【きさらぎ賞2019】出走予定馬・騎手|予想オッズとデータ分析

2019/2/3(日)、きさらぎ賞(G3・芝1800m)が京都競馬場で開催。

出走予定馬・想定騎手・予想オッズの発表、及び、データ分析を行います。

 

ウマニキ

umaniki

今週の無料情報

日本ダービー(G1)

最近の的中実績

5/22(日) 火打山特別 355,400円 (3連単 500円×10点=5000円購入)

5/15(日) ヴィクトリアM(G1) 218,900円 (3連単 500円×10点=5000円購入)

出走予定馬・予想オッズ

出走可能頭数:18頭/登録頭数:11頭

 

出走予定馬

馬名性齢騎手
アガラス牡3戸崎
ヴァンドギャルド牡3Mデムーロ
エングレーバー牡3藤岡佑
コパノマーティン牡3(未定)
サンアップルトン牡3(未定)
タガノディアマンテ牡3秋山
ダノンチェイサー牡3川田
ハギノアップロード牡3(未定)
マコトジュズマル牡3(未定)
メイショウテンゲン牡3池添
ランスオブプラーナ牡3(未定)

 

予想オッズ

馬名斤量予想オッズ
ヴァンドギャルド56.03.5
アガラス56.03.8
ダノンチェイサー56.04.2
エングレーバー56.06.7
ハギノアップロード56.020.3
メイショウテンゲン56.022.1
タガノディアマンテ56.042.6
ランスオブプラーナ56.062.9
コパノマーティン56.0143.0
マコトジュズマル56.0180.2
サンアップルトン56.0206.4

 

過去10年データ

過去10年のデータからレース傾向をまとめました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠1-1-0-810.0%20.0%20.0%
2枠1-2-0-710.0%30.0%30.0%
3枠3-1-2-430.0%40.0%60.0%
4枠0-1-3-70.0%9.1%36.4%
5枠1-2-0-98.3%25.0%25.0%
6枠1-1-0-117.7%15.4%15.4%
7枠2-1-3-913.3%20.0%40.0%
8枠1-1-2-135.9%11.8%23.5%

複勝率:内枠(1-4) 36.6%、外枠(5-8) 26.3%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ2-3-0-520.0%50.0%50.0%
先行5-2-2-2713.9%19.4%25.0%
差し3-1-5-1512.5%16.7%37.5%
追込0-4-3-200.0%14.8%25.9%

逃げが連対率5割と驚異的な数値を叩き出しています!

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
14-3-0-340.0%70.0%70.0%
2~32-3-6-910.0%25.0%55.0%
4~64-3-3-2013.3%23.3%33.3%
7~90-1-0-260.0%3.7%3.7%
10~0-0-1-100.0%0.0%9.1%

少し異なる点もありますが、人気上位ほど成績が良く、荒れにくいレースと言えそう。

 

当該コースデータ

2017年以降のレース結果(京都・芝1800m)を対象にデータを抽出しました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠12-11-8-8910.0%19.2%25.8%
2枠7-9-10-1025.5%12.5%20.3%
3枠8-9-7-1096.0%12.8%18.0%
4枠13-10-14-1069.1%16.1%25.9%
5枠8-16-18-1115.2%15.7%27.5%
6枠19-11-15-11611.8%18.6%28.0%
7枠14-19-10-1338.0%18.8%24.4%
8枠16-12-15-1388.8%15.5%23.8%

複勝率:内枠(1-4) 22.5%、外枠(5-8) 25.8%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ17-6-8-6617.5%23.7%32.0%
先行37-47-39-22210.7%24.3%35.7%
差し25-34-30-3076.3%14.9%22.5%
追込18-10-20-3055.1%7.9%13.6%
捲り0-0-0-20.0%0.0%0.0%

他のコースと同様に、前に付けるほど成績が良くなっております。

 

騎手着別度数勝率連対率複勝率
川田11-9-5-2123.9%43.5%54.3%
福永11-3-6-2126.8%34.1%48.8%
Mデム8-11-8-1618.6%44.2%62.8%
藤岡佑7-7-3-1720.6%41.2%50.0%
松山7-3-2-4113.2%18.9%22.6%

川田騎手はダノンチェイサーに騎乗予定です。

 

厩舎着別度数勝率連対率複勝率
池江8-6-3-1525.0%43.8%53.1%
友道7-0-1-650.0%50.0%57.1%
中内田6-1-2-737.5%43.8%56.3%
角居5-2-2-1421.7%30.4%39.1%
石坂4-3-1-1815.4%26.9%30.8%

池江厩舎からはダノンチェイサーがスタンバイ。騎手×厩舎ともに1位は激アツかもです!

 

今週の競馬予想

きさらぎ賞は毎年少頭数ながら、後の活躍馬を多数輩出しているレースです。

2016年のサトノダイヤモンドは記憶に新しいところで、トーセンラーは古馬G1を勝利しました。

 

また、本レースを負けた馬の中には、2011年の3冠馬オルフェーヴルもいます。

昨年2着のグローリーヴェイズは、今年の日経新春杯を勝利しましたね。

 

京都の1800mは外回りコースを使用し、馬の実力がそのまま結果に反映されやすいと思います。

ここで複勝圏内に来た馬は、その馬の今後にも注目しておいたら良いかもですね。

 

軸としての条件は?

それでは、きさらぎ賞のデータ分析に移ります。

  1. 6番人気以内
  2. 逃げ/先行
  3. 内枠

 

少頭数で馬の実力が問われるのであれば、レースが荒れにくいのは当然だと考えます。

今年は登録の時点で11頭なので、間違いなく堅めの決着になるでしょう。

 

また、このレースは1000m通過で60秒を切ったのは、過去10年で2014年/2016年の2回だけ。

比較的、前半がスローで流れやすい傾向にあり、前目に付けた馬が好成績を残しておりますね。

 

ただし、今年は例年と比較すると、京都競馬場の馬場傾向が少し異なる印象です。

外差しも決まる馬場ですので、その点も考慮に入れておくべきだと考えます。

 

↓↓ 本レースの注目馬はコチラ ↓↓

 

今年は、京都金杯や日経新春杯を見ても、走破時計や上がり3Fが遅い決着でした。

例年のような、ディープインパクト産駒有利の馬場ではないと感じております。

 

よって、スタミナ・パワー系のオルフェーヴル産駒である、この馬を注目馬としました。

川田騎手×池江厩舎のダノンチェイサーも気になるので、馬連/ワイド1点勝負も面白いかもですね!

 

サンキタ!the compi

compi

2021年度の実績

的中率:55.6%、回収率:124.5%

3連複のメリット

狙いの馬が3着でも的中、上位人気中心の組合せでも高配当が狙える

少点数でも本命サイドから高配当まで広配当域に無理なく対応できる

-重賞データ