ヴァンキッシュラン牡33600
ブレイブスマッシュ牡32750
マシェリガール牝31200
ハレルヤボーイ牡3900
ワンパーセント牡3900

 

4歳世代 (2014年)

馬名性齢賞金
トーセンバジル牡42450
トーセンビクトリー牝42100
トーセンミッション牡4950
トーセンアーネスト牡4950
トーセンラムセス牡4950

 

5歳世代 (2015年)

馬名性齢賞金
トーセンスターダム牡53940
トーセンデューク牡51550
トーセンマタコイヤ牡51350
トーセンマイティ牡51350
エスティレジェンド牝5700

 

最近、武豊騎手の記事をいろいろと書いていて、ふと疑問に思ったことがありまして・・

「今年は島川オーナーの所有馬へあまり騎乗していないのでは?」と。

 

そういった背景から今回は島川オーナーに注目してみることにしました。

ただ、実際に調べてみると、予想以上に少なかったので、驚きました。

 

シンクタンク

ttank

今週の無料情報

10/9(日) 毎日王冠(G2)

10/10(祝) 京都大賞典(G2)

最近の的中実績

10/1(土) 中京08R:3連単11,820円

9/17(土) 中京10R:3連単43,060円

年別の騎乗数

始めに2015年と2016年の騎乗数を振り返ります。

 

2016年

日付レース馬名
1/05京都金杯(G3)トーセンスターダム110

 

2015年

日付レース馬名
10/18秋華賞(G1)トーセンビクトリー48
9/20ローズS(G2)トーセンビクトリー23
8/23西部スポ1000トーセンビクトリー11
7/25中京2歳マシェリガール34
7/11茶臼山高500トーセンビクトリー31
6/28宝塚記念(G1)トーセンスターダム912
5/23カーネー500トーセンビクトリー37
4/25鎌倉S1600トーセンマイティ313
2/15飛鳥S1600トーセンマタコイヤ14
1/24京都牝馬(G3)トーセンベニザクラ1217

 

タイトルにも書きましたが、2016年は年初めのトーセンスターダム1回しか騎乗してません・・

一方、2015年はトーセンビクトリーの5回を筆頭に、計10回騎乗しています。

 

それでは、過去10年の騎乗数を振り返り、どのように遷移しているかを見ようと思います。

 

着別度数勝率連対率複勝率
160-0-0-10.0%0.0%0.0%
152-0-1-720.0%20.0%30.0%
145-7-3-1516.7%40.0%50.0%
134-1-1-440.0%50.0%60.0%
120-0-0-30.0%0.0%0.0%
110-0-1-00.0%0.0%100%
101-0-1-050.0%50.0%100%
90-0-2-50.0%0.0%28.6%
81-0-1-225.0%25.0%50.0%
70-0-0-10.0%0.0%0.0%

 

2014年が断トツTopの30回で、その前後の年が10回ずつ、残りは一桁台となっていますね。

14年はお手馬にトーセンラートーセンスターダムトーセンビクトリーと3頭いたことが要因として挙げられます。

 

島川オーナー所有馬

次に、どの騎手が騎乗が多かったかを近2年分を表にまとめてみました。

 

2016年

騎手着別度数勝率連対率複勝率
内田博4-3-0-630.8%53.8%53.8%
横山典3-4-5-336.7%15.6%26.7%
柴田善3-0-1-160.0%60.0%80.0%
武幸3-0-0-442.9%42.9%42.9%
デムーロ3-0-0-260.0%60.0%60.0%
菅原隆2-5-4-543.1%10.8%16.9%
ルメール2-1-0-240.0%60.0%60.0%
石川2-0-0-433.3%33.3%33.3%
小野寺1-2-2-372.4%7.1%11.9%
井上敏1-1-1-136.3%12.5%18.8%

 

2015年

騎手着別度数勝率連対率複勝率
横山典7-1-5-3016.3%18.6%30.2%
井上敏2-5-1-354.7%16.3%18.6%
菅原隆2-4-1-523.4%10.2%11.9%
小野寺2-2-1-335.3%10.5%13.2%
嶋田2-2-1-198.3%16.7%20.8%
吉田豊2-0-2-1113.3%13.3%26.7%
武豊2-0-1-720.0%20.0%30.0%
石川2-0-1-066.7%66.7%100%
ボウマン2-0-0-166.7%66.7%66.7%
戸崎圭1-3-0-314.3%57.1%57.1%

 

騎乗数だけ見ると、圧倒的に関東所属の騎手が多いのがわかります。

これについては、所有馬のほとんどを美浦に預託されているので、必然とそのようになるでしょうね~

 

もう1つ分かることは、サンデーRキャロットFのときとは事情が異なることです。

それは、リーディング上位の騎手への依頼が増えたから、武豊騎手への依頼が減ったのではないということ。

 

島川オーナーと言えば、以前はセレクトセールで高額馬を次々と落札されていました。

しかし、現在は自身が経営するエスティファームの生産馬を中心に保有されています。

 

トーセンラー(牡)

父:ディープインパクト
母:プリンセスオリビア

トーセンスターダム(牡)

父:ディープインパクト
母:アドマイヤキラメキ

トーセンビクトリー(牝)

父:キングカメハメハ
母:トゥザヴィクトリー

 

これを見てわかるとおり、武豊騎手が主戦を務めてきた競走馬はいずれも良血と呼ばれるものばかりです。

今後は良血馬の所有数を減っていくと思われるため、騎乗数も増加する見込みは低いのかなぁと考えています。

 

トップシークレット

topst

今週の無料情報

10/10(祝) 京都大賞典(G2)

最近の的中実績

9/25(日) 中京10R:3連単57,690円

9/17(土) 中京12R:3連単10,380円

-競馬情報
-