【京都金杯2018】予想オッズ・追い切り|出走予定馬の状態分析

      2018/01/04

1/6(土)に行われる京都金杯2018予想を中心とした記事になります。

本記事では、予想オッズの発表と追い切りを参考に出走予定馬の状態分析を行います。

 

中山金杯は「明けて4歳馬」というキーワードで、4歳馬を中心に状態分析などを行いました。

京都金杯に関しては、4歳馬もいますが、人気上位を独占する形にはならなさそうですね。

 

よって、本レースのキーワードは前走「マイルCS」「リゲルS」を中心に見ていこうと思います。

各馬の分析から取捨を明確にして、東西金杯ダブルGetといきたいですね~

 

予想オッズ

京都金杯2018の予想オッズは以下のとおりです。(netkeiba発表)

 

サトノアーサー、ファンディーナなどの豪華メンバが揃ったリゲルS。

そのレースを3番手追走からあっさり抜け出して、快勝したレッドアンシェルが3倍で1番人気の予想。

 

ローズSの勝ち馬ラビットラン、古豪ブラックムーンが4倍台で続く人気に。

以下差がなく、マイルCSに出走した2頭のクルーガーウインガニオンが5~6倍台の見込み。

 

ここまでが10倍を切るオッズですが、もう少し混戦模様になりそうな気がします。

 

追い切り分析

出走予定馬の追い切りを1頭ずつ確認したいと思います。

 

レッドアンシェル

12.27 栗 CW 良 (幸)
69.5 52.9 38.4 11.8 [7] 馬なり伸る

2歳時は新馬、もみじSと連勝し、前走のリゲルSで久々の3勝目を飾りました。

前走は好メンバが揃った1戦だったので、非常に価値のある勝利だったことには違いないです。

 

1週前追い切りでは新コンビとなる幸騎手を背に、CWコースで5Fからラスト11.8秒と文句なし。

体質が弱いのか、どうかわかりませんが、これまでは7週以上間隔を空けて使われていました。

 

今回は中4週と初めて間隔が短くなるので、不安をあげるとしたら、その点だけでしょうか。

ただし、追い切りを見る限りは、状態は良さそうなので、有力な1頭には間違いないですね。

 

ブラックムーン

12.28 栗 坂 良 (助手)
55.1 40.0 25.8 12.6 一杯に追う

マイルCS6着→リゲルS5着からの参戦で、今回は武豊騎手との初コンビ予定。

近4走は全て違う騎手が跨っていますし、追込脚質で溜める競馬は武豊騎手とも合いそうですね。

 

しかし、6月から月1レースのペースで出走し、今回が休みなく7戦目というのは気になります。

1週前追い切りは一杯に追って、状態は悪くなさそうですが、上積みは期待するのは厳しいかと。

 

あとは、追い込み一辺倒なので、展開の影響をモロに受けてしまうこともマイナス材料。

京都金杯は過去10年で、追込(1-5-2-41)脚質の実績が良いため、馬券対象にはしますが、軸はないかなという印象です。

 

クルーガー

12.28 栗 坂 良 (助手)
53.2 38.7 25.2 12.1 一杯に追う

2016年のマイラーズCの勝ち馬。

その後は、1年休→マイラーズC→半年休→富士S、中4週で出走したマイルCSは7着に終わりました。

 

明けて6歳になりますが、まだ14戦しか出走していないので、今後の成長も十分に期待できそう。

同い年のブラックムーンが23戦消化していることと比べても、キャリアの短さが伺えます。

 

今回は、浜中騎手が初めて手綱をとる見込みです。

休み明け3戦目、調教を見ても状態は良さそうなので、あとは57.5Kgのトップハンデがどう影響するかだけですね。

 

ウインガニオン

12.27 栗 坂 良 (助手)
51.9 37.6 24.8 12.7 一杯に追う

12/21、12/27と一杯に追われ、休み明け2戦目となる今回は状態は良さそう。

ただし、過去データ分析の記事でも書きましたが、この馬は明らかに「夏馬」なので買いません。

 

全24走のうち、連対した9レースは4~8月までの成績。

10月~1月では0-0-1-11、加えてトップハンデの57.5Kgであれば、バッサリ消しでいいと考えます。

 

