【ドンフォルティス】次走は武豊騎手に手綱が戻りJDDへ!

投稿日:2018-06-08 更新日:

 

3歳初戦となった伏竜Sでは、石橋脩騎手鞍上で見事な勝利をおさめたドンフォルティス

気になる次走情報が発表されましたので、戦績や血統と合わせてご紹介します。

 

 

お客様の成功こそが何よりの喜びです!

おすすめ

投資競馬専門情報「TAZUNA」は
ギャンブルから投資への昇華に成功!

お知らせ

会員登録が完了後、毎週末の買い目
完全無料&無制限でご提供します!

↓↓ 登録は無料!是非お試し下さい ↓↓

 

近況・次走

前走の伏竜Sでは、好位追走から直線は早めに抜け出しての完勝でした!

全日本2歳優駿で後塵を拝したルヴァンスレーヴに勝利したのですから、価値ある1勝と考えていいでしょう。

 

前走後は放牧に出されておりましたが、今週帰厩し、軽めの坂路調教を再開しました。

次走はジャパンダートダービー(大井・Jpn1・ダ2000m)に出走予定。

 

前走時、ドバイ遠征中だった武豊騎手に手綱が戻って、初のG1タイトルを目指します。

秋は古馬との対戦になりますので、同世代には負けてられませんね!

 

競走馬としての戦績

これまでの競走戦績をまとめて記載します。

 

2018年

日付 レース 距離
04/01 伏竜S ダ1800 1

 

2017年

日付 レース 距離
12/13 全日本2歳優駿(Jpn1) ダ1600 2
10/31 北海道2歳優駿(Jpn3) ダ1800 1
09/30 ヤマボウシ賞 ダ1400 1
07/22 2歳未勝利 ダ1200 1
07/08 2歳新馬 ダ1400 3

 

初戦こそ、3着に敗れたものの、未勝利→500万下と3馬身差を付けての連勝。

北海道2歳優駿は距離延長で初の1800mでしたが、捲り気味に押し上げ、着差以上に強い内容でした。

 

全日本2歳優駿では、3コーナーで大きな不利がありながらも、最後は鋭い伸び脚で2着。

初G1のタイトルとはなりませんでしたが、来年への飛躍を期待させる内容だったと思いますよ!

 

ドンフォルティスの血統

血統や名前の由来などを紹介します。

 

ドンフォルティス(牡)
牧浦厩舎(栗東)、山田貢一

父:ヘニーヒューズ
母:グロッタアズーラ

 

ヘニーヒューズはアメリカの競走馬として、ダート短中距離で活躍しました。

3歳で競走生活を終えたため、10戦のみでしたが、10戦6勝(2着3回)と安定した戦績を残し、G1も2勝しました。

 

日本では外国産馬として、アジアエクスプレスモーニンがG1レースを勝利するなど、活躍馬を輩出。

また、2014年からは日本での種付けが開始され、ドンフォルティスは日本の種牡馬としての初年度産駒にあたります。

 

産駒の傾向としては、ダートでの勝利が多いものの、芝重賞レースの勝利実績もあります。

距離適性は1200m~1800mと言えそうで、ヘニーヒューズの血が色濃く受け継がれているのでしょう。

 

グロッタアズーラは日本で中央→地方と10戦しましたが、未勝利で現役生活を終えました。

また、これまで目立った産駒はおらず、ドンフォルティスが3番目の仔となります。

 

同馬が既に3勝をあげたことで、今後はヘニーヒューズが種付けされる機会が増えることが予測されます。

馬名の由来は、ドン(冠名)+フォルティス(勇敢な:ラテン語)だそうです。

 

おすすめ競馬予想サイト!

ランキング形式にてご紹介します。

しっかりと儲かる情報が提供され、無料で安心して使えるサイトです。

 

メールアドレス登録のみで見ることできますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか!

 

【第1位】うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

【第2位】俺の競馬

おすすめポイント

初心者でも競馬の知識がなくてもOK!
帯封超えの的中を量産しているサイトです。

【第3位】switch

おすすめポイント

自信をもって情報を出しているから、
なんと100%保証対象!ビビりますよ!

-武豊想定
-

Copyright© ケイバネル , 2019 All Rights Reserved.