【アルゼンチン共和国杯2018】出走予定馬・騎手|予想オッズとデータ分析

投稿日:2018-10-30 更新日:

アルゼンチン共和国杯(G2・芝2500m)は、2018/11/4(日)の東京競馬場で開催。

出走予定馬・想定騎手・予想オッズの発表、及び、データ分析を行います。

 

 

お客様の成功こそが何よりの喜びです!

おすすめ

投資競馬専門情報TAZUNA
ギャンブルから投資への昇華に成功!

お知らせ

会員登録完了後、毎週末の買い目
完全無料&無制限でご提供します!

↓↓ 登録は無料!是非お試し下さい ↓↓

 

出走予定馬・予想オッズ

出走可能頭数:18頭/登録頭数:16頭

 

出走予定馬

馬名 性齢 騎手
ジナンボー 牡3 (未定)
ヘリファルテ 牡4 石川裕
ホウオウドリーム 牡4 (未定)
ムイトオブリガード 牡4 四位
ウインテンダネス 牡5 松岡
ヴォージュ 牡5 藤岡康
エンジニア 牡5 北村宏
ガンコ 牡5 三浦
ノーブルマーズ 牡5 高倉
ルックトゥワイス 牡5 北村友
マコトガラハッド セ5 (未定)
パフォーマプロミス 牡6 オドノヒュー
アルバート 牡7 田辺
トレジャーマップ 牡7 (未定)
アクションスター 牡8 (未定)
トウシンモンステラ 牡8 柴田大

 

予想オッズ

馬名 斤量 予想オッズ
ノーブルマーズ 56.0 3.8
アルバート 58.5 5.2
パフォーマプロミス 56.0 6.5
ガンコ 57.0 7.4
ムイトオブリガード 55.0 8.0
ウインテンダネス 56.0 12.4
ヘリファルテ 53.0 16.2
ルックトゥワイス 54.0 18.3
ジナンボー 49.0 20.7
ヴォージュ 55.0 23.3
ホウオウドリーム 54.0 27.9
エンジニア 54.0 33.1
マコトガラハッド 51.0 39.1
トウシンモンステラ 51.0 89.5
アクションスター 51.0 106.2
トレジャーマップ 49.0 129.0

 

過去10年データ

過去10年のデータからレース傾向をまとめました。

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1 3-1-1-5 30.0% 40.0% 50.0%
2 3-2-0-5 30.0% 50.0% 50.0%
3 2-1-5-2 20.0% 30.0% 80.0%
4~6 0-5-1-24 0.0% 16.7% 20.0%
7~9 1-1-2-26 3.3% 6.7% 13.3%
10~ 1-0-1-78 1.3% 1.3% 2.5%

ハンデ戦ながらも、上位人気が結果を出しているレースです。

 

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 1-0-1-16 5.6% 5.6% 11.1%
2枠 3-0-2-15 15.0% 15.0% 25.0%
3枠 2-1-0-17 10.0% 15.0% 15.0%
4枠 0-3-2-15 0.0% 15.0% 25.0%
5枠 0-2-1-17 0.0% 10.0% 15.0%
6枠 3-1-1-15 15.0% 20.0% 25.0%
7枠 1-2-2-21 3.8% 11.5% 19.2%
8枠 0-1-1-24 0.0% 3.8% 7.7%

内枠(1~4枠):複勝率 19.2%、外枠(5~8枠):複勝率 16.3%

 

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-0-0-9 10.0% 10.0% 10.0%
先行 3-4-3-25 8.6% 20.0% 28.6%
差し 6-6-4-59 8.0% 16.0% 21.3%
追込 0-0-3-47 0.0% 0.0% 6.0%

直線が長いコースですが、追込は不発で過去10年で連対馬はゼロ。

 

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 1-0-3-1 20.0% 20.0% 80.0%
4歳 7-4-4-23 18.4% 28.9% 39.5%
5歳 0-4-3-42 0.0% 8.2% 14.3%
6歳 2-2-0-30 5.9% 11.8% 11.8%
7上 0-0-0-44 0.0% 0.0% 0.0%

人気の一角となりそうなアルバート(牡7)には、不吉なデータと言えそう。

 

当該コースデータ

2010年以降のレース結果(東京芝2500m)を対象にデータを抽出しました。

 

人気 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1 4-5-2-8 21.1% 47.4% 57.9%
2 3-3-0-13 15.8% 31.6% 31.6%
3 3-1-6-9 15.8% 21.1% 52.6%
4~6 3-5-5-44 5.3% 14.0% 22.8%
7~9 5-3-5-44 8.8% 14.0% 22.8%
10~ 1-2-1-144 0.7% 2.0% 2.7%