アメリカズカップ

12.27 栗 坂 良 (松若)
52.4 37.8 25.0 12.9 一杯に追う

前走のマイルCSでは16着と大敗。

過去1600mは4戦して、1着・9着・10着・16着と勝ち鞍は新馬戦のみ。

 

戦績から見てもマイルよりは、1800mの方が合っているのかなと見ています。

状態は悪くなさそうですが、現時点ではあまり買いたくない1頭だと考えています。

 

キョウヘイ

12.28 栗 坂 良 (助手)
53.6 39.3 25.6 12.7 一杯に追う

シンザン記念の勝ち馬で、前走のリゲルSは4着と健闘。

母父ダンスインザダークという血統ですが、戦績を見る限りではマイルが合っている印象ですね。

 

あと、この馬に関して言えば、重い馬場は歓迎するタイプでしょう。

調教も良さそうなので、中団待機で直線内を突けるスペースがあれば、勝機もありえると思います。

 

前走「マイルCS」「リゲルS」に出走したメンバの状態分析でした。

それでは、個人的に注目したい馬を1頭あげさせていただきます。

 

↓↓ 注目馬は ↓↓

[最強]競馬ブログランキングへ

 

賞金を加算しておきたいので、このレースは目イチ度は高いと踏んでいます。

上位人気には支持されそうですが、スムーズな競馬さえできれば、まず勝ち負けは間違いないと思います!

 

 

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 京都金杯(G3)

<<参加者全員に特別無料公開!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

『一年の計は元旦にあり』ということわざがあるように、競馬界も『一年の計は金杯にあり』と言われている。

新年最初の重賞であることから、関係者のみならず一般ファンからも大きな注目を集めるのが金杯というレースなのだ。

 

金杯を勝つ、金杯の馬券を獲れば、誰しもが『新年早々、縁起がいい』と思うことだろう。

特に、個人馬主のほとんどは本業を持っているだけに、縁起を担ぐ人間というのは少なくない。

 

スポンサーである馬主を喜ばせるのは厩舎経営の基本だが、馬主が絡む裏事情というのはほぼ表に出回ることのない話。

無論、出走する全ての陣営が勝負というわけではないだけに、どの馬が“勝負"なのかを見極めることが、馬券的中に繋がる大きなポイントになる。

 

弊社シンクタンクにはハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二、グリーングラスの安田富男といった、元騎手・元調教師の超大物たちを情報ルートとして擁しており、世間に出回らない関係者の本音や裏話を網羅することが可能。

 

今年の金杯も、毎年恒例の『お年玉情報』として高配当的中が狙える状況が整っており、本来であれば、このレベルの情報を無料で後悔することはないのだが、それは"新年・お正月"ということで特別も特別。

 

今年は京都金杯の『お年玉情報』を参加者全員に特別無料公開させて頂く。

"オトナのお年玉"を入手する年に一度の大チャンス。

是非見逃さないで欲しい。(※お年玉馬券の公開は初めてシンクタンクを利用する方に限らせて頂きます)

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 京都金杯(G3)

<<参加者全員に特別無料公開!>>
万馬券を狙う【お年玉馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

お知らせ

更新情報はTwitterでいち早くお届け!


ご意見・ご要望については、下記リンクよりお願いします。

お問い合わせフォーム


 

【PR】口コミで話題の競馬予想サイト!

様々な競馬予想サイトがあり、本当に使えるのか?わからない方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる
・無料で安心して長く使える

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】投稿!!うまライブ!

【URL】http://www.ataru-keiba.jp/

【おすすめポイント】
配信した情報を会員様が的中、不的中実績を掲載!
だからこそ偽りの情報は存在しません。

 

【第2位】的中総選挙

【URL】http://www.tr-keiba.com/

【おすすめポイント】
専属馬券師のリアルタイム情報が閲覧無料。
一定の条件をクリアできない馬券師は専属契約を解除!選りすぐりの馬券師だけが残るサイトです。

 

【第3位】リンカーン

【URL】http://www.linc-k.com/

【おすすめポイント】
毎週末完全無料の買い目情報を配信!
確かな的中結果を持ち、リピート率・満足度が高いサイトです。

 

 - 2018年競馬予想