【マイラーズカップ2019】出走予定馬・騎手|予想オッズとデータ分析

2019/4/21(日)、マイラーズC(G2・芝1600m)が京都競馬場で開催。

出走予定馬・想定騎手・予想オッズの発表、及び、データ分析を行います。

 

出走予定馬・予想オッズ

出走可能頭数:18頭/登録頭数:10頭

 

出走予定馬

馬名性齢騎手
インディチャンプ牡4福永
ケイアイノーテック牡4シュタルケ
ダノンプレミアム牡4川田
パクスアメリカーナ牡4藤岡佑
モズアスコット牡5ルメール
メイショウオワラ牝5(未定)
ストーミーシー牡6北村友
トーアライジン牡6(未定)
グァンチャーレ牡7池添
コウエイタケル牡8(未定)

 

予想オッズ

馬名斤量予想オッズ
ダノンプレミアム57.01.7
インディチャンプ56.03.3
パクスアメリカーナ56.06.2
モズアスコット58.06.8
グァンチャーレ56.018.6
ケイアイノーテック58.023.5
メイショウオワラ54.097.4
ストーミーシー56.0127.1
コウエイタケル56.0208.0
トーアライジン56.0423.9

 

パーフェクト馬券メソッド

okawa

今週の無料情報

ラジオNIKKEI賞(G3)

おすすめポイント

万馬券を連発!勝つための情報を提供中!

今週の勝負レースの予想を無料でGETには、まず [赤ボタン] をクリック

過去10年データ

過去10年のデータからレース傾向をまとめました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0-2-0-140.0%12.5%12.5%
2枠2-2-0-1311.8%23.5%23.5%
3枠1-1-3-135.6%11.1%27.8%
4枠1-2-1-145.6%16.7%22.2%
5枠0-1-0-170.0%5.6%5.6%
6枠0-1-5-130.0%5.3%31.6%
7枠1-1-0-234.0%8.0%8.0%
8枠5-0-1-1920.0%20.0%24.0%

複勝率:内枠(1-4) 21.7%、外枠(5-8) 17.2%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ2-1-0-720.0%30.0%30.0%
先行4-2-5-2411.4%17.1%31.4%
差し3-6-5-494.8%14.3%22.2%
追込1-1-0-462.1%4.2%4.2%

それぞれの数値を見ると、前に付けた方が有利かなという印象です。

 

人気着別度数勝率連対率複勝率
11-2-3-410.0%30.0%60.0%
2~35-2-2-1125.0%35.0%45.0%
4~62-4-1-236.7%20.0%23.3%
7~92-1-3-246.7%10.0%20.0%
10~0-1-1-640.0%1.5%3.0%

勝率/連対率においては、1番人気が苦戦傾向にあります。

また、10番人気以下はほぼ馬券になってないので、過度な大穴狙いは禁物かも?

 

年齢着別度数勝率連対率複勝率
4歳3-5-1-356.8%18.2%20.5%
5歳3-2-7-287.5%12.5%30.0%
6歳3-1-1-318.3%11.1%13.9%
7上1-2-1-322.8%8.3%11.1%

6歳以上もソコソコ馬券に絡んでおり、特に傾向はないと言えるでしょう。

 

当該コースデータ

2016年以降のレース結果(京都・芝1600m外回り)を対象にデータを抽出しました。

 

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠8-10-9-797.5%17.0%25.5%
2枠9-6-10-868.1%13.5%22.5%
3枠13-10-10-8511.0%19.5%28.0%
4枠8-10-9-996.3%14.3%21.4%
5枠7-10-12-1035.3%12.9%22.0%
6枠10-15-7-1107.0%17.6%22.5%
7枠7-11-15-1314.3%11.0%20.1%
8枠21-11-12-13211.9%18.2%25.0%

複勝率:内枠(1-4) 24.3%、外枠(5-8) 22.5%

 

