【新潟競馬場】特徴・レース・傾向|国内初となる1000m直線コース

      2016/06/09

新潟競馬場は新潟県新潟市にあり、中央競馬のローカル6場の1つとされています。

国内初となる1000m直線コース、日本最大のスケールを誇る外回りコースがあります。

新潟競馬場の特徴(フルゲート頭数など)、開催される重賞レース、傾向について解説したいと思います。

 

niigata-keiba

 

特徴

芝コース

A・Bの2コースがあり、BコースはAコースから4m地点に柵を設置されています。

内回りはほぼ平坦なコース、外回りは向正面から3コーナーにかけて上り、3コーナーから4コーナーにかけて下るレイアウトです。

 

1周距離はAコースの内回りが1623m、外回りが2223mで、Bコースの内回りが1648.1m、外回りが2248.1mとなっております。

また、A・Bコース共通で直線は内回りが358.7m、外回りが658.7mで、高低差は内回りが0.8m、外回りが2.2mです。

 

出走可能頭数(フルゲート)

●直線(1000m)
Aコース:18頭
Bコース:16頭

●内回り
Aコース:一律18頭
Bコース:一律16頭

●外回り
Aコース:1400mは16頭、その他は18頭
Bコース:1400mは14頭、その他は16頭

 

ダートコース

芝内回りと同様でほぼ平坦なコースとなっております。

1周距離は1472.5m、直線は353.9m、高低差は0.6mです。

 

出走可能頭数(フルゲート)

1000mは12頭、1700mは13頭、1200m・1800m・2500mは15頭

 

レース

新潟競馬場で行われる重賞競走は6レースあります。(障害レースを除く)

G1レース

開催なし

 

G2レース

開催なし

 

G3レース

レース名 距離 出走条件
新潟大賞典 芝2000m 4歳以上
アイビスSD 芝1000m 3歳以上
関屋記念 芝1600m 3歳以上
レパードS ダ1800m 3歳
新潟記念 芝2000m 3歳以上
新潟2歳S 芝1600m 2歳

 

傾向

芝コース

外回りコースは直線だけで650mを超えており、欧州の競馬場を彷彿とさせるようなレース展開が見どころです。

レース序盤~中盤はゆったりと流れ、最後の直線で末脚勝負になる事が多いため、力がある馬が勝ちやすいと言えます。

 

直線1000mレースにおいては、外枠有利の傾向にあります。

開催が進むと、内側の芝が徐々に傷み、馬群が外へ外へと殺到するようになるためです。

 

ダートコース

砂質は軽めの部類に入り、高低差のない平坦なコースであることから、逃げ・先行がそのまま残りやすく有利となっています。

 

初心者の方へ向けて

こちらの記事に「競馬の始め方」をまとめておりますので、是非ご確認ください。

 

 

【PR】口コミで話題の競馬予想サイト!

様々な競馬予想サイトがあり、本当に使えるのか?わからない方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる
・無料で安心して長く使える

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】うまコラボ

【URL】https://www.collabo-n.com/

【おすすめポイント】
コラボ@指数によって、3回に1回三連単的中!
惜しげも無く、1日に12~18レースを完全無料で提供します。

 

【第2位】俺の競馬

【URL】http://ba-ken.net/

【おすすめポイント】
他社には真似できない正解を導き出す!
競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功したサイトです。

 

【第3位】勝ちKEIBA

【URL】http://www.keiba-database.com/

【おすすめポイント】
一級情報検定士が61社の競馬関連機関に在籍。
情報を徹底収集しているからこそ、年間通して的中率75%以上を叩き出す脅威の実績!

 

 - 競馬情報