【ジェンティルドンナ】戦績・賞金|牝馬3冠とジャパンカップを連覇した女傑

      2017/06/09

馬名の由来はイタリア語で「貴婦人」を意味する言葉だが、その名前とは裏腹に男馬との混合戦G1を制するなど、まさしく「女傑」に相応しい戦績であった。

 

1986年のメジロラモーヌ、2003年のスティルインラブ、2010年のアパパネに続く3歳牝馬3冠を達成。

また、史上初となる3歳牝馬でのJC制覇、及び、JC連覇を成し遂げた。

 

更には、海外レースでのG1制覇、引退レースでのG1制覇など、輝かしい成績であったジェンティルドンナの競走馬時代を振り返ろうと思う。

 

戦績・賞金

プロフィール

生年月日 2009/2/20
調教師 石坂正 (栗東)
馬主 サンデーレーシング
生産者 ノーザンファーム
獲得賞金 (中央) 13億2621万円
通算戦績 19戦10勝 [10-4-1-4]

 

通算戦績

日付 レース名 単勝 人気 着順 騎手
14/12/28 有馬記念(G1) 8.7 4 1 戸崎
14/11/30 ジャパンC(G1) 3.6 1 4 ムーア
14/11/02 天皇賞秋(G1) 4.7 2 2 戸崎
14/06/29 宝塚記念(G1) 4.1 3 9 川田
14/03/29 ドバイシーマC(G1) 1 ムーア
14/02/16 京都記念(G2) 1.6 1 6 福永
13/11/24 ジャパンC(G1) 2.1 1 1 ムーア
13/10/27 天皇賞秋(G1) 2.0 1 2 岩田
13/06/23 宝塚記念(G1) 2.4 1 3 岩田
13/03/30 ドバイシーマC(G1) 2 岩田
12/11/25 ジャパンC(G1) 6.6 3 1 岩田
12/10/14 秋華賞(G1) 1.3 1 1 岩田
12/09/16 ローズS(G2) 1.5 1 1 岩田
12/05/20 優駿牝馬(G1) 5.6 3 1 川田
12/04/08 桜花賞(G1) 4.9 2 1 岩田
12/03/03 チューリップ賞(G3) 4.4 2 4 岩田
12/01/08 シンザン記念(G3) 4.0 2 1 ルメール
11/12/10 2歳未勝利 1.6 1 1 メンディザバル
11/11/19 2歳新馬 2.1 1 2 M.デムーロ

 

経歴

牝馬3冠と3歳牝馬による史上初のJC制覇

新馬戦2着→未勝利戦1着から、次走は重賞であるシンザン記念を選択する。

ここでも能力の高さを見せつけ、先団追走から直線で抜け出し、1.1/4馬身差で快勝する。

 

チューリップ賞は4着に敗れるも、桜花賞では前走から手綱をとった岩田騎手が中団につけ、直線脚を伸ばすと1着でゴール板を駆け抜けた。

 

続くオークスは岩田騎手騎乗停止のため、川田騎手に乗り替わった。

距離の不安も心配され、3番人気にとどまったが、その低評価を嘲笑うかのように5馬身差ぶっちぎって圧勝した。

 

秋初戦のローズS、そして、最終戦の秋華賞を制し、史上4頭目の3歳牝馬3冠を達成した。

更には、次走のジャパンカップではオルフェーヴルとの叩き合いも制し、史上初となる3歳牝馬での勝利を飾った。

 

 

JC連覇と海外G1での勝利

2013年、古馬になったジェンティルドンナの初戦は初海外遠征となるドバイシーマクラシックであった。

しかし、先に抜け出したセントニコラスアビーをとらえることができず、2着に敗れる。

 

その後、国内で宝塚記念、天皇賞秋と2戦するも、惜敗が続いた。

そして、昨年勝利したジャパンカップで陣営はR.ムーア騎手に手綱を託すことを決断する。

 

 

思わず実況アナが「遅い!」と言ってしまうほど、前半1000mが62.4秒のスローペース。

そのペースの中、3番手でピッタリと折り合うと、直線で上がり33.9秒の脚を使って、史上初となるJC連覇を達成した。

 

明けて5歳初戦の京都記念は6着に敗れて、初めて掲示板を外した。

 

そして、2戦目は去年と同じ、ドバイシーマクラシックでR.ムーア騎手と再びコンビを組み、見事1着でゴールする。

G1タイトル6つ目が海外G1制覇という新たな勲章を手にした瞬間でもあった。

 

有終の美、引退後

海外遠征帰国後は、宝塚記念に出走したが、9着と惨敗した。

秋は天皇賞秋は2着、3連覇をかけたジャパンカップは4着に敗れ、ラストランとなる有馬記念に臨んだ。

 

有馬記念の枠順は、抽選で指名された出走馬の関係者が希望の枠順を選択する、いわば「ドラフト制」で実施された。

ジェンティルドンナは、1巡目にヤンキース田中将大投手がカードを引き当て、石坂調教師は2枠4番を選択した。

 

前半1000mが63.0秒のスローペースで3番手を進み、残り100mでエピファネイアをとらえると、後続の追撃も抑えて有終の美を飾った。

 

引退後は繁殖牝馬となり、2016年にキングカメハメハの牝馬が誕生している。

G1レース7勝の女傑の血を受け継いだ仔たちの活躍を期待したい。

 

歴代名馬について

こちらの記事に「歴代名馬」をまとめておりますので、是非ご確認ください。

 

 

【PR】口コミで話題の競馬予想サイト!

様々な競馬予想サイトがあり、本当に使えるのか?わからない方も多いはず。

・しっかりと儲かる有益な情報を提供してくれる
・無料で安心して長く使える

上記のようなサイトをお探しの方は、多いのではないでしょうか。

 

おすすめサイトをランキング形式で紹介します!

メールアドレス登録のみで見る事が出来るので、安心してお試しいただけます!

 

【第1位】うまコラボ

【URL】https://www.collabo-n.com/

【おすすめポイント】
コラボ@指数によって、3回に1回三連単的中!
惜しげも無く、1日に12~18レースを完全無料で提供します。

 

【第2位】俺の競馬

【URL】http://ba-ken.net/

【おすすめポイント】
他社には真似できない正解を導き出す!
競馬をギャンブルから安定した投資へ引き上げることに成功したサイトです。

 

【第3位】勝ちKEIBA

【URL】http://www.keiba-database.com/

【おすすめポイント】
一級情報検定士が61社の競馬関連機関に在籍。
情報を徹底収集しているからこそ、年間通して的中率75%以上を叩き出す脅威の実績!

 

 - 競馬情報