【東京新聞杯2018】予想オッズ・追い切り|出走予定馬の状態分析

      2018/01/31

2/4(日)に行われる東京新聞杯2018の予想を中心とした記事になります。

本記事では予想オッズの発表、追い切りを参考とした出走予定馬の状態分析を行います。

 

G1馬3頭を含む重賞勝ち馬8頭がエントリーしており、近年稀をみる好メンバとなりました。

しかし、過去10年で1番人気の勝利がナシとやや難しいレースとも言えるでしょう。

 

逃げ馬が2年連続で勝利しており、展開面にも注意したいところ。

2月となり、月初めに好スタートを切るためにも、キッチリ分析して的中させたいと思います!

 

先週の予想結果

本題に入る前に、先週の予想結果について。

 

シルクロードS(G3)

① 消 ファインニードル (4人気)
② 消 セイウンコウセイ (5人気)
③ 消 フミノムーン (15人気)
---------------
⑤ ◎ ナックビーナス (6人気)

本命のナックビーナスは5着、馬券内の馬を1頭もおさえることができませんでした。

土曜の個人的見解を見ていただいた方、申し訳ありません・・

 

根岸S(G3)

① ▲ ノンコノユメ (6人気)
② ○ サンライズノヴァ (1人気)
③ 消 カフジテイク (2人気)
---------------
⑫ ◎ アキトクレッセント (4人気)

本命は惨敗しましたが、買い目は本命/対抗から4点ずつ馬連を流しておりました。

配当2010円と額はあまり大きくないものの、見事8点で的中しました!

 

▼ 1月予想成績 ▼

勝ち:中山金杯(G3)、京都金杯(G3)、AJCC(G2)、根岸S(G3)
負け:日経新春杯(G2)、東海S(G2)、シルクロードS(G3)

 

これで、1月の予想結果は4勝3敗と何とか勝ち越すことができました。

2月は配当面でもガッツリいけるように、予想していきますので、応援していただけると幸いです!

 

予想オッズ

東京新聞杯2018の予想オッズは以下のとおりです。(netkeiba発表)

 

冒頭で重賞勝利馬が8頭いると言いましたが、上位人気2頭はなんと重賞未勝利馬。

2度の長期休養から復帰後、出走した8戦のうち6戦で上がり最速をマークしたグレーターロンドンが1番人気。

 

続く2番人気に支持される見込みは、東京の2000m以下では安定感のあるダイワギャグニー

そして、年明けのニューイヤーSで2年2か月ぶりの勝利をあげたダノンプラチナがそれに次ぐ人気。

 

差がなくリスグラシュークルーガーが6倍台との想定。

昨年のヴィクトリアMを制したアドマイヤリードまでが10倍以下となっております。

 

追い切り分析

出走予定馬の追い切りを1頭ずつ確認したいと思います。

 

グレーターロンドン

1.25 美南 W 良 (川田)
81.7 66.7 51.7 37.5 12.6 [4] 直強目追う

重賞でも差のない競馬をしており、前走は1倍台に支持されましたが、展開面に恵まれず3着。

今回は川田騎手との初コンビの予定で、差し一辺倒ではない新たな1面を魅せる可能性もありますね。

 

蹄葉炎を患い、6歳ながらここまで11戦しかキャリアがないが、昨秋からは今回で4戦目。

1週前追い切りでは強めで12.6秒、レースで力を出せる状態にはあると思います。

 

ダイワキャグニー

1.25 美南 W 良 (助手)
53.4 38.6 12.3 [7] 一杯に追う

前走の中山金杯は5着、思ったより位置取りが後ろになりました。

これまでの実績が物語っているように、ベストはワンターンの東京1600~2000mかなと考えています。

 

休み明けから4戦目となりますが、1週前は一杯に追っており、疲れもないと判断してます。

出走メンバを見ても、比較的楽に前に付けられそうなので、好勝負必至ではないでしょうか。

 

ダノンプラチナ

1.25 美南 坂 稍 (助手)
60.9 45.5 30.0 14.4 馬なり余力

前走は久々の勝利を飾りましたが、相手に恵まれた感も否めません。

騎乗した蛯名騎手のレース後コメントも「いい頃と比べると6分くらいのデキ」と言われておりました。

 

