【マイルチャンピオンシップ2019予想】馬場傾向から見る有利な脚質

2019/11/17(日)、マイルCS(G1・芝1600m外)が京都競馬場で開催。

先週の馬場状態を振り返り、どの脚質が有利であるか傾向を導き出します。

 

 

【週末の厳選買い目が無料で受け取れます!】

皆さんこういうサイトを待ち望んでいたのではないでしょうか?

このEXTRAというサイトは驚異的な実力で多数の大型馬券を的中しているサイトなのです!

さらに今週も無料での情報提供をしてくれるとのこと。これは期待ですよ!

 

更に!多数の的中を出しておりかなり強力なサイトであることがわかります!

 

他にも十万クラスがポンポンと的中していますので、ぜひサイトを一度見てみてください!

EXTRAの的中実績はこちら⇒ http://www.extra-horse.com/

なぜ、ここまでの的中がいとも簡単に出せるのかというとそれはこのサイトが持っている独自の発想があるからに他なりません!

「競馬はギャンブルではなく、投資であるという発想」

 

そのために、競馬で勝ち続けるために、EXTRAでは必要な情報や知識、そして買い目までも会員様にご提供するというものになっています。

まあ、なにを言っても実際に体感していただくのが一番速いです。

 

まずは無料で登録をし、厳選買い目を受け取ってからこのサイトの実力を見定めてください。

他には類を見ない徹底したサポート、上質したプラント買い目。これら全てをぜひ体感してみてください。

 

このチャンスを逃すときっと後悔します!必ず無料登録をしておくことをお勧めします!

無料会員登録ページはこちら

※メールアドレスを入力するだけの簡単登録です。個人情報が求められることはありません。

 

先週の予想結果

はじめに、先週のブログ/Twitter予想の結果は以下のとおりです。

 

ブログ予想

11/10(日) エリザベス女王杯(G1)
⇒ 馬連/3連複:ハズレ

軸1レッドランディーニ (17人気):14着
軸2シャドウディーヴァ (11人気):15着

Twitter予想①

11/9(土) 武蔵野ステークス(G3)
⇒ 馬連/3連複:ハズレ

軸馬デュープロセス (2人気):7着

Twitter予想②

11/10(土) 福島記念(G3)
⇒ 馬連/3連複:ハズレ

軸馬マイネルファンロン (5人気):16着

 

先週は3重賞を予想しましたが、的中ナシと不甲斐ない結果に終わりました。

言い訳がましくなるかもですが、簡単に振り返りたいと思います。

 

まずは、武蔵野ステークス、週中にランキングで発表した馬が好走したのですが。

喜ぶべきか、悲しむべきか、よくわからない状況になりまして・・

 

ランキング発表馬

積極的に買いたい馬
ワンダーリーデル (1着)

あまり買いたくない馬
タイムフライヤー (2着)

 

まあ、いずれにせよ、タイムフライヤーはどうやっても買えませんでしたね。

そして、次の福島記念は、かなり強烈な過去データの好走傾向がありました。

 

  1. 先行
  2. 3番人気以内
  3. 3~4歳馬

 

週の前半の時点では、ステイフーリッシュが①~③全てに当てはまる想定でした。

軸にするつもりでしたが、思った以上に人気がなくてビックリしましてね・・

 

まあ、このレースは考えていたよりも、ペースが速くなったのも敗因でした。

4着以下なら何着でも同じですが、軸馬が最下位というのに少しガックリしました。

 

そして最後に、エリザベス女王杯は大穴狙いで撃沈。

悔いはあまりないですが、クロコスミアを推奨する手もあったかなぁと思いました。

 

データ分析、展開予想でこの馬が恩恵を受けることは、あらかじめ想像できました。

ただし、1点気になったのは、6歳以上の牝馬はかなり苦戦傾向というデータ。

 

それがあったので、最終見解ではおさえまでに留めてしまいました・・

11月に入って2週が経過しましたが、まだこれと言った結果が出ておりません。

 

今週の予想レースはマイルCS1本に絞る予定で、じっくり吟味したいと思います。

読者の皆様には大変申し訳ないですが、何とか挽回できるように頑張ります!

