【武豊騎手】今週の想定/騎乗予定(2018/1/6~1/8)

 

2018/1/6(土)、1/7(日)、1/8(月)の3日間は京都競馬場での騎乗予定。

京都金杯(G3)はブラックムーン、シンザン記念(G3)はプリュスに騎乗する想定です。

 

想定/騎乗予定

1/6(土) 1回京都1日目

Rレース名騎乗馬
13歳未勝利(牝)(なし)
23歳未勝利(なし)
33歳未勝利(なし)
44歳上500万下(なし)
53歳未勝利ユーキャンスマイル
63歳新馬カザン
74歳上500万下(なし)
84歳上1000万下(なし)
9福寿草特別ウォルビスベイ
10初夢ステークスカルムパシオン
11京都金杯(G3)ブラックムーン
124歳上1000万下ディープウォーリア

 

1/7(日) 1回京都2日目

Rレース名騎乗馬
13歳未勝利キタサンデイジー
23歳未勝利(牝)(なし)
33歳新馬リュウノシャツ
4障害4歳上未勝利(なし)
53歳未勝利キタサンタイドー
63歳500万下バーンフライ
74歳上500万下(なし)
84歳上500万下ステイキングダム
9舞鶴特別(なし)
10寿ステークスジャズファンク
11万葉ステークス(なし)
124歳上1000万下(なし)

 

1/8(月) 1回京都3日目

Rレース名騎乗馬
13歳未勝利(なし)
23歳新馬(牝)(なし)
33歳500万下メイショウイサナ
44歳上500万下カフジキング
53歳未勝利インノータイム
63歳新馬(なし)
74歳上500万下ハートフルタイム
84歳上500万下(なし)
9許波多特別(なし)
10羅生門ステークススマートレイチェル
11シンザン記念(G3)プリュス
124歳上1000万下カフェライジング

 

パーフェクト馬券メソッド

okawa

今週の無料情報

ラジオNIKKEI賞(G3)

おすすめポイント

万馬券を連発!勝つための情報を提供中!

今週の勝負レースの予想を無料でGETには、まず [赤ボタン] をクリック

1/6(土) 京都

6R 3歳新馬 芝2000m

カザン(牡3)
池江厩舎(栗東)、キーファーズ

父:ディープインパクト
母:シャンパンドーロ

 

9R 福寿草特別 芝2000m

ウォルビスベイ(牡3)
松永幹厩舎(栗東)、社台RH

2017.11.05 京都 2歳未勝利
1着 (1人気) 芝1800 良

2017.10.08 京都 2歳未勝利
2着 (1人気) 芝2000 稍重

2017.09.02 小倉 2歳未勝利
2着 (2人気) 芝2000 良

 

10R 初夢ステークス ダ1900m

カルムパシオン(せ5)
中竹厩舎(栗東)、前田晋二

2017.10.29 京都 御陵S
14着 (5人気) ダ1800 不良

2017.10.07 京都 北國新聞杯
1着 (1人気) ダ1900 不良

2017.09.09 中山 鋸山特別
3着 (1人気) ダ1800 良

 

11R 京都金杯(G3) 芝1600m

ブラックムーン(牡6)
西浦厩舎(栗東)、Him Rock Racing

2017.12.09 阪神 リゲルS
5着 (2人気) 芝1600 良

2017.11.19 京都 マイルCS(G1)
6着 (17人気) 芝1600 稍重

2017.10.21 東京 富士S(G3)
8着 (9人気) 芝1600 不良

 

1/7(日) 京都

3R 3歳新馬 ダ1200m

リュウノシャツ(牡3)
石橋厩舎(栗東)、岡浩二

父:ローレルゲレイロ
母:ウルトラエナジー

 

10R 寿ステークス 芝2000m

ジャズファンク(牡6)
角田厩舎(栗東)、市川義美HD

2017.12.09 阪神 オリオンS
7着 (9人気) 芝2400 良

2017.11.18 京都 修学院S
5着 (5人気) 芝2000 重

2017.10.09 京都 大原S
4着 (7人気) 芝2000 良

 

1/8(月) 京都

10R 羅生門ステークス ダ1400m

スマートレイチェル(牝4)
西園厩舎(栗東)、大川徹

2017.11.03 京都 貴船S
5着 (5人気) ダ1400 良

2017.10.08 京都 3歳上1000万下
1着 (1人気) ダ1400 重

2017.09.10 阪神 新涼特別
5着 (2人気) ダ1400 良

 

11R シンザン記念(G3) 芝1600m

プリュス(牝3)
松永幹厩舎(栗東)、キーファーズ

2017.12.16 中京 2歳未勝利
1着 (3人気) 芝1400 良

2017.07.22 中京 2歳新馬
9着 (1人気) 芝1400 良

 

管理人の戯言

ホープフルSに出走したジャンダルムは2着という結果に終わり、惜しくもG1制覇となりませんでした。

池江調教師、武豊騎手が2000mは熟せると言ってたとおり、距離は問題なかったですね。

 

前半の1000m通過が59.6秒、2歳戦にしては思ったより早い流れ。

そのため、最後はタイムフライヤーの決め手に屈した形となりました。

 

最初の2Fは行きたがったようですし、やはりマイルの方が競馬しやすいのかなと思いました。

しかし、前田オーナーがクラシックを優先しそうなので、2018年はスプリングS→皐月賞とかになりそう。

 

なお、この1戦で更に評価を上げたのは、わずか1戦のキャリアでタイムフライヤーを差し切ったグレイル

復帰戦は共同通信杯を予定しているそうですが、どんな勝ち方をするのか楽しみしかないです。

 

この記事を見ているほとんどの人は、グレイルとのコンビを望んでいると思います。

ただ、私の予想では、皐月賞はジャンダルムに乗りそうな気がしています。

 

理由はお世話になっている前田オーナーの所有馬を優先すると思われるからです。

ジャンダルム、グレイルと来年の春が待ち遠しいですね!

 

-武豊想定