【菊花賞2019予想】最終見解・買い目を無料公開!

2019/10/20(日)開催、菊花賞(G1・芝3000m外)のレース予想となります。

データ分析、馬場傾向/展開予想を軸に、最終見解を買い目付きで発表します。

 

 

『業界トップの情報制度を誇るサイトができました!』

・有力メディア
・関係者
・厩舎
・調教師

など、様々なジャンルに強力なパイプを持つ競馬WAVE!

※一般紙には決して乗らない情報を持っているからこそ狙える馬を導いてくれます!

今週はオールカマーで厳選された1頭を既にサイト上で公開しております!

情報を無料登録だけで教えてくれるそうなので是非登録してみてください!

『競馬WAVE』が目をつける『注目馬ピックアップ』

<オールカマーの情報が公開されています>

こちらから確認できます!

高額的中連発!業界No.1の情報で帯封への道を進んで下さい。

サイトの名前の通り、万馬券のビックウェーブが待っています!

さらに!サイト内では今週の激アツ一押しの1頭を紹介してくれており、こんな良心的なサイトが今まであったかなというレベル!

是非この機会に激アツ裏情報を受け取って下さい!しかも、ここまで良心的であり、そして的中実績のある強烈なサイトが登録無料!

このチャンスは絶対に逃さないでください!

⇒ 無料登録はこちら

 

データ分析

出走馬の枠番/馬番は以下のようになりました。

 

出馬表

馬名 性齢 騎手
1 1 ザダル 牡3 石橋脩
1 2 ニシノデイジー 牡3 ルメール
2 3 カリボール 牡3 藤井
2 4 ユニコーンライオン 牡3 岩田康
3 5 ワールドプレミア 牡3 武豊
3 6 ディバインフォース 牡3 横山典
4 7 ヒシゲッコウ 牡3 スミヨン
4 8 メロディーレーン 牝3 坂井瑠
5 9 ヴァンケドミンゴ 牡3 藤岡佑
5 10 カウディーリョ 牡3 Mデムーロ
6 11 シフルマン 牡3 松山
6 12 レッドジェニアル 牡3 酒井
7 13 ヴェロックス 牡3 川田
7 14 サトノルークス 牡3 福永
7 15 ホウオウサーベル 牡3 蛯名
8 16 ナイママ 牡3 柴田大
8 17 タガノディアマンテ 牡3 田辺
8 18 メイショウテンゲン 牡3 池添

 

まず、枠順に関してですが、複勝率は外枠の方が良い結果となってます。

内枠が強いイメージがありましたので、意外な結果で驚きました。

 

ただし、勝ち馬に限定すると、以下のようになります。

 

過去10年の1着馬

1枠:3頭
2枠:3頭
3枠:1頭
4枠:0頭

5枠:0頭
6枠:1頭
7枠:2頭
8枠:0頭

 

あながち、内枠が強いというイメージも間違ってないようですね。

まあ、私の見解としては、枠順にはあまり拘らなくて良いかなと思っています。

 

次に脚質に関しては、逃げは苦戦気味ですが、データ上は明らかに前有利

あと、前走トライアル組(特に神戸新聞杯)が良績を残しているようです。

 

データ分析はコチラの記事にまとめていますので、以下を参照ください。

 

 

馬場傾向

それでは、本レースが開催される競馬場の馬場傾向を探っていきます。

先週、及び、今週土曜日のレース結果を参考にしたいと思います。

 

京都競馬場:10/12(土)~10/14(月)

 

京都競馬場:10/19(土)

 

今週の記事で馬場について、少し述べましたが、ここのところは生憎のお天気。

先週と今週土曜まで、良馬場で行われたレースは1つありませんね。

 

馬場傾向をひと言で言えば、脚質不問で上がりが求められる馬場となるでしょう。

勝ち馬22頭中、実に20頭が上がり3位以内という結果になっています。

 

あとは、週末の天気に関してですが・・

 

京都競馬場:週末の天気

 

土曜の夕方は少し雨が降っていましたが、日曜は1日中晴れ予報となっています。

菊花賞の頃には、良馬場まで回復するかもしれませんね。

 