 

京都競馬場の馬場傾向

先週は土曜6レース、日曜7レースの計13レースが芝で行われました。

 

京都競馬場:11/9(土)~11/10(日)

 

秋の京都開催は通算で12~13日目、芝も内側の傷みが目立つようになりました。

先週の最終見解でも述べましたが、徐々に差しが決まる馬場へと変化。

 

なお、内/外に関しては、外しか伸びない馬場かというと、そうでもないようです。

土日のメインは最内を突いた、武豊騎手/スミヨン騎手が勝利をエスコート。

 

なぜ、内がソコソコ伸びるのかは、私もよくわかっておりません・・

春開催の京都牝馬Sの頃は、内が全く伸びない馬場で、本来はそうなるのが一般的だと思いますが。

 

先週の結果を踏まえると、内枠有利と考えていた方が良いかもしれません。

加えて、今週からBコース→Cコースへ変更となります。

 

メモ

Bコース:直線4m/曲線3m外に内柵を設置
Cコース:直線7m/曲線6m外に内柵を設置

 

端的に申し上げますと、内柵が外側に3m移動することになります。

内枠有利の構図に、更に拍車がかかりそうな気がしています。

 

よって、京都競馬場の馬場は、以下の傾向にあると判断しました。

 

①差しも届き位置取りの優劣はナシ

上がり重視の傾向にあり

 

②内も伸びる馬場で内枠有利

今週からB→Cコース変更により、更に傾向が顕著になると予測

 

マイルCSの主な出走馬

この時期は欧州の一流騎手が短期免許で、来日するのが通例になっています。

秋G1の有力馬は全て外人騎手なんてのも、もう見飽きたかもしれないですね。

 

しかし、今年のマイルCSに限って言うと、一味違いかもしれないです!

今のところの想定では、上位人気馬は全て日本人騎手となりそう。

 

上位人気が想定される馬

  • ダノンプレミアム (川田騎手)
  • ダノンキングリー (横山典騎手)
  • インディチャンプ (池添騎手)

外国人騎手が騎乗する馬

  • アルアイン (R.ムーア騎手)
  • ダイアトニック (C.スミヨン騎手)
  • レイエンダ (C.ルメール騎手)
  • ペルシアンナイト (O.マーフィー騎手)
  • プリモシーン (W.ビュイック騎手)

 

なお、戸崎→横山典騎手、福永→池添騎手は落馬負傷と騎乗停止による乗り替わり。

乗り慣れた騎手ではなくなるので、それによるオッズ上昇もありそう。

 

当日の人気順、そして、どういったレース結果になるのか、要注目ですね~

これで外人騎手が勝つようだと、この秋G1も外人騎手が無双しそうな気が・・・

 

マイルCSの注目馬

京都競馬場の馬場傾向について、ここまで触れてきました。

それでは、本レースの注目馬をランキングにて発表します!

 

↓↓ 本レースの注目馬はコチラ ↓↓

 

インディチャンプとどちらにするか迷いましたが、この馬を推奨します。

 

平均して33秒台の上がりを使えており、前走は見せ場たっぷりのレースでした。

差しが届く馬場で上がり重視なら、上位のチャンスも十分にあると見ています!

 

おすすめ!競馬予想サイト

無料で使えるサイトをいくつかご紹介します。

メールアドレス登録のみとお手軽ですので、是非一度ご覧になってください!

 

うまとみらいと

うまとみらいと

おすすめポイント

夢を叶える3大コンテンツを無料公開!
3連単が3回に1回的中する指数は必見です。

トップチーム

トップチーム

おすすめポイント

他社では不可能な万馬券攻略も最先端の
情報にて無限の払い戻しをお届けします。

EXTRA

EXTRA

おすすめポイント

1ランク上のステージにお連れするために
生まれた結果至上主義のサイトです!

-競馬2019
-

© 2020 KEIBA CHANNEL