【武幸四郎騎手】20年で引退!父の背中を追いかけ調教師へ転身!

      2017/09/24

いつかは触れたいと思っていたこの話題。

2016年の12月8日にJRAは新規調教師試験の合格者を発表し、7人の中に武幸四郎騎手の名があった。

 

1978年11月3日生まれの38歳

兄の武豊騎手が1969年3月15日生まれの47歳で現役を続けていることを考えると、早すぎる引退と言える。

 

武豊騎手が170cmと騎手の中では高身長と呼べるのに対し、幸四郎騎手はそれを遥かに超える177cm

馬に騎乗するために、50Kg前半の体重をキープするのは、かなり辛かったと推測される。

 

近年は騎乗回数をセーブして、調教師転身への道を目指していた武幸四郎騎手。

2017年2月でステッキをおく、その騎手人生にスポットを当ててみたいと思う。

 

JRA初勝利が重賞勝ち

デビューは1997年の3月1日。

初騎乗は1R未勝利のメイショウユリヒメで、3人気の6着という結果であった。

 

初勝利はその翌日で、しかも、メインレースのマイラーズC(G2)

父の邦彦氏の管理馬オースミタイクーンで11人気の低評価を覆して、中団から差す競馬で見事1着でゴールイン。

 

JRA史上最短記録となるデビュー2日目で、重賞勝利の快挙を達成した。

また、その年は37勝をあげ、最多勝利新人騎手賞に輝いた。

 

兄の騎手も1987年に同賞を獲得しており、豊騎手のその後の活躍を見ると、まわりの幸四郎騎手への期待も高まるのは当然と言える。

 

4年目で初G1制覇

3年目のシーズンで62勝をあげ、騎手リーディング11位まで登りつめた翌年の2000年。

秋華賞でティコティコタックに騎乗し、ついにG1初勝利を飾った。

 

その後は2006年までに、G1レースで計3勝をあげた。

 

日付 レース名 馬名 人気 着順
06/10/22 菊花賞 ソングオブウインド 8 1
03/05/11 NHKマイルC ウインクリューガー 9 1
00/10/15 秋華賞 ティコティコタック 10 1

 

ウインクリューガーは東京競馬場が改修後の初G1レースで、直線が長くなったことを考え、各騎手が中団~後方待機策をとる中、積極的に2番手につける競馬で押し切った。

 

ソングオブウインドメイショウサムソンの3冠がかかったレースで、アドマイヤメインが大逃げする展開で、後方から差し切り。

2レースとも今でも鮮明に覚えているほど、素晴らしいレースであった。

 

徐々に低迷期を迎える

少々失礼な見出しだが、幸四郎騎手を語る上で、これも書かない訳にはいかない。

 

以下に2016年までの全成績を表にまとめた。

2007年・2008年を区切りに、それまで年間50勝していた勝ち星が徐々に少なくなっているのがわかる。

 

全成績(~2016年)

騎乗 勝数 勝率 重賞 G1
2016 207 11 5.3% 0 0
2015 242 13 5.4% 0 0
2014 413 28 6.8% 0 0
2013 407 23 5.7% 3 3
2012 240 19 7.9% 0 0
2011 161 7 4.3% 0 0
2010 366 21 5.7% 0 0
2009 379 18 4.7% 0 0
2008 484 34 7.0% 1 0
2007 456 32 7.0% 5 0
2006 567 59 10.4% 2 1
2005 456 28 6.1% 1 0
2004 680 61 9.0% 1 0
2003 587 49 8.3% 4 1
2002 534 49 9.2% 2 0
2001 594 47 7.9% 1 0
2000 630 59 9.4% 4 1
1999 648 62 9.6% 1 0
1998 526 31 5.9% 0 0
1997 492 37 7.5% 3 0

 

なぜ、こうなったのかを私なりに考えてみたところ、ある1つの推測に辿り着いた。

ただし、このことをメディアで本人が語られたいた訳ではないので、あくまでも推測として聞いて欲しい。

 