脚質着別度数勝率連対率複勝率
逃げ10-5-12-5612.0%18.1%32.5%
先行29-34-23-2079.9%21.5%29.4%
差し32-33-33-2988.1%16.4%24.7%
追込12-10-16-2634.0%7.3%12.6%
捲り0-1-0-10.0%50.0%50.0%

レースデータと比較すると、前有利との結果がより鮮明に出ていると感じます。

 

騎手着別度数勝率連対率複勝率
川田10-4-7-2521.7%30.4%45.7%
松山8-4-3-3516.0%24.0%30.0%
Mデム7-12-3-2016.7%45.2%52.4%
福永7-5-6-2416.7%28.6%42.9%
武豊6-5-6-2514.3%26.2%40.5%

川田騎手はダノンプレミアム、福永騎手はインディチャンプに騎乗予定。

 

厩舎着別度数勝率連対率複勝率
池江7-5-3-1622.6%38.7%48.4%
藤原5-2-5-1320.0%28.0%48.0%
須貝5-2-5-1220.8%29.2%50.0%
河内4-0-2-1618.2%18.2%27.3%
矢作3-3-2-2110.3%20.7%27.6%

矢作厩舎からはモズアスコットが出走を予定しております。

 

今週の競馬予想

今年は少頭数になりましたが、メンバはかなり揃った感があります。

勢いのある4歳馬を中心に、有力馬を1頭ずつ見ていきたいと思います。

 

ダノンプレミアム

ダービー以来となった、前走の金鯱賞(G2)はあっさりと勝利。

大阪杯(G1)の最有力馬と考えてましたが、回避してここから安田記念(G1)を目指す模様。

 

あの展開なら大阪杯も勝利してたでしょうし、このレースもスローの瞬発力勝負になりそう。

さすがに重い印を打たざるを得ない、内枠なら本命で仕方ないという印象です。

 

インディチャンプ

前走は初重賞とでしたが、1番人気に応えて見事な勝利。

条件戦から勝ち上がってきた上がり馬として、最も勢いがある1頭ですね。

 

8戦中5戦で上がり最速と、瞬発力はかなりのものを秘めていると考えます。

マイルに拘ったローテも好感が持て、G2でも崩れる姿は想像しにくいです。

 

パクスアメリカーナ

年明けの京都金杯(G3)を制し、それ以来の出走となります。

まさか、同厩舎のダノンプレミアムと同じレースに使ってくるとは思いませんでした。

 

中内田厩舎は馬の体調に合わせた、ローテを組んでいるという裏付けかもしれません。

今回は藤岡佑騎手との初コンビ、あとは、瞬発力勝負になったときにどうかな?という印象です。

 

タワーオブロンドン ※出走回避

もうお忘れかもしれませんが、昨年のNHKマイルC(G1)は1番人気に支持されたこの馬。

直線で前が開かず大敗してから、少し歯車が狂った感がありますね。

 

ルメール騎手がモズアスコットに騎乗するため、今回は武豊騎手との初コンビ。

瞬発力は素晴らしいので、過去の輝きを取り戻せるかが焦点になりそう。

 

軸としての条件は?

データ分析の結果を元に、軸としての条件を抽出しました。

  1. 1桁人気
  2. 逃げ/先行
  3. 内枠

 

ダノンプレミアムに対抗できる馬はいるのか? 注目はその1点だけだと思います。

それでは、本レースの注目馬をランキングにて発表します!

 

↓↓ 本レースの注目馬はコチラ ↓↓

 

ダノンプレミアムが外枠で、この馬が内枠だったらおもしろいレースになるかも?

まあ、今年はかなりの少頭数が想定されるので、枠による影響は少なくはなりますが。

 

中団より前に付けて、内から脚を伸ばすレースができれば、かなり胸アツですねー

安田記念前に賞金を加算したいはずなので、メイチ度は比較的高いかもしれませんよ!

 

-重賞データ