特に主だった傾向はありません。上位人気ほど良績をおさめています。

 

枠番 着別度数 勝率 連対率 複勝率
1枠 2-2-4-26 5.9% 11.8% 23.5%
2枠 4-2-3-27 11.1% 16.7% 25.0%
3枠 1-2-0-34 2.7% 8.1% 8.1%
4枠 2-3-4-28 5.4% 13.5% 24.3%
5枠 0-4-2-32 0.0% 10.5% 15.8%
6枠 4-2-3-28 10.8% 16.2% 24.3%
7枠 4-1-2-43 8.0% 10.0% 14.0%
8枠 2-3-1-44 4.0% 10.0% 12.0%

内枠(1~4枠):複勝率 20.1%、外枠(5~8枠):複勝率 16.0%

 

脚質 着別度数 勝率 連対率 複勝率
逃げ 1-1-0-17 5.3% 10.5% 10.5%
先行 5-8-6-53 6.9% 18.1% 26.4%
差し 13-10-8-106 9.5% 16.8% 22.6%
追込 0-0-5-85 0.0% 0.0% 5.6%
捲り 0-0-0-1 0.0% 0.0% 0.0%

ここでも追込馬が不発。後方からレースを進める馬は割り引きが必要かと。

 

年齢 着別度数 勝率 連対率 複勝率
3歳 3-2-5-26 8.3% 13.9% 27.8%
4歳 8-3-5-41 14.0% 19.3% 28.1%
5歳 3-11-4-64 3.7% 17.1% 22.0%
6歳 2-3-2-51 3.4% 8.6% 12.1%
7上 3-0-3-80 3.5% 3.5% 7.0%

高齢馬も母数が揃っているのは珍しいですが、それぞれの率はあまり良くないですねー

 

予想まとめ

今年は16頭がエントリーしていますが、あと2~3頭は回避すると思います。

アクションスターは連闘になるし、ジナンボーは土曜の条件戦にオドノヒュー騎手との想定。

 

13頭くらいになれば、展開による紛れが少なく、実力どおりの結果になるかもですねー

それでは、はじめにデータ分析の総括から。注目すべき点としては、大きく2つ。

 

1点目は東京コースは直線が長いですが、2500mでは追込が全く決まらないこと。

過去10年の勝ち馬の3F平均は34.5秒、瞬発力よりもスタミナが問われるのではないでしょうか。

 

そして、2点目は比較的内枠が有利であること。

以上のことから、注目すべきは内枠の先行/差し馬で、直線での進路取りが鍵になりそうです。

 

そしたら、上位人気が予想される出走予定馬の分析を簡単に。

押し出された形でノーブルマーズが1番人気になるんですかね?

 

春の人気からすると俄かに信じがたいですが・・ただ、勝ち味が遅い点が少し気になります。

まあ、上位人気が良績を残している点はプラスで、56Kgの斤量も恵まれた感がありますね。

 

アルバートパフォーマプロミスガンコと続きそうですが、この3頭は推せる要素が少ない・・

アルバートは58.5Kgは明らかに重いし、7歳でピークは過ぎた感も否めません。

 

パフォーマプロミスは京都大賞典を感冒で取消、やや順調さを欠いての復帰戦となります。

ガンコはオールカマー7着で、ここ2走凡走が続いているのをうまく立て直せるかどうか。

 

それではランキングにて、注目馬を発表させていただきます。

 

↓↓ 注目馬は ↓↓

人気ブログランキングへ

 

過去10年データを見ると、馬券内の30頭中、10頭は前走条件戦からの参戦になります。

よって、ここは今、最も勢いのある1頭を注目馬としました。

 

前走は約1年振りのレースとなりましたが、見事に勝利し、まだ底を見せておりません。

格上挑戦とはなりますが、あまり人気もないようでしたら、狙い目になるかもしれません!

 

おすすめ競馬予想サイト!

ランキング形式にてご紹介します。

しっかりと儲かる情報が提供され、無料で安心して使えるサイトです。

 

メールアドレス登録のみで見ることできますので、一度ご覧になってはいかがでしょうか!

 

【第1位】うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

【第2位】俺の競馬

おすすめポイント

初心者でも競馬の知識がなくてもOK!
帯封超えの的中を量産しているサイトです。

【第3位】高配当21

おすすめポイント

SI指数を元に無料情報で回収率130%!
その名の通り高配当に徹底的に拘ります。

-今週の競馬予想

Copyright© ケイバネル , 2019 All Rights Reserved.