2006年までにあげたG1レースでの勝利は、全て人気薄の馬に騎乗してのものだった。

では、幸四郎騎手がG1レースで1番人気の馬に騎乗したレースと騎乗馬を言える人が何人いるだろうか。

 

1レース目

1頭目は2007年のヴィクトリアマイルで、主戦だった本田騎手が引退したことにより、手綱がまわってきた。

エリザベス女王杯は降着したものの、1着入線で実質ここまで無敗に等しい内容のカワカミプリンセスに騎乗した。

 

相当なプレッシャーがあったと思うし、半年ぶりのレースで馬の状態も半信半疑だったに違いない。

結果は惨敗で、その後2戦手綱をとったが、それ以降は騎乗依頼がくることはなかった・・

 

2レース目

もう1レースは2008年のオークスで、主戦をつとめていたリトルアマポーラでのものだった。

牝馬3冠レース全てに騎乗したが結果が出せず、エ女王杯でC.ルメール騎手が1着をとったこともあり、降ろされた形となってしまった・・

 

G1レースでの1番人気はこの2レースのみである。

特に、リトルアマポーラで結果を出せず、乗り替わりになったことがターニングポイントになったに違いない。

 

松本オーナーとの絆

2011年は161戦7勝、2012年は240戦19勝と騎乗機会さえ恵まれない年が続いた。

その翌年、最後に一花咲かせることになるメイショウマンボに騎乗することになる。

 

もともと、飯田祐史騎手が主戦を務めていたが、調教師へ転身するため、引退が決まっていたことから3歳戦の手綱を任された。

 

 

メイショウマンボの3歳時の戦績を見ていただくと、お気づきかもしれないが、桜花賞TRのフィリーズRは川田騎手で勝利していた。

これは武幸四郎騎手が騎乗停止となったことでの乗り替わりであった。

 

ちなみに川田騎手は有力な騎乗馬がいなかったので、普通なら桜花賞は武幸四郎騎手が手綱をとることはなかったと思う。

 

しかし、松本好雄オーナーは人情熱心さを大切にすることで有名な人であり、桜花賞は武幸四郎騎手に手綱を任せたのだ。

それどころか、桜花賞惨敗後、追加登録料200万を払って、オークスも続投させたのだ。

 

 

結果、低評価を覆しての勝利で、武幸四郎騎手は勿論のこと、松本オーナーも涙の戴冠となった。

この写真は何度見ても泣けてくる最高の1枚だと思う。

 

この年、メイショウマンボはG1レース3勝の成績が評価され、JRA賞最優秀3歳牝馬に選出された。

 

騎手引退、調教師の道へ

5年くらい前から調教師の道を考えていたとのことで、早ければ3月、遅くとも2018年には武幸四郎厩舎が開業する。

 

個人的な意見だが、武幸四郎騎手にはリーディングを狙う厩舎ではなく、自身の経験を踏まえて、若手に騎乗機会を与えるような人情味あふれる調教師になって欲しいと思う。

 

あとは、武幸四郎厩舎、武豊騎手騎乗、メイショウの馬でG1制覇する姿が見れれば、最高だと思う。

 

 

【PR】口コミで話題の競馬予想サイト!

様々な競馬予想サイトがあり、本当に使えるのか?わからない方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる
・無料で安心して長く使える

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】うまコラボ

【URL】https://www.collabo-n.com/lp/cheer/

【おすすめポイント】
コラボ@指数によって、3回に1回三連単的中!
惜しげも無く、1日に12~18レースを完全無料で提供します。

 

【第2位】俺の競馬

【URL】http://ba-ken.net/

【おすすめポイント】
他社には真似できない正解を導き出す!
競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功したサイトです。

 

【第3位】勝ちKEIBA

【URL】http://www.keiba-database.com/

【おすすめポイント】
一級情報検定士が61社の競馬関連機関に在籍。
情報を徹底収集しているからこそ、年間通して的中率75%以上を叩き出す脅威の実績!

 

 - 競馬情報