【地方交流重賞】JRA所属馬の選出方法が物議を醸した光と闇

      2017/04/08

2017/3/30(木)の名古屋大賞典(Jpn3)に出走したJRA所属馬が物議を醸しているとのこと。

重賞2勝のアスカノロマンが補欠馬、重賞3勝のインカンテーションは補欠枠にすら選出されませんでした。

 

本記事では、なぜこのようなことが起きたのかを解説し、これによってもたらされたについて述べようと思います。

 

JRA所属馬の選定方法

これまで、交流重賞に出走するJRA所属馬の選定方法は、次の1)3)の合計が多い順に選ばれておりました。

 

1) 通算収得賞金
2) 過去1年の収得賞金
3) 過去2年のG1競走における収得賞金

 

しかし、この方法では、過去に収得賞金を稼いでおけば、ピークが過ぎて成績が落ちても、出走しやすいと言えます。

JRAは勢いのある馬が出走できるように、2015年からはJpn2・Jpn3競走に限って、以下の方法に変更となりました。

 

出走枠3頭目まで
1)+2)+3)の多い順

出走枠4頭目以降
2)+3)の多い順

 

レースによって、出走枠は異なりますが、4頭目以降と補欠馬については、1)が考慮されないことになったのです。

 

物議を醸した名古屋大賞典

それでは、2017年の名古屋大賞典の出走枠/補欠枠はどのようになったのでしょうか。

名古屋大賞典については、JRA所属馬の出走枠は5頭です。

 

出走枠(上位3頭)
オールブラッシュ
クリソライト
ケイティブレイブ

出走枠(下位2頭)
ドリームキラリ
モルトベーネ

補欠枠(順位順)
1) ピオネロ
2) ロンドンタウン
3) アスカノロマン
4) コスモカナディアン
5) マイネルトゥラン

 

上位3頭のうちクリソライトが回避したため、ピオネロまでが出走できることになりました。

これがなぜ物議を醸したかというと、1)~3)の多い順だと4番手はアスカノロマンインカンテーションになるはずなんですよね・・

 

クリソライトが登録してなければ、どちらかが出走できたはずです。

しかし、クリソライトが登録→回避したことにより、本来出走できるはずのないピオネロが出走できることになったのです。

 

もたらされた光と闇

名古屋大賞典に出走できなかったメンバは、3/26(日)のマーチS(G3)に出走することになりました。

 

しかし、当日はドバイ競走高松宮記念が行われており、騎手を確保するにも苦労したはず。

事実、アスカノロマンは主戦の和田騎手が先約があったため、木幡初広騎手に乗り替わりでの出走となりました。

 

また、ハンデ戦であったため、実績上位の馬は重い負担重量を背負わなければなりませんでした。

 

マーチS結果

着順 馬名 性齢 重量 騎手 人気
1 インカンテーション 牡7 57.5 勝浦正樹 10
2 ディアデルレイ 牡6 55 木幡巧也 2
3 アルタイル 牡5 54 田中勝春 11
4 ロンドンタウン 牡4 57 柴山雄一 3
5 アスカノロマン 牡6 58 木幡初広 4
6 リーゼントロック 牡6 55 松岡正海 7
7 メイショウスミトモ 牡6 56 和田竜二 5
8 コクスイセン 牡4 54 横山典弘 9
9 ディアドムス 牡5 54 江田照男 15
10 マイネルクロップ 牡7 56 嘉藤貴行 12
11 ストロングサウザー 牡6 57 北村宏司 13
12 コスモカナディアン 牡4 56 柴田大知 1
13 ショウナンアポロン 牡7 56 丸田恭介 8
14 ハッピースプリント 牡6 56 蛯名正義 14
15 シルクドリーマー 牡8 53 津村明秀 16
16 ピットボス 牡4 55 柴田善臣 6

 

実績上位のロンドンタウン、アスカノロマンはテン乗りと負担重量の影響か、思ったほどの力が出せませんでした。

一方、インカンテーションは約2年ぶりとなる重賞制覇で通算4勝目となりました。

 

交流重賞の選定方法が生んだ光と闇。

今後の交流重賞に出走するメンバについても、注目していきたいと思います。

 

お知らせ

更新情報はTwitterでいち早くお届け!


ご意見・ご要望については、下記リンクよりお願いします。

お問い合わせフォーム


 

【PR】口コミで話題沸騰の競馬予想サイトのご紹介です!

最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね。

「どの情報が本当に使えるのか?」
と言うのはわからないという方も多いはず。

「しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる」
「無料で信頼して長く使える」

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】的中総選挙

【URL】http://www.tr-keiba.com/

【おすすめポイント】
専属馬券師のリアルタイム情報が閲覧無料。
一定の条件をクリアできない馬券師は専属契約を解除!選りすぐりの馬券師だけが残るサイトです。

 

【第2位】リンカーン

【URL】http://www.linc-k.com/

【おすすめポイント】
毎週末完全無料の買い目情報を配信!
確かな的中結果を持ち、リピート率・満足度が高いサイトです。

 

【第3位】ホースBC

【URL】http://umabank.com/

【おすすめポイント】
情報を6つのセクションに分類し、各セクションごとに専門部隊を配置。
それぞれで精査した情報を組み合わせて、究極の情報を提供するサイトです。

 

 - その他