そうなると、良で行われたレースが1つもないので、馬場傾向は読みにくいかもしれない。

まあ、パンパンの良馬場とはならないでしょうし、上がり重視で考えたいと思います。

 

展開予想

それでは、レースの鍵を握る展開を予想します。

出走馬の過去レース結果を参考に、脚質を分類してみました。

 

逃げ

⑪シフルマン

先行

④ユニコーンライオン
⑬ヴェロックス
⑭サトノルークス
⑮ホウオウサーベル

差し

①ザダル
②ニシノデイジー
③カリボール
⑤ワールドプレミア
⑦ヒシゲッコウ
⑨ヴァンケドミンゴ
⑩カウディーリョ
⑫レッドジェニアル

追込

⑥ディバインフォース
⑧メロディーレーン
⑯ナイママ
⑰タガノディアマンテ
⑱メイショウテンゲン

 

リオンリオンが屈腱炎で回避し、これと言った逃げ馬が不在のレースとなります。

前走で逃げた⑪シフルマンが押し出される形で、逃げそうだと考えています。

 

どの馬かが掛かって暴走しない限りは昨年と同様、スローペースに落ち着くと見ています。

展開予想としては、先行勢が有利との最終結論に致します。

 

最終見解

皐月賞馬、ダービー馬、トライアル勝ち馬もいない、今年の菊花賞。

しかし、予想は意外とスンナリ決まり、ランキングに記載した馬を素直に評価しました。

 

本命

⑫レッドジェニアル

 

7戦中6戦が上がり3位以内という、上がり重視にもってこいの馬。

条件戦だけでなく、京都新聞杯上がり1位、ダービー上がり2位というのも心強い。

 

加えて、京都コースでは4戦して全て馬券内と、京都巧者である点も評価しました。

稍重のときの成績が少し悪いので、馬場ができるだけ回復して欲しいですね!

 

対抗

⑭サトノルークス

 

前走のセントライト記念では、上位3頭の中で唯一、上がり3位以内でした。

母父Sadler's Wellsが魅力で、長距離と重い馬場には適性があると見て、対抗にしました。

 

福永騎手は初コンビとなりますが、ソツなく乗ってくれる騎手なので、問題なさそう。

この馬はレッドジェニアルとは逆に、馬場が回復しない方が好走できそうな気がしてます。

 

注目

⑮ホウオウサーベル

 

春は無理せずじっくりと休養を挟み、このレースを照準にしたローテは好印象。

蛯名騎手が前走勝たせたという点に、この馬への思いが伝わってきました。

 

ただし、降級制度がなくなったので、上がり馬がどこまで通用するかは心配。

秋華賞は2勝クラスを勝った馬が全滅しましたので、その点は少し評価を下げました。

 

穴馬

 

ルメール騎手が騎乗するので、ニシノデイジーがかなり人気してますね。

まあ、わからなくもないですが、だったら戦績的にコチラを狙いたいと思います。

 

父馬が無類の京都巧者だったので、その点を受け継いでいるといいですね~

内枠の利を活かして、ロスない競馬できれば、面白い1頭だと見ています。

 

買い目

馬連/3連複

軸:12
相手:14, 15, 穴, 5, 13

軸:14
相手:12, 15, 穴, 5, 13

 

神戸新聞杯の上位2頭⑤ワールドプレミア、⑬ヴェロックスも、当然ながら馬券はおさえます。

馬場傾向が少し読みにくいので、今回は本命/対抗からそれぞれ流す形で勝負します!

 

おすすめ!競馬予想サイト

無料で使えるサイトをいくつかご紹介します。

メールアドレス登録のみとお手軽ですので、是非一度ご覧になってください!

 

うまとみらいと

うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

トップチーム

トップチーム

おすすめポイント

他社では不可能な万馬券攻略も最先端の
情報にて無限の払い戻しをお届けします。

EXTRA

EXTRA

おすすめポイント

1ランク上のステージにお連れするために
生まれた結果至上主義のサイトです!

-競馬2019
-

© 2020 KEIBA CHANNEL