【スプリングステークス2022】出走予定馬・想定騎手

2022/3/20(日)、スプリングステークス(G2・芝1800m)が中山競馬場で開催。

出走予定馬と想定騎手の発表、及び、出走予定の中から注目馬をピックアップします。

 

EXTRA

extra

今週の無料情報

日本ダービー(G1) ※土曜も無料情報あり!

最近の的中実績

5/15(日) 青竜S 841,380円 (3連単 600円×9点=5400円購入)

5/08(日) 新潟大賞典(G3) 448,280円 (3連単 400円×24点=9600円購入)

出走予定馬・想定騎手

出走可能頭数:16頭/登録頭数:15頭

 

出走予定馬

馬名性齢騎手
アサヒ牡3田辺
アライバル牡3ルメール
アルナシーム牡3福永
エンギダルマ牡3丸山
オウケンボルト牡3Mデムーロ
グランドライン牡3三浦
サトノヘリオス牡3岩田望
サノラキ牡3(未定)
ソリタリオ牡3横山武
ディオ牡3戸崎
トーセンヴァンノ牡3(未定)
ドーブネ牡3武豊
ニシノスーベニア牡3(未定)
ビーアストニッシド牡3岩田康
リューベック牡3(未定)

 

注目馬メモ

本レースの出走予定馬の中から、主な注目馬をピックアップしました。

 

アライバル

アライバル(牡3)
栗田徹厩舎(美浦)、キャロットファーム

2022.01.16 中山 京成杯(G3)
4着 (1人気) 芝2000 良 (ルメール)

2021.08.29 新潟 新潟2歳S(G3)
2着 (1人気) 芝1600 良 (ルメール)

2021.06.19 東京 2歳新馬
1着 (1人気) 芝1600 稍重 (ルメール)

 

Memo

前走は4か月半ぶりのレースだったこともあってか、勝負どころの手応えがイマイチでしたね。

血統&能力的にも期待値は高いと思いますので、今回は1着でクラシックにつなげて欲しい。

 

アサヒ

アサヒ(牡3)
金成厩舎(美浦)、Gリビエール・レーシング

2022.02.13 東京 共同通信杯(G3)
5着 (2人気) 芝1800 稍重 (田辺)

2021.11.20 東京 東スポ2歳S(G2)
2着 (4人気) 芝1800 良 (田辺)

2021.10.17 東京 2歳未勝利
1着 (1人気) 芝1800 稍重 (田辺)

 

Memo

前走はスタートの出遅れが響き、直線33.8秒の末脚を繰り出すも5着までと人気を裏切る形に。

末脚は良いものがありますが、直線の短い中山コース変わるのは不安材料かなと思ってます。

 

ソリタリオ

ソリタリオ(牡3)
西村真厩舎(栗東)、サンデーレーシング

2022.01.09 中京 シンザン記念(G3)
2着 (2人気) 芝1600 良 (Cデムーロ)

2021.12.05 中京 こうやまき賞
1着 (1人気) 芝1600 良 (福永)

2021.10.09 新潟 2歳未勝利
1着 (1人気) 芝1600 良 (吉田隼)

 

Memo

初勝利まで3戦を要しましたが、未勝利→500万下と連勝し、前走のシンザン記念は2着に好走。

マイルしか走ったことがないので、1ハロン伸びますが、血統的には中距離も問題ないと思います。

 

ドーブネ

ドーブネ(牡3)
武幸厩舎(栗東)、藤田晋

2021.12.19 阪神 朝日杯FS(G1)
7着 (5人気) 芝1600 良 (吉田隼)

2021.10.02 中京 ききょうS
1着 (1人気) 芝1400 良 (吉田隼)

2021.09.04 札幌 2歳新馬
1着 (1人気) 芝1500 良 (武豊)

 

Memo

デビュー前はセール高額馬ということ話題先行でしたが、新馬→OPと連勝し実力を示しました。

前走のG1では負けはしましたが、悲観する内容ではなく、今回は仕切り直しの1戦となります。

 

不安要素を述べるなら、折り合いにやや苦労するタイプで、距離延長は微妙かなという印象ですね。

 

アルナシーム

アルナシーム(牡3)
橋口慎厩舎(栗東)、ライオンレースホース

2022.02.19 阪神 つばき賞
2着 (3人気) 芝1800 良 (福永)

2021.12.19 阪神 朝日杯FS(G1)
4着 (8人気) 芝1600 良 (池添)

2021.11.20 東京 東スポ2歳S(G2)
6着 (3人気) 芝1800 良 (武豊)

 

Memo

新馬勝ったときに能力があると感じましたが、その後はなかなか実力を示せてませんね。

2戦目で暴走気味だったように折り合いに難があり、その点を克服できれば上位進出も可能かと。

 

過去レース結果

過去10年のレース結果については、以下のとおりです。

 

過去10年の勝ち馬一覧

馬名性齢人気脚質前走
218ヴィクティファルス牡33差し共同通信杯(G3)2
207ガロアクリーク牡36捲り水仙賞5004
195エメラルファイト牡310先行白梅賞5001
186ステルヴィオ牡31差し朝日杯FS(G1)2
178ウインブライト牡35差し若竹賞5001
161マウントロブソン牡34差しあすなろ賞5001
151キタサンブラック牡35先行500万下1
142ロサギガンティア牡33先行500万下1
133ロゴタイプ牡31先行朝日杯FS(G1)1
128グランデッツァ牡33先行ラジオNI賞(G3)3

 

弥生賞はOPレースからの参戦馬が10頭中8頭を占めてましたが、コチラは少し傾向が異なります。

10頭中6頭は500万下からのステップで勝利しており、格よりも勢いといったところでしょうか。

 

過去10年の3連単の平均配当が約48000円、最も低かったのは2018年の7440円。

配当にも十分期待できるレースと言えるので、勢いのある穴馬を絡めて馬券を買いたいですね!

 

サンキタ!the compi

compi

2021年度の実績

的中率:55.6%、回収率:124.5%

3連複のメリット

狙いの馬が3着でも的中、上位人気中心の組合せでも高配当が狙える

少点数でも本命サイドから高配当まで広配当域に無理なく対応できる

-出走予定馬