【競馬】税金はいくらから申告が必要??

      2018/05/19

意外と知られてないと思いますが、競馬で一定額の利益を上げた場合に、税金を納めなくてはなりません。

最近は、Webニュース等で取り上げられたりしているので、徐々に浸透してきているのではないでしょうか。

 

私も数年前までは知りませんでしたが、本記事では払戻金と税金について、解説したいと思います。

 

競馬の税金について

税金に関して述べる前に、馬券の控除率(払戻率)について記載します。

控除率とは、馬券の売り上げから払い戻しを行う際に、引かれる割合のことを指します。

 

単勝の払戻率:80%(控除率:20%)というので、例を挙げますと

A馬の単勝売り上げ:100円×60=6000円

B馬の単勝売り上げ:100円×40=4000円

 

だった場合、総売り上げの10000円×0.8=8000円が払い戻しに使われる金額となります。

よって、以下のオッズとなります。

A馬の単勝オッズ:(8000円÷60)÷100円=1.3倍

B馬の単勝オッズ:(8000円÷40)÷100円=2.0倍

 

馬券の種類毎に払戻率が異なり、2016年7月現在では以下のとおりになっています。

払戻率 馬券の種類
80.0% 単勝、複勝
77.5% 枠連、馬連、ワイド
75.0% 馬単、3連複
72.5% 3連単
70.0% WIN5

 

ちなみに、日本の公営競技(競馬、競輪、競艇)の控除率は20~30%で、宝くじだと50%を超えるそうです。

ただし、宝くじで得た配当に関しては、所得税・住民税などの税金が一切かかりません。

 

なお、控除率で主催者側(JRA)が得た利益については、レースの賞金や馬主・調教師・騎手への出走手当など、競馬を運営する上で必要な資金として使用されています。

 

いくらから申告が必要??

それでは、本題の馬券で得た利益に対する税金について、述べたいと思います。

 

払戻金は一時所得という区分の扱いとなり、以下の計算式で一時所得の金額を計算することができます。

一時所得 = (払戻金-購入額)-50万円

 

例を挙げますと、馬券の購入費:10万円、払戻金:100万円だった場合は、

(100-10)-50 = 40万円 が一時所得として加算されます。

 

一時所得は総合課税方式(各種の所得を合算した額に課税する制度)をとりますので、給与所得などの他の所得と合算して納税額が計算されます。

 

なお、一時所得の課税対象は1/2となるため、上記例ですと、20万円が課税対象となります。

ポイント1

特別控除額である50万円が引かれる計算式となっています。

よって、馬券で50万円を超える利益を得た場合は、税金が必要になるということが言えます。

 

更に、もう1つのポイントとしては、馬券の購入額の定義です。

ポイント2

例えば、2レースで10万円ずつ馬券を買い、予想が的中したのは1レースだったとします。

その場合、支出した総額は20万円ですが、払戻金を得られたのは1レースなので、一時所得を計算する際の購入額は10万円となってしまう点に注意が必要です。

 

そんなバカなぁって思っちゃいますよね。

 

しかし、詳細は割愛しますが、馬券で得た1億の利益に対して、ハズレ馬券は購入額に含まないとして、5億の追徴課税を争う裁判が行われたこともありました。

 

そもそも、馬券の控除額からも税金が支払われており、更に高額の配当を得た場合に、2重に税金を払う必要があるのかと考えたりもしますが、そのことについては問わないことにしておきます。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【PR】業界最高水準!全額保証!!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━

独自の情報網とデータを解析し、
ただの的中ではなく高配当を狙い撃つ!

過去には帯封越えの特大馬券も多数的中!

2018/08/19 福島7R 3歳未勝利
3連単:4-15-12

3,655,800円的中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

業界の中枢まで張り巡らせた独自のコネクション
この情報網により膨大な有力情報を独占入手!

真の情報とシャーロックが誇る独自解析で
高配当馬券を量産!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週は「スプリンターズS」の情報を公開!

その目でシャーロックの凄さを目の当たりにしてください。

▼登録は無料!こちらから▼

 

 - 競馬その他