【ゴールドシップ】宝塚記念3連覇に挑んだ問題児!産駒は2019年にデビュー

      2017/08/20

3歳時に皐月賞・菊花賞・有馬記念、4,5歳時に宝塚記念、6歳時に天皇賞春とG1レースを6勝したゴールドシップ。

また、阪神大賞典で同一重賞3連覇という偉業も成し遂げている。

 

一方、同一G1での3連覇を狙った宝塚記念では、ゲートで立ち上がって大きく出遅れ、観客が騒然となった。

また、古馬になってからは全く走る素振りを見せずに惨敗したりと問題児でもあった。

 

そのような一面が愛されてファンが多かったゴールドシップ。競走馬時代の戦績を振り返ろうと思う。

 

戦績・賞金

プロフィール

生年月日 2009/3/6
調教師 須貝尚介 (栗東)
馬主 小林英一HD
生産者 出口牧場
獲得賞金 (中央) 13億9777万円
通算戦績 28戦13勝 [13-3-2-10]

 

戦績詳細

日付 レース名 単勝 着順
15/12/27 有馬記念(G1) 4.1 8
15/11/29 ジャパンC(G1) 4.7 10
15/06/28 宝塚記念(G1) 1.9 15
15/05/03 天皇賞春(G1) 4.6 1
15/03/22 阪神大賞典(G2) 1.6 1
15/01/25 AJCC(G2) 1.3 7
14/12/28 有馬記念(G1) 3.5 3
14/10/05 凱旋門賞(G1) 14
14/08/24 札幌記念(G2) 1.8 2
14/06/29 宝塚記念(G1) 2.7 1
14/05/04 天皇賞春(G1) 4.3 7
14/03/23 阪神大賞典(G2) 1.7 1
13/12/22 有馬記念(G1) 4.4 3
13/11/24 ジャパンC(G1) 3.4 15
13/10/06 京都大賞典(G2) 1.2 5
13/06/23 宝塚記念(G1) 2.9 1
13/04/28 天皇賞春(G1) 1.3 5
13/03/17 阪神大賞典(G2) 1.1 1
12/12/23 有馬記念(G1) 2.7 1
12/10/21 菊花賞(G1) 1.4 1
12/09/23 神戸新聞杯(G2) 2.3 1
12/05/27 東京優駿(G1) 3.1 5
12/04/15 皐月賞(G1) 7.1 1
12/02/12 共同通信杯(G3) 4.1 1
11/12/24 ラジオNIKKEI杯(G3) 5.9 2
11/10/01 札幌2歳S(G3) 4.5 2
11/09/10 コスモス賞(OP) 1.2 1
11/07/09 2歳新馬 7.0 1

 

競走馬時代

皐月賞と菊花賞2冠達成

3歳初戦の共同通信杯は、落馬負傷で長期離脱から復帰した内田博騎手との新コンビで挑み快勝した。

次走はトライアルを使わず、皐月賞に直行するローテーションでクラシック第1弾に挑戦した。

 

道中は最後方での位置取りとなったが、荒れた馬場を嫌がり各騎手が外に持ち出す中、猛然と内へ進路を取り2馬身半差を付けて1着でゴールした。

馬の適正と内田騎手の好判断により、G1タイトル奪取となった。

 

 

クラシック第2弾のダービーは後方から追い込むも届かず、5着に敗れて初めて連対を外すこととなった。

 

秋は神戸新聞杯より始動する。ここではまくりの競馬を見せつけ、1番人気に応えて快勝した。

そして、クラシック最終戦となる菊花賞。

 

皐月賞・ダービーで上位入線した馬が出走していなかったため、断トツの1番人気に支持された。

2周目の3コーナーから徐々に仕掛けて、直線入口で先頭に立つと、そのまま押し切ってクラシック2冠を達成した。

 

 

古馬と初対決となった暮れのグランプリ、有馬記念でも1人気に応えて勝利。

G1レース3つ目のタイトル制覇となったゴールドシップはこの年、満票で最優秀3歳牡馬に選出された。

 

古馬での同一G1連覇

古馬初戦となった阪神大賞典は快勝するも、天皇賞春は直線延びを欠き5着に敗れた。

 

そして、宝塚記念はジェンティルドンナ、フェノーメノと並び、3強対決と目されていた。

レースは普段の後方待機策ではなく、先行策で3馬身半差をつけての圧勝で古馬での初タイトルを飾った。

 

その年の秋は京都大賞典、ジャパンカップ、有馬記念と出走するも、勝利をあげることなく4歳シーズンを終えた。

 

5歳シーズンは去年同様に阪神大賞典に挑んで快勝した。

迎えた天皇賞春はキズナに続く2番人気に支持されるも、スタート出遅れて7着に敗れた。

 

次走の宝塚記念はスタートから押して先行すると、直線は突き放して3馬身差で快勝した。

古馬での2つ目のタイトルとなり、宝塚記念連覇達成の瞬間でもあった。

 

3度目の正直と失敗

5歳シーズンの秋は、海外最高峰のレースである凱旋門賞へ挑戦を試みるも、大敗してしまい勝ち星をあげることはなかった。

そして、6歳シーズンの初戦は3年連続の阪神大賞典となり、見事1着で同一重賞3連覇を飾る。

 

次走の天皇賞春。過去に5着・7着と敗れているだけに、3度目の正直なるかという点に注目が集まった。

レースは残り1200mから進出を開始すると、ゴール前猛追してきたフェイムゲームも退け、6つ目のタイトルを獲得した。

 

そして、1番人気に支持された宝塚記念。

相性のいい阪神コースということで、1.9倍の1人気に支持されたが、スタート直前に立ち上がって出遅れ、見せ場なく15着に敗れた。

 

2年連続制した宝塚記念では、3度目で失敗する結果となってしました。

そして、秋はジャパンカップ・有馬記念と出走したが、10着・8着に敗れ、現役を退くこととなった。

 

現在と子供たちのデビュー

10億円のシンジケートが組まれ、ビッグレッドファームで種牡馬入りをしている。

2016年から種付けを開始し、順調ならば、産駒は2019年にデビューを迎える。

 

個性的な走りとその問題児ぶりから多くのファンに愛されたゴールドシップ。

産駒にもその強烈な個性が受け継がれ、競馬界を盛り上げるような競走馬が誕生して欲しいと願う。

 

お知らせ

更新情報はTwitterでいち早くお届け!


ご意見・ご要望については、下記リンクよりお願いします。

お問い合わせフォーム


 

【PR】口コミで話題沸騰の競馬予想サイトのご紹介です!

最近ですが様々な競馬予想サイトがありますよね。

「どの情報が本当に使えるのか?」
と言うのはわからないという方も多いはず。

「しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる」
「無料で信頼して長く使える」

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式でご紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】的中総選挙

【URL】http://www.tr-keiba.com/

【おすすめポイント】
専属馬券師のリアルタイム情報が閲覧無料。
一定の条件をクリアできない馬券師は専属契約を解除!選りすぐりの馬券師だけが残るサイトです。

 

【第2位】リンカーン

【URL】http://www.linc-k.com/

【おすすめポイント】
毎週末完全無料の買い目情報を配信!
確かな的中結果を持ち、リピート率・満足度が高いサイトです。

 

【第3位】ホースBC

【URL】http://umabank.com/

【おすすめポイント】
情報を6つのセクションに分類し、各セクションごとに専門部隊を配置。
それぞれで精査した情報を組み合わせて、究極の情報を提供するサイトです。

 

 - その他