【POG2018-2019】社台系クラブの注目馬/有力馬

POG2018-2019

本ページでは社台系クラブの注目馬/有力馬を取り上げてみたいと思います。

下記一覧の中に、2019年のダービー/オークス馬がいるかもしれないので、要チェックです!

 

シルクレーシング

アーモンドアイの牝馬2冠に沸いた2018年のクラシック。

7/1時点での2018年馬主リーディングでは、キャロットFをおさえて2位と今最も勢いのあるクラブです。

 

 

個人的な注目馬を1頭あげるとすれば、レーヴドカナロアです。

レーヴドスカーは10頭目の産駒になりますが、兄姉9頭は全て違う種牡馬ながらも全頭勝ち上がり。

 

重賞勝ち・G1勝ちもおさめていますが、体質の弱さから能力を開花できずに引退するケースも。

名牝の最後の仔になりますので、一族悲願のクラシック戴冠を期待しております。

 

サンデーレーシング

昨シーズンはラッキーライラック、タイムフライヤーで2歳G1を勝利。

今年もグランアレグリアが早々に新馬戦を勝ち上がっており、社台系クラブのエース的な存在です。

 

 

頭数が多いので、注目馬は牡馬/牝馬で1頭ずつ取り上げたいと思います。

まず牡馬は、アメジストヴェイグとしました。

 

ダイナカール→エアグルーヴと続く一族で、母のグルヴェイグも2012年のマーメイドSを制覇。

惜しくも、屈腱炎でそのまま引退となりましたが、能力の高さは産駒に受け継がれるでしょう。

 

次に牝馬ですが、オーロトラジェをあげたいと思います。

 

半姉にミッキークイーンがいる血統で、姉と同じ池江厩舎に預託されます。

他の兄姉もソコソコ活躍しているので、クラシック戦線に乗ることを期待したいです。

 

キャロットファーム

2017年にレイデオロでダービー制覇しましたが、昨シーズンの2~3歳戦では重賞勝ち鞍なし。

しかし、評判馬サートゥルナーリアが順当にデビュー勝ち、今年は雪辱に果たすことでしょう。

 

 

注目はやはり、ソルドラードをあげざるを得ないでしょうね。

ティソーナ、レイデオロ、レイエンダに続く、ラドラーダの4番目の仔にあたります。

 

母系はウインドインハーヘアの一族で、近親には大種牡馬ディープインパクトもいます。

レイエンダも順調ならクラシックを沸かせていたでしょうし、この仔も当然期待は大きいはずです。

 

社台ファーム

ステイフーリッシュ、リバティハイツと昨年は重賞2勝あげるも、インパクトは低め。

近年はこれまで紹介した3つのクラブと比較すると、後塵を拝している感は否めないですね。

 

 

注目馬は少々マニアックになりますが、新種牡馬のジャスタウェイ産駒を取り上げたいと思います。

 

母、半姉が競走馬として活躍した、シングフォーユーにしました。

お姉さんのシングウィズジョイの分まで、無事に頑張って欲しいものです。

 

公開日:
最終更新日:2018/07/03