【POG】2017-2018

有力馬/注目馬として

2017年にデビューを控えた馬を紹介していきます。

また、今年は新種牡馬オルフェーヴルロードカナロアなどの産駒が初登場となりますので、注目馬も合わせてご紹介します。

 

牡馬編

はじめに、牡馬から紹介します。

 

サトノオンリーワン
堀厩舎(美浦)、里見治

父:ディープインパクト
母:クリームオンリー

ソールインパクトの全弟で、2016年のセレクトセールで1億3500円で落札されました。

6/4(日)東京の芝1600mにモレイラ騎手でデビューしました。

 

プロトスター
戸田厩舎(美浦)、社台RH

父:ネオユニヴァース
母:マルバイユ

マルセリーナ、グランデッツァの半弟にあたる血統です。

9/3(日)新潟の芝1800mに岩田騎手でデビュー予定。

 

レイエンダ
藤沢和厩舎(美浦)、キャロットF

父:キングカメハメハ
母:ラドラーダ

2017年のダービーを制したレイデオロの全弟にあたります。

7/30(日)札幌の芝1800mにルメール騎手でデビューしました。

 

トゥザフロンティア
池江厩舎(栗東)、キャロットF

父:ロードカナロア
母:トゥザヴィクトリー

トゥザグローリー、トゥザワールドの半弟にあたります。

7/22(土)中京の芝1600mにホワイト騎手でデビューしました。

 

ヴェルテアシャフト
池江厩舎(栗東)、キャロットF

父:ディープインパクト
母:ヒルダズパッション

キャロットF所有馬の中で2017年の注目の1頭だそうです。

池江師が成長ぶりをチェックするために牧場を訪れているそうで、覚えておいた方が良い1頭だと思います。

 

ダノンマジェスティ
音無厩舎(栗東)、ダノックス

父:ディープインパクト
母:ドバイマジェスティ

2017年の皐月賞馬アルアインの全弟にあたり、2016年のセレクト1歳セールで2億2000万円で落札されました。

来年のクラシックを見据えて、10月くらいの入厩になりそうとのことです。

 

タニノフランケル
角居厩舎(栗東)、谷水雄三

父:フランケル
母:ウオッカ

500Kgを超える馬体でバランスが良く、吉澤ステーブルでは世代で一番の評価を受けているとのことです。

8/12(土)新潟の芝1800mにデムーロ騎手でデビューしました。

 

リョーケン
矢作厩舎(栗東)、了徳寺健二

父:Galileo
母:Sogno Verde

タタソールズのオークトーバーセールで、約8000万円で落札されました。

現時点では秋デビューを見据えているようですが、矢作師はエース級との高い評価を与えているそうです。

 

ゴールドフラッグ
須貝厩舎(栗東)、小林英一HD

父:ステイゴールド
母:ポイントフラッグ

2012年の有馬記念などG1レース6勝をあげた、ゴールドシップの全弟にあたります。

7/16(日)函館の芝1800mに北村友騎手でデビューしました。

 

牝馬編

次に、牝馬を紹介します。

 

マウレア
手塚厩舎(美浦)、落合幸弘

父:ディープインパクト
母:バイザキャット

2013年の桜花賞馬アユサンの全妹にあたる血統です。

体質が弱い血統だが、大物になる素質を秘めていると手塚師が話されていたそうです。

 

ダイワメモリー
国枝厩舎(美浦)、大城敬三

父:ノヴェリスト
母:ダイワスカーレット

母は2008年の有馬記念などG1レース4勝をあげましたが、産駒からは目立った活躍馬はおりません。

ゲート試験合格済み。新種牡馬ノヴェリストでどう変わるか注目したいと思います。

 

デサフィアンテ
角居厩舎(栗東)、キャロットF

父:キングカメハメハ
母:アヴェンチュラ

2011年の秋華賞馬アヴェンチュラの初仔になります。

近親にトールポピー・フサイチホウオーがいる血統で、クラシックでの活躍が見込める1頭です。

 

カヴェルナ
友道厩舎(栗東)、佐々木主浩

父:キングカメハメハ
母:スペシャルグルーヴ

母系はエアグルーヴ一族にあたります。

成長を見ながら、ゆっくりめに調整をしていくとのことで、デビューは未定です。

 

ソシアルクラブ
池添学厩舎(栗東)、サンデーR

父:キングカメハメハ
母:ブエナビスタ

母は2011年のJCなどG1レース6勝をあげており、コロナシオンに続く2番目の仔になります。

秋のデビューを視野に乗り込んでいくとのことです。

 

プリメラビスタ
池添学厩舎(栗東)、サンデーR

父:オルフェーヴル
母:ビワハイジ

ブエナビスタ、アドマイヤオーラの半妹にあたります。

ソシアルクラブと同様に、秋以降のデビューになりそうとのことです。

 

マルケッサ
池江厩舎(栗東)、サンデーR

父:オルフェーヴル
母:マルペンサ

2016年の菊花賞、有馬記念を制したサトノダイヤモンドの半妹にあたる血統です。

ゲート試験合格済みで、秋以降の始動を目指すとのことです。

 

おすすめ記事ランキング

1
【神戸新聞杯2017】出走予定馬・想定騎手|過去10年のデータ分析

2017/9/24(日)に神戸新聞杯(G2・芝2400m)が阪神競馬場で開催され ...

2
【オールカマー2017】出走予定馬・想定騎手|過去10年のデータ分析

2017/9/24(日)にオールカマー(G2・芝2200m)が中山競馬場で開催さ ...

3
【武豊騎手】社台レースホース|同系クラブの台頭!不振に喘ぐ理由とは!?

社台系のクラブ法人の代表格であった社台レースホース。 1980年に設立後、199 ...

4
【ダンビュライト】次走は神戸新聞杯より始動!鞍上は武豊騎手!

1勝馬ながらも、皐月賞3着、ダービー6着と春のクラシックは健闘したダンビュライト ...

5
【キタサンブラック】次走は天皇賞秋で始動!その後はJCから有馬記念へ

大阪杯、天皇賞春のG1連勝後、宝塚記念では圧倒的な人気で9着に敗れたキタサンブラ ...

公開日:
最終更新日:2017/08/14