そして、先約のデンコウアンジュに騎乗するため、今回は田辺騎手への乗り替わり。

脚元が弱い馬であり、1週前の追い切りが軽いので、状態がどうなのか気になるところです。

 

リスグラシュー

1.24 栗 坂 稍 (中谷)
52.2 37.8 25.3 12.9 馬なり余力

前走のエリザベス女王杯は8着で、初めて掲示板を外しました。

まあ、秋華賞がメイチだったことを考えると、さすがに厳しかったのかもしれません。

 

今回は3ヵ月ぶりのレースとなりますが、1月中旬に帰厩後は本数も熟しており、状態は良さそう。

重賞で初めての牡馬混合戦となり、どこまで通用するかは未知な部分があります。

 

クルーガー

1.24 栗 坂 稍 (助手)
51.3 38.0 24.8 12.1 一杯に追う

前走の京都金杯は惜しくも2着で、今回が休み明け4戦目となります。

1週前追い切りでは一杯に追われ12.1秒、疲れも感じさせず、いい状態をキープしていると見ています。

 

前回はトップハンデの57.5Kgでしたが、今回は56Kgで他馬と同斤量に戻ります。

富士Sでも3着と好走しているように、メンバは揃いましたが、G3なら勝ち負けできると思います。

 

アドマイヤリード

1.24 栗 坂 稍 (ルメール)
51.2 38.2 25.7 13.3 一杯に追う

昨秋の府中牝馬S以来、4か月ぶりの実戦となります。

1週前はルメール騎手が跨り、ラストは13.3秒と少しかかりましたが、全体的には悪くない印象。

 

ただし、ルメール騎手が騎乗停止のため、藤岡康騎手が代打で騎乗する予定。

この馬にとっては、休み明けが良いとは思えないので、積極的には買いたくないと考えております。

 

 

以上が人気上位を中心とした、出走予定馬の状態分析でした。

下位人気の馬はお伝えできませんでしたので、その中から穴馬を1頭あげたいと思います。

 

↓↓ 穴馬は ↓↓

[最強]競馬ブログランキングへ

 

1400~1600mで安定した成績を残しており、相手なりに走る点も魅力だと感じています。

1週前追い切りでもいい状態をキープ、すんなり先行できれば、面白い存在になるのではないでしょうか!

 

 

【PR】美浦、栗東へ突撃取材する情報サイト

絶対入手困難な情報を提供!

【 内部告発 】=各陣営思惑から的中に繋がる糸口
メディアに流れない絶対的情報がある。

東京新聞杯も3連単小点数で仕留める!

 

圧倒的な精度で大手口コミサイト、
ランキングサイトで1位を獲得!

メディアに流れない情報が「池江道場」にはある

▼無料予想を受取る▼

※お早目にご登録ください。

 

圧倒的な情報量を用いて3連単的中。
高配当必至の格別な情報を無料で提供!

-------------------

▼過去の主な的中実績▼

2018/1/21 中山07R 4歳上500万
三連単:15-02-11
配当:3,754,000円

2018/1/27 京都10R 木津川特別
三連単:01-09-10
配当:1,426,700円

2018/1/28 京都11R シルクロードS
三連単:01-07-04
配当:2,372,900円

-------------------

その他の的中実績はこちら

今週は【東京新聞杯】の予想を無料公開!
その他勝負レースも無料配信!

 

 

【PR】口コミで話題の競馬予想サイト!

様々な競馬予想サイトがあり、本当に使えるのか?わからない方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる
・無料で安心して長く使える

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】うまコラボ

【URL】https://www.collabo-n.com/lp/cheer/

【おすすめポイント】
コラボ@指数によって、3回に1回三連単的中!
惜しげも無く、1日に12~18レースを完全無料で提供します。

 

【第2位】俺の競馬

【URL】http://ba-ken.net/

【おすすめポイント】
他社には真似できない正解を導き出す!
競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功したサイトです。

 

【第3位】勝ちKEIBA

【URL】http://www.keiba-database.com/

【おすすめポイント】
一級情報検定士が61社の競馬関連機関に在籍。
情報を徹底収集しているからこそ、年間通して的中率75%以上を叩き出す脅威の実績!

 

 - 2018年競